ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
2005.08.06

#296 | 実施日 : 2005.08.06 | 最高気温 : 34.9 | 最低気温 : 27.2 | 天候 : 晴

296定点観測・解説


■2005年8月6日(土)実施

03年6月のハーフパンツ
足元がカジュアル
05年8月のハーフパンツ
小物使いでぐっと女らしさUP
05年8月はコンサバOL
にも浸透
渋谷・公園通りのアップルストアのオープン日と重なった今回の定点観測。取り上げた今のど真ん中のファッション・トレンド・アイテムは、「半端丈パンツとハーフ丈パンツ」だ。

直近では、03年6月にハーフパンツとしてズームアップアイテムで取り上げたが、当時の足元はくしゅくしゅソックスの何回目かのリバイバルとビルケンサンダル、スニーカーなど、スポーティで元気なウラ原宿系の女の子、『mini』のような着こなしだったのは記憶に新しい(右写真・いちばん上)。

その後、「大人」や「きちんと」「上品に」といった時代のキーワードを背景に、「女靴」がすっかり主流になり、ギャルを筆頭に「ジュエルサンダル」が急浮上したのは記憶に新しいだろう。

合わせるボトムスは、+スカートで全身「フェミニン・モテ系またはセクシー・ゴージャス系」にするか、+マニッシュな太めのシルエットのパンツで甘さを抑えた「ボーイズスタイル」にするかの大きく2つの方向へと分散していった。

分散・拡散化が進むと、再び集約化へとシフトする。04年になると、ギャルアイテムとマニッシュなアイテムをミックスした「ギャルっぽいマニッシュ・スタイル」や、フェミニンなアイテムとカーゴパンツをミックスした「セミ・スイート・スタイル」など、異なるテイストをミックスする「ミックス・スタイル」が次々と登場。その両方のスタイルに共通するアイテムとして増加しているのが、今回のカウントアイテム、ハーフ丈パンツである。

街頭観察・撮影調査の結果は、若者にいちばん多かったのは、ウォッシュドのデニムのカットオフ。ギャル系もストリート系も若者は古着屋で購入する子が多かった。20代後半には、カーキ系のものが人気。ともに足元はサンダルや女靴のシンプルなコーディネートが目立った。コンサバ系には白や薄いベージュで、裾をロールアップしたタイプが人気だった。


また、今回、渋谷地点と新宿地点で男性の通行人数が女性を上回っていた点も注目しておきたい。

全文を読む
同じカテゴリの記事