ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
2004.11.06

#287 | 実施日 : 2004.11.06 | 最高気温 : 21.0 | 最低気温 : 15.8 | 天候 : 曇後晴

287定点観測・解説


■2004年11月6日(土)実施:女性

2000年10月のブーツスタイル
2001年12月のブーツスタイル
2002年10月のブーツスタイル
2003年11月のブーツスタイル
2004年11月のブーツ
暦の上では立冬。しかし、最高気温21度、1日の平均気温は18.1度とまるで9月下旬か10月上旬のような陽気が続いた04年の秋。11月6日(土)の実査日は、街の人々の装いも、アウターなしだったり、半袖のTシャツやニットにカーディガン、コットンのパーカーを羽織るだけなど、予想以上に軽装なスタイルが目立った。

そんななか、先月のズームアップアイテムで取り上げたブーツスタイルがあっという間に幅広い年齢層に浸透しているので、今回のカウントアイテム(=マスのトレンドアイテム)として取り上げることにした。

実は、このブーツ(またはロングブーツ)、00年以降、01年、03年、04年とこの4年間続けて取り上げているアイテムでもある。そのスタイルは、「ギャルの大人化」を背景とした「上質なフツー系」へというエレガント路線のトレンドにはじまり、パンツの下げ履きや裾をもたつかせる「ルーズなストリート系」、「モード系」にいったん倒れて、「マニッシュ系」を経て今秋になり、再び00年当時の「上質なフツー」へと戻ったような印象を受ける。

具体的なスタイリングは、各地点の写真をご覧いただくとして、アイテムをじっくり観察すると、レザーやファー、フラノに代表される起毛素材のジャケットやクラフト感のあるバッグ、コサージュのような大ぶりのアクセアリーなど、実は00年秋冬に台頭していたものが04年秋冬に再びトレンドとして雑誌や店頭を賑わせているようだ。


※2004年秋冬のブーツをファッショントライブ別に分析すると以下の通りとなる。

◎定番美脚ブーツ:もっとも多かったのがこれ。ストリート系のティーンズから20代、30代と幅広い年齢層に支持されており、+ヒザ丈スカートで長方形シルエットにするのがポイント。

◎ くしゅくしゅと履き口を弛ませたルーズソックス風のブーツ:次に多かったのがこのブーツ。色は明るい黄色系の茶。スエード素材がほとんど。着用するのはギャル〜コンサバ系のOLのオフ服。

◎ 筒部分を折り返してハーフ丈またはショート丈にしたブーツ:『Zipper』系ティーンズには+ショートパンツ、カジュアルミックスの『In Red』系には+70年代風ヒザ下丈のスカートと合わせるクラシカルなスタイルが人気。

◎ ムートンのブーツ:ギャル、ティーンズだけでなく、OVER30sの80年代初頭風スポーツカジュアル・スタイルな着こなしも目立った。色も定番のベージュ以外に薄いピンクやブルー、黄緑などカラフルになっていた。

◎ ウエスタンブーツ:先月までは+クラシックな柄ワンピースとのレトロスタイルがアパレル系、ギョーカイ系に人気だったが、11月現在は、美脚デニムをインにしたり、裾をロールアップしてブーツの上にオンしたりという「レッグコンシャス」なスタイルがコンサバ系〜OVER30s目に立った。

◎ カラフルブーツ:少し前までは、ブルーやグリーン、赤など、80年代風クラシックなスタイルが『Zipper』系を中心に支持されていたが、11月に入り、激減。カラフルなブーツはムートンへと移行していた。







■「定点観測」アンケート■

突然ですがアンケートです。

貴方は、04年秋冬、どのようなデザインのブーツをどのようなスタイルで履くことが多いですか?
それはいつ購入したものですか?
昨年のスタイルとの違いはありますか?
今、という時代の気分を一言でいうと?

年齢、性別、職業を問わず、読者のみなさまからのご意見を募集します。
以下までお寄せください。
info@web-across.com

抽選で30名様に、パルコミュージアムの御招待券を差し上げます。住所、氏名、年齢、職業などををお書き添えください。
また、もしよろしかったらブーツを着用した全身写真もお送りください。

全文を読む
同じカテゴリの記事