ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
永江朗
永江朗
フリーライター

1958年5月9日生まれ。血液型AB型。北海道旭川市出身。法政大学文学部哲学科卒業後、西武百貨店系洋書店「ア−ル・ヴィヴァン」を運営するニューアート西武)に入社。約7年間勤務した後、『宝島』、『別冊宝島』などの編集、ライターを経て、93年よりライター業に専念する。「哲学からアダルトビデオまで」を標榜し、一般誌から出版・メディア業界など幅広い媒体にて取材・執筆を行なっている。
著書に『批評の事情 不良のための論壇案内』(原書房)、『ベストセラーだけが本である』(筑摩書房)、『インタビュー術!』(講談社現代新書)、『アダルト系』、『不良のための読書術』(ちくま文庫)、『消える本、残る本』(編書房)、『平らな時代 おたくな日本のスーパーフラット』(原書房)などがある。現在、『週刊朝日』、『アサヒ芸能』、『Esquire』、『meets regional』、『Obra』、『invitation』、『エコノミスト』、『本の雑誌』、『婦人画報』、『文化通信』、『書店経営』、『本とコンピュータ』、そして、『SMスナイパー』、『クリーム』など、十数誌に連載中。また、04年は、『作家になるには』(ぺりかん社)をはじめ、『非常識のすすめ』(ダイヤモンド社)、『読書の解体』(ポプラ社)、『家元とパトロン』(講談社)などを上梓予定。03年8月、世田谷区にアトリエ・ワン設計による自宅が完成したばかり。

永江朗の記事