ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
2002.12.14

#264 | 実施日 : 2002.12.14 | 最高気温 : 8.3 | 最低気温 : 1.8 | 天候 : 快晴

264定点観測 ZoomUp Item-2解説


通行量中に占める割合を調査するほどにまでマス化していないが、確かに今月のトレンドアイテム、ということで取り上げるのが「ズームアップアイテム」。

今月の2つめのアイテムは「パンタクール」だ。パンタクールとは、仏語でパンツ×クール(短い)という意味だそうで、ようは裾をカットオフした中途半端な丈のパンツのことをさす。

パンタクールの丈は厳密には膝下だが、今秋冬は、寒さが厳しくなっているのにも関わらず、膝上の短いキュロットに近いものを履いている人も目立つので、ここでは、「丈の短いパンツ」という定義でまとめて取り上げた。

裾をカットオフしたパンツは、日本のストリートファッションにおいては、70年代後半に太めのパンツ=パンタロンが進化した形でトラッドベースのものが浮上したのがはじまり。

その後、80年代後半にニット素材の長めのキュロットパンツとして台頭した後、93〜94年の「グランジファッション」が台頭した頃に再浮上。さらに96〜97年には「中途半端丈パンツ」や「サブリナパンツ」、99年には「クロップトパンツ」など、そのシルエットの差異により、さまざま呼称で取り上げてきたアイテムである。

近い過去では、90年代のそれが春夏系のボトムスであったのに対し、今年はツィードや厚手のウールなどしっかりとした秋冬ものが主流。さすがに乗馬系のシルエットのものはリバイバルしていないものの、「+ブーツ」を魅せる大人の女系のスタイルが人気のようだ。

また、30代や40代など、本当の大人の女性たちが「ストリートのトレンドにイン」している今年の現象を裏付けるアイテムでもある。

全文を読む
同じカテゴリの記事