ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
Abercrombie&Fich(アバクロンビー&フィッチ) 銀座店オープン
レポート
2009.12.16
この記事のカテゴリー |  ファッション |    | 

Abercrombie&Fich(アバクロンビー&フィッチ) 銀座店オープン

銀座店 外観
地上11階建て、総面積970平方メートル
「Abercrombie&Fich(アバクロンビー&フィッチ)」

<オープン当日 AM 11:00>2009年12月15日(火)
@銀座・中央通り
天気:曇り  最高/最低気温:9度/6度 


昨年の9月にH&M(過去掲載記事/08年9月「H&M 銀座店」)がオープンして以来、ZARA(ザラ)が2店舗めを出店したり、ユニクロが増床するなど、広義のファスト・ファッションブランドの出店ラッシュに沸く銀座・中央通りに、12月15日、アメリカから
「Abercrombie&Fich(アバクロンビー&フィッチ)」が上陸。ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、ミラノに続き、アジア初の旗艦店となる。

同ブランドは従来のファストファッションとは異なり、最先端のトレンドをいち早く取り入れるのではなく、通年着用できるコットンを中心とした日常着にヴィンテージ感を演出したアメカジ(アメリカンカジュアル)で、若干高価格帯なのが特徴。デイヴィット・ベッカムやブリトニー・スピアーズなどの海外のセレブが愛用していることから、国内でも30代後半〜40代を中心にファンの多いSPAブランドだ。

同ブランドは、本国同様プレス発表を一切しないということで、独自による取材を行った。
AM 10:20

客と報道陣やメディア関係者で
ごった返したエントランス前。
AM 10:30

行列は新橋方面へと続き、最後尾が
見えないほど。
AM 10:40

長時間にも及ぶことから、なかには
座り込んで食事する若者の姿も。
AM 10:50

メディアの取材を受ける大学生。
前日の午後3時から並んだという
だけあり嬉しそう。
<彼のインタビューはこちら>
AM 11:03

待望のオープン!!
扉が開かれると同時に店内からは
スタッフの歓声が上がった。
AM 11:05

続々と入店する客たち。
店舗の広さから一度に入店
出来るのは20〜30人ほど。
現場は一時、混乱をきたし警察が交通整備を
することに。
アメカジスタイルの人が殆どで、ダウン
ジャケットの着用率が非常に高かった。
目をひいたのは、すでにテレビなどで報道されているように、「ストア・モデル」と呼ばれる上半身裸のメンズモデルの存在だ。彼らとのツーショットのサービスを目当てに(?)、銀座店ではオープン時で約800人、オープン後1時間で1,000人にまで及ぶ大行列となった。

その行列を観察すると、先着500人に配布されたポスターを手にした前半の人々は、20代〜40代までと年齢が幅広いが、ダウンジャケットやデニム、ネルシャツなどいわゆるアメカジファッションの人が多く、おそらく元々「アバクロ好き」な人たちでは、という印象を受けた。

しかし、行列の後半は、モテ系ファッションの女性や、「アバクロ好き」というよりは、「テレビで知って取りあえず来てみた」というファッションへの関心が薄そうな装いの人が多かった。

<インタビュー:1>
旗艦店ができて嬉しいです。
今夜は徹夜で並びます。
(20歳/大学生)
<インタビュー:2>
インターネットでチェックして
友だち同士で来ました。
(40代/主婦)
低価格なファストファッションが席巻するアパレル市場において、若干高価格帯の同ブランド。どんな人たちば何を買うのだろうか、または買わないのだろうかと何人かにインタビューを実施した。

前日の午後3時から並んだという大学生(20歳)<interview:1>は、「予算は10万円。今年の夏に旗艦店がオープンすることを知り、頑張ってバイトで貯めました。明日のオープンで使い切りたいと思います」と予想を超えて高額な予算を設定していた。

また、オープン1時間前から並び始めた30歳と27歳の夫婦は、「予算は5万円。子ども服があるといいなと思って、仕事がたまたま休みだったので来ました」と、こちらも購買意欲を感じる答えが返ってきた。

しかし、そういった意見とは正反対に、店から出てきた<interview:2>主婦(40代)からは「アメリカ旅行の際に買うよりも2〜3倍もする値段で売っていて、高くて買う気がしなかった」との回答も。やはり価格に敏感な主婦からは慎重な意見が伺えた。

では、実際の価格だが、本国アメリカでの販売価格は、およそTシャツ類で3,000円代、ボトムスは1万円前後という設定だが、同店の購入客に聞いたところTシャツは5〜6,000円台、ニット類は1万5,000円前後、ネルシャツは1万円前後と、若干割高な値段設定になっていることが分かった。

三越銀座店がある銀座4丁目から松屋がある銀座1丁目付近までは百貨店やラグジュアリーブランドの店舗が多く建ち並ぶ高級エリアといわれ、銀座4丁目の交差点を境に新橋方面はファスト・ファッションブランドが多く立ち並ぶエリアとして棲み分けがあるなかで、活性化されているのは後者のエリアだろう。

セレブブームだった2000年代半ば頃までは多くの人で賑わっていた並木通りも、現在では通行人もまばらとなり、買い物客が銀座通りに集中しているのが実態だ。また、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)が出店する予定だった数寄屋橋交差点近くの晴海通り沿いには2011年2月にGAPが旗艦店を出す予定もあるなど、オモテ通りばかりが活況化する銀座の街の動きにも注目したい。




[取材・文/『ACROSS』編集部]
<オープン当日>2009年12月15日(火) @銀座・中央通り
天気:曇り  最高/最低気温:9度/6度 

来店者数:約1,000人(オープン時)
平均待ち時間:2時間


Abercrombie&Fich(アバクロンビー&フィッチ) 銀座

1階:エントランス
2階:デニム
3階〜6階:メンズ
7階:メンズ・レディース
8階〜11階:レディース

住所:東京都中央区銀座6-9-10



同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事