ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
2004.02.07

#278 | 実施日 : 2004.02.07 | 最高気温 : 8.7 | 最低気温 : 1.6 | 天候 : 晴のち一時曇り

278定点観測・解説


■2004年2月7日(土)実施:女性女靴うち、ちょこっとヒール

セールがひと段落すると店頭は春一色。とはいえ、実はもっとも寒い時期にあたるため、気分とのギャップが大きい季節でもある。そんな2月のストリートは、今秋冬もののなかで「残りそう」なアイテムと、春夏ものとしてこれから「来そう」なアイテムが混在しつつ、次のトレンドの手がかりが見つかる、そんなターニングポイントでもあるといえそうだ。

約1週間のプレサーベイを経て、今回のカウントアイテムは、今年度を総括するキーワードの代表アイテム、「オンナ靴」「女靴」に決定した。

今年の春夏〜秋冬のストリートのトレンドが、「エレガント」「上品」「女性らしい」といった「オンナ」がキーワードであることはもう何度もここに解説した通りである。この1年の定点観測で取り上げたアイテムを振り返ってみても、シフォン系のスカート、プリーツスカート、「+パンツ」のスカパン、背中出しトップス、柄・レースタイツ(ストッキング類)、メタリック素材のパンプスやノーズの長いポインテッド・トゥ、ヒールのブーツなど、オンナを強調するアイテムが順番に台頭していったという印象が強い。

もちろん、コスチューム系、デザイナー系のアクセサリーやクラフト感溢れるバッグ、帽子など、小物類のオンナアイテムも多数台頭した。どうやら、具体的なアイテムや、デザインの特徴、素材、色がトレンドのポイントということではなく、いろんなデザインやアイテムで「オンナっぽい気分」を味わいたい、というのが、今の気分なのかもしれない。

そんななか、03年2月に「女靴」として、5月には「メタリック・シューズ」、6月には「トング・サンダル」、そして04年1月には「エナメル靴」として取り上げた「オンナっぽい靴」というトレンドが、04年春夏には20代後半〜30代、40代以上にまで広がりそうだということで、現段階での浸透率を記録しておこうというこということになったというわけだ。

「女靴」のポイントは以下の5つ。

1. 色が赤や黄色、青、緑などポップだったり、
2. エナメルやビニール、ラメ入りや光沢のあるレザーなど「艶っぽい」素材だったり、
3. リボンやラインストーン、ボタン、チェーンなどが施されていて「デコラティブ」だったり、
4. 履き口が浅く(指の付け根が見えるなど)「華奢」であったり、
5. ノーズが細長く、ややトンガっていたりヒールがあったりなど「エレガントなシェイプ」であったり

なかでも特にフィーチャーしたいのは、後ろから見た時に、カカト部分がまあるく(グラマラス)なっていて、ヒールが5cm程度と低めで、先端に向かって部分やや逆円錐状になっているもの。素材ミックスにより、裏地にスウィートな色合いの生地を用いられていたりなど、ちょっとしたディテールが女らしさをアピールしているようだ。

つまり、「オンナ」といっても、90年代後半のような「セクシー」というのではなく、「ラブリー」だったり「ファンタジック」「スウィート」「ラグジュアリー」だったり。「ガーリー」なスタイルも「マニッシュ」なスタイルも着こなせるような、いろいろな顔を持つ、「新しいオンナ」である点にも注目したい。

ひょっとすると、「新しいオンナ」とは、「大人のオンナになりきれない」?、「歳を重ねたオリーブ少女」のこと??かどうかはさておき、今春のはじまりは「女靴」からといえそうだ。


■参考になった雑誌:
『GINZA』04年3月号、『Spring』04年3月号、『SUPR』04年3月号、『nonno』04年1月20日/2月5日号

2月に入ってから発売された女性ファッション誌を見ると、カラフルでポップなデザインの靴やバッグが百花繚乱。靴においては上記1〜5の条件を満たすものばかりで、単色でシンプルなパンプス類、ふつうなものがない。店頭もしかり。こんなにトレンドど真ん中に片寄っていていいのだろうか、と不安に感じなくもない。


さて、春の立ち上がりはいかに。ということで、今回の「ワンポイント・クエスチョン」は、「あなたは今春ものを何か買いましたか?」とした。アップは21日の予定。


■その他対象アイテム以外についての考察:

◎ボリューム化していたもの:Pジャケット、pコート、横長バッグ、色柄巻きもの、色タイツ、レイヤード・トップス、デザイントップス、リュックなど


全文を読む
同じカテゴリの記事