ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
AVANTGARDE(アバンギャルド)
レポート
2012.02.09
この記事のカテゴリー |  ファッション | 

AVANTGARDE(アバンギャルド)

ミニ丈ボトムスの人気に伴い、ファッション化が進むレッグウェア。
これまでになかったデザインのタイツ・レギンスを展開するショップ

一般的にレッグウェアはパッケージにいれたままディスプレイするのが主流だが、同店ではすべての商品をハンガーにかけてディスプレイ。
カラータイツも豊富な品揃え。
大ヒット中のタトゥストッキング。
各¥3,465(税込)
ボーダーのタイツに柄ソックスのレイヤードがキュート! コーディネートをイメージしやすいよう、ショップスタッフが着こなしを提案している。

 タトゥー柄のストッキングやポップなプリント柄のタイツなど、ひと際目を引くレッグウェア「MAM AVANTGARDE(エムエーエムアバンギャルド)、以下MAM」。同ブランドの直営店「AVANTGARDE(アバンギャルド)」が2011108日に、東京・原宿の原宿通り沿いにオープンし人気を呼んでいる。ここ最近、定点観測でも、同ブランドのレッグウェアを着用する女の子が増えていることから、早速取材を行った。

 

 オーナー兼デザイナーを務めるのは、渡辺一祐さん(40歳)。東京出身の渡辺さんは、中学卒業後に単身で札幌へ。さまざまな職を経て、1996年、25歳のときに古着店「chop(チョップ)」を友人と共同で設立。折からの古着ブームに乗って店舗を拡大するも、34歳のときに方向転換。アメリカのストッキングメーカーから声がかかり、レッグウェアの輸入・卸売をスタートした。

 

 卸先の大半が関東圏にあったことから、2009年に東京に拠点を移し、2009-10年秋冬シーズンからレッグウェアのオリジナルブランド「MAM」をスタートした。

 

 「日本ではレッグウェアは長らく下着業界の範疇にあったため、デザイン面は未開拓でした。女性のファッションアイテムは選択肢がたくさんあるのに、なぜかタイツやストッキングはベージュと黒しかなかった。そこで、アパレルと同レベルのトレンド感のあるレッグウェアを作ろうと思ったんです。普通のものではなく、履くだけでその日一日が楽しくなるようなおもしろくて刺激的なものです」(渡辺一祐さん)

 

 オリジナルのストッキングやタイツ、レギンス、ニーハイソックスは、チェックや水玉、幾何学模様、ヒョウ柄、ボーダー、しずく柄など多彩。ディズニーとのコラボストッキングもあり、異業種とのコラボレーションアイテムは今後も月単位で発売していく。売れ筋は、ヌードのストッキングにワンポイントのプリントがあるタトゥー柄だ。

ストリートファッション,ストリートスナップ,ファッションスナップ,across,アクロス,ファッション,パルコ,PARCO,レッグウェア,レッグ,タイツ,レギンス,トレンカ,AVANGARDE,アバンギャルド,原宿
オーナーの渡邉博一さん(40)。
「レッグウェア業界はまだまだ未開拓。コラボ商品なども積極的に展開し、まだ世の中にない商品を作っていきたい」
2011年12月に実施した定点観測でも
MAMアバンギャルドのタトゥストッキングを履いている女の子を発見。
インタビューはこちらからご覧下さい。
様々な要素がミックスされた店内のディスプレイも楽しい。
チェックやドット、しずく柄、幾何学模様まで、幅広い品揃え。
ハンドメイドで作られるLANIE(ラニー)のアクセサリー。
コンセプトは「Head to toe」。レッグウェアをメインに、頭から足先までのアイテムを取り扱っている。
壁には女王蜂、AKB48、きゃりーぱみゅぱみゅのサインが。

 直営店の出店は、“海外で認知されているファッションの街”原宿〜渋谷エリアで探した。渡辺さんが実際に街を歩いてリサーチしたそうだが、最終的な決め手は「直感」(!)ドアを開けた時に、内装などのイメージが自然と見えたという。

 

 約22坪の店内は、店名のとおりアバンギャルドな空間を心がけたという。白馬に乗ったモードなマネキンが飾られていたり、ペイントアーティストのchocomoo(チョコムー)さんのイラストが白い壁いっぱいに描かれていたり、さらにカウンター部分はアンティーク調の布で覆われたりと、店内をぐるりと一周するとさまざまなテイストに触れられる点がおもしろい。

 

 オリジナルと輸入品の比率は55。インポートではアメリカの「Music Legs(ミュージックレッグス)」、イギリスの「PAMELA MANN(パメラマン)」などを扱う。レッグウェアの価格帯は1,9003,500円。

 

 また、レッグウェアは通常、袋に入って折りたたまれた状態で販売されているが、同店ではすべての商品サンプルがハンガーに掛けられているので、手に取ったり、着用したときの柄や色を確認することが可能だ。さらに試着をした上で買うことができるのも大きな特徴である。

 

 テーマは「HEAD to TOE(頭からつま先まで)」。北欧の毛糸などで制作されたアクセサリー「mormor(モルモル)」など、若手作家の作品を委託販売しているのも特徴だ。リメイク洋服やアクセサリー、ヘッドアクセサリー、靴などがそろう。

 

 ターゲットは30代以上の女性。ファッション志向の変化を何回も繰り返し、自分のスタイルを確立した大人の女性から支持されたいと考えているそうだ。実際の来客層は「25歳前後のファッションを楽しんでいる女性」(渡辺さん)が多く、外国人客も全体の2割を占める。芸能人や読者モデルのファンも多く、入り口へと続く階段の壁面には、きゃりーぱみゅぱみゅなどのサインが書かれている。

 

 「原宿という街は、人の多さもショップもすべてが特殊。非日常でいい意味で“狂っている”。MAMのレッグウェアを地元で履くと町の人たちが振り返る、とおっしゃるお客様も少なくありませんが、それは嬉しいご意見ですね。海外の人から見ても原宿はすごい!と思ってもらいたいですし、実際に、商品やショップに興味を示して頂けるのがうれしいです」(渡辺さん)

 

 2005年以降、ずっと流行っているミニ丈ボトムスの浸透に伴い、カラータイツやレギンス、トレンカなどのレッグウェアを着用する女性が増加。だが、大手レッグウェアメーカー×女性モデルのコラボレーション・プロデュース商品は増えていても、フェミニンさや定番カラーから逸脱することはなく、大胆さや奇抜さを求める人のニーズは満たされていなかったと言えるだろう。そこに風穴を開けた同店のオリジナルアイテムが支持されるのも当然といえそうだ。

 

 現在、コスプレ感覚で複数の小物を「ちょい足し」する、ファッションに敏感なアラウンド90年うまれの若者たちに支持されている同店だが、今後、こういった「アバンギャルド」なデザインのタイツがさらに幅広い世代、ファッショントライブへと拡大していくと思われる。

 

 同店では今後も、タカラトミーの「リカちゃん」、ファッションブランド「X-girl(エックスガール)」などとのコラボレーションを企画しているそうだ。

 

取材・文 緒方麻希子(フリーライター)



同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事