ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
2003.06.7

#270 | 実施日 : 2003.06.7 | 最高気温 : 26.0 | 最低気温 : 17.8 | 天候 : 快晴

270定点観測・解説


■2003年6月7日(土)実施:サンダル、うちトングサンダル

なんと今回で270回め(22年と5ヵ月め)を迎えた定点観測。カウントアイテム(=今のマスのトレンド)として取り上げるのは、サンダルだ。

ここ数年、新しいシーズンのファッションは足元から取り入れる、というのが定着。昨年は、春の白スニーカーにはじまり、スカパンのマス化に代表されるようなスポーツ、カジュアル・ミックスが台頭したかと思うと、夏にはブーツ。秋冬になると、ブーツ+もたもた感のあるパンツでメンズライクなニュアンスが色濃くなるなど、春〜夏・秋冬と極端に浸透。夏の定番アイテムであるサンダルは8月の盛夏に「ぺたんこサンダル」を取りあげたものの、決してトレンドアイテムではなかったような印象を受ける。

そんなもったり感〜ゆるゆる感だったトレンドが今春は徐々にシンプル系へとシフト。ベージュや黒、うすいグレー系のトップスに同系色の無地のパンツと、フェミニンに、キレイめに、でもかわいらしく、という「女の子」への流れが大きく働いているといえそうだ。

となると、足元への意識も、スニーカーやブーツというよりアクセサリー感覚に近いサンダルへ。先月取りあげた「キラキラ・サンダル」をはじめ、今春のサンダルのデザインはかなり豊富で、編み上げ(レースアップサンダル)の復活やアンクルストラップ、バブーシュ、ウエッジソール、そしてトングなど、サンダルそのものデザインも多様化。エスニック調のものではビーズや石が施されていたり、リボンや花、メッシュなど、まさに「デザイン・サンダル」といったところか。バッグやアクセサリーのように選べる環境が整ったといえそうだ。

全文を読む
同じカテゴリの記事