ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ヤマダ電機 LABI(ラビ)渋谷
レポート
2008.09.26
この記事のカテゴリー |   | 

ヤマダ電機 LABI(ラビ)渋谷

AM 9:45
109前。開店を待つ多くの人々。
AM 9:50
40代〜60代の男女が目立つ。
AM 9:53
歩道を埋める行列のせいで、車道を
歩く人の姿も。
AM 9:55
行列の最後尾はタリーズコーヒーの前までに
及んだ。その長さ約200M。
<オープン当日>2008年9月26日(金)@渋谷・文化村通り 09:40 
天候:曇り 最高気温:31℃/最低気温:23℃

渋谷駅ハチ公口から徒歩5分の場所に、家電量販大手のヤマダ電機株式会社の都市型大型店舗「LABI(ラビ) 渋谷」がオープンした。地上7階、地下1階の売り場は総面積5565平方メートル。取り扱いアイテムは電化製品のほか、ブランド品やCD・DVDなど、総数は約50万点にのぼる。

08年9月26日(金)10時〜行われたオープンニングレセプションには、イメージキャラクターを務める俳優の高嶋政伸氏や渋谷区長の桑原敏武氏が出席。桑原区長は「秋葉原に買い物に行く外国人の方達を、一気に渋谷に誘致して地域の活性化に繋がるといい」と語った。また、同店入り口中央に設置された、ソフトバンク株式会社の人気CMキャラクターである「お父さん犬」像を「第2のハチ公像として、新しい皆さんの待ち合わせ場所となれば」と、地域活性化への期待の強さを伺わせた。

オープン直前、長蛇の列はBunkamura前のタリーズコーヒーにまで及んだ。関係者からは「入場制限になり、入店まで何時間かかるか不明」との声も聞かれたが、オープン後30分であっという間に全員が入店!
一度に大量に購入する
人も目立った。
DVDレコーダーなどの
大型電化も目玉の一つ。
今後、この紙袋が渋谷で数多く
見られる事になる。
出勤前のサラリーマン
の姿も見られた。
数人で手分けして、目的の
商品を購入する賢い人も。
ヤマダ電機 LABI(ラビ)渋谷

B1F:デジタルカメラ・デジタルビデオカメラ
1F:携帯電話・デジタルオーディオ
2F:テレビ・デジタルレコーダー
3F:パソコン・パソコンサプライ・企業/法人窓口
4F:冷蔵庫・洗濯機・エアコン
5F:健康家電・ブランド品・調理家電
6F:CD・DVDソフト・ゲーム・おもちゃ


住所:東京都渋谷区道玄坂2-29-20
TEL:03-5456-6300
営業時間:10時〜22時

[取材・文/『ACROSS』編集部]


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事