ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
次世代セレクトショップ「ぴゃるこ」始動。
レポート
2012.08.03
この記事のカテゴリー |  ファッション |   カルチャー | 

次世代セレクトショップ「ぴゃるこ」始動。

2012年、ファッションとカルチャーがリンケージする!?

今年の1月にゼロ号をリリースし、以後月1回を目標にスタートしたダウンロード版アクロスの“the across”でも紹介した、山口壮大さんによる次世代型セレクトショップ「ぴゃるこ」を紹介します。

次世代型セレクトショップ「ぴゃるこ」始動。

KEISUKE KANDA(ケイスケカンダ)Ohta(おーた)POTTO(ポト)など、次世代を担うデザイナーのブランドを早くから取り扱ってきたセレクトショップ「ミキリハッシン」のオーナー山口荘大さんが、次世代型セレクトショップ「ぴゃるこ」をオープンした。場所は渋谷パルコ パート1の4階。

組み合せ方で色が変化する発行ブロック「メディアブロックチェア」や、自由に書き込んだ線に反応して映像が変化する「リアルスケッチピストン」などのインタラクティブな内装は、ウルトラテクノロジスト集団・チームラボが担当。

ANREALAGE(アンリアレイジ)FACETASM(ファセッタズム)など、気鋭の国内ブランドがセレクトされた店内を、テーマパークのように楽しく彩っている。
「つまり、パルコという商業空間の中で、売る行為を第一の目的としないショップを作りたかった」(山口さん)。

「各ブランドが提案するイメージを超えて、ジャンルを超えて、ファッションに興味がない人をも巻き込んでいく。そんなファッションの実験の場でありたいと思っています」(山口さん)。



ぴゃるこ,渋谷,パルコ,ミキリハッシン,山口荘大,written afterwards,山縣良和,keisuke kanda,FACTASM,ANREALAGE,MIG,田口まき,MIKIO SAKABE,次世代,デザイナー,ファッション,ドリフターズインターナショナル,シアタープロダクツ
稼ぎ時の週末に、ショップをクローズしてファッションのプライベートスクール「ここのがっこう」の教室になる、というびっくりスペース。同スクールの校長先生はリトゥンアフターワーズの山縣良和さん。MIKIOSAKABEの坂部三樹夫さんも教鞭に立つ、贅沢な私塾だ。
 週末は名前を「ぱりゅこ」に変え、フリースペースに。土曜日は「writtenafterward(リトゥンアフターワーズ)」のデザイナーの山縣良和さんが主宰するファッションのプライベートスクール「ここのがっこう」の教室になり、また、毎月1回は「MIG(ミグ)」田口まきさんらが中心になり“新世代が「今」を交換し、「未来」を考える研究所”を目指したGENERATION LAB.(ジェネレーション・ラボ)が主宰するトークイベントなどを開催していく。さらに、8月、9月とSFCの研究会やNPOドリフターズインターナショナルなど、いろんな“作用”を企画中。2012年は、ファッションと東京のカルチャーがリンケージする?!


ぴゃるこ 渋谷パルコ PART1 4F
※取り扱いブランド:keisuke kanda / FACETASM / ANREALAGE / is-ness / NiR / eimnou / spoken words project / PARADIGM SHIFT / sasaki katsura / torikonia
TEL:03-3477-5828
http://pyarco.asia


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事