ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
2004.03.06

#279 | 実施日 : 2004.03.06 | 最高気温 : 14.1 | 最低気温 : 4.5 | 天候 : 晴時々曇り

279定点観測・解説


■2004年3月6日(土)実施:女性ブルーデニムうち、+ヒール靴

例年よりもひと足早く春の陽気となったかと思いきや、3月に入るや否や寒の戻りでストリートも冬の装いへと逆戻り。ビーズ、スパンコールなどの刺繍やプリントなどによる柄アイテムやポップな色使いなど、部分的に春を先取りしていた人たちも減り、PコートやPジャケット、中綿入りのフード付きジップアップにジーンズなど、トップスもボトムスも超・定番アイテムが圧倒的に多く、残念ながら全体的にぼんやりとした印象を受けた。

そんななか、プレサーベイを繰り返し行った結果、以前ズームアップで取り上げたいくつかのアイテムやスタイリングのなかから、すっかり定着している感のあるものを取り上げた。

まずはカウントアイテム。03年12月に取り上げた「パンツのロールアップ」と04年2月に取り上げた「女靴」がともに幅広い年齢層に浸透。その両方を組み合わせた「ロールアップ+パンプス」というスタイルがギャル〜コンサバ系で急速に支持率が高まっていた。

なかでももっとも多かったのがブルーデニムだ。もともと季節の変わりめや寒暖の差の著しい時期に浮上する超・定番アイテムだが、今春のポイントは、エレガントで女性らしいデニムスタイルであること。その代表アイテムとして、先月取り上げた「女靴(パンプス)」とブーツを加え、ヒールのあるデザインとして括り、「ブルーデニムのロールアップ+ヒール靴」とした。

そのスタイルは大きく分けると2通り。ポイントとなるのは、デニムのシルエットと丈、ロールアップの幅の3点のようだ。
・ ほどよいストレート/自然な色落ちのブルーデニム/裾のロールアップ幅5センチ未満=『Zipper』『spring』『PS』系の子
・ スリムなシルエット・ストレッチ素材・ブーツカット/白や黒のカラーデニム・インディゴ・水色に色落ちしたデニム/裾のロールアップ幅10センチ前後=『ViVi』『JJ』から『SPUR』から、『domani』『VERY』などアダルト層の休日着まで

最新号の雑誌をチェックすると、ジーンズは、リーバイスやリーなどのデニムブランドはもとより、ディーゼル、55DSL、オズモシス、ブルーブルー、アースミュージック&エコロジー、ミス シックスティ等々、ジーンズブランド以外のところからもたくさん出ているものの、3月6日現在のストリートでは、最近購入した「女っぽいヒール靴」に、手持ちのジーンズの裾をロールアップしてアレンジし、今シーズン馴染みのアウターを着るというように、「靴」がコーディネイトの中心になっているようだ。

やはり今春のど真ん中のトレンドは「女靴」。足元に1点加えるだけで、春のトレンド先取り!という印象になる、お便利アイテムとしてこの先さらに増えると予測される。


■ボリューム化していたもの:
・ Gジャン
・ 女の子のキャップ
・ Pジャケット
・ カラフル・エナメルパンプス
・ リュック
・ ヴィヴィッドカラーのアイテム







■今春増えると予測されるアイテムやスタイル:
・ 小花柄のプリント。赤やピンク、黄色、オレンジなどの暖色系の花柄
・ 柄バッグ
・薄軽素材のスカート
・ティアード・ミニスカート
・ボーダー。ボーダーソックス
・ 男の子のランDMCのようなゴールドアクセサリー使い
・ アシンメトリーなバングス
・ トレンチコート、ショート丈トレンチ
・ 男の子のスパッツ
・ グリーンカラー、イエローカラー
・ 下着風シフォントップス、キャミソール
・ 男の子の白靴
・ 男の子のスポーツトップス

全文を読む
同じカテゴリの記事