ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ANDERCURRENT(アンダーカレント)
レポート
2012.11.16
この記事のカテゴリー |  ファッション |   その他 |   インテリア・雑貨 | 

ANDERCURRENT(アンダーカレント)

「STOF」デザイナーが放つ、東京のJAM感を体現する
渋谷のセレクトショップ&オルタナティブスペース

「自分が欲しいものしか置きたくない」(谷田さん)という極私的なセレクトが同店ならではのおもしろさに。ときには古着も扱うそう。
“日常生活にユーモアとポエジーを”がテーマのコンセプチュアル・ハンドメイド・ソープ・ブランド「POEM&SOAP(ポエム&ソープ)」。思わず手に取りたくなるヒップなパッケージが特徴。
「銀河通信社」の育成結晶セットは、その名の通り自分だけの結晶を育成することができるキット。こちらは完成品だが、どんな結晶ができるかは作ってからのお楽しみ。
2TONEカラ—で展開していた「STOF」の靴をカラフルな“さをり織”で仕立てた限定商品。ここでしか手に入らないアイテムが並ぶのも同店の魅力。
粉引き中心に作陶している陶芸家、川口武亮さんの有田焼の器は、和洋折衷な独特の存在感。
今季のボディに過去シーズンのプリントをプリントした、同店限定のカットソー。
渋谷駅の南に位置し、オフィスビルやマンション、飲食店の中に、アパレル系のショップやアトリエが点在する桜丘町。10年には学校法人文化学園が運営する「文化ファッションインキュベーション」(若手デザイナーの創業支援施設)も完成し、ファッション業界人も多く集まるエリアでもある。そんな桜丘の雑居ビルに、ショップ/オルタナティブスペース「ANDERCURRENT(アンダーカレント)」がある。オープンしたのは今年6月。

場所は、雑居ビルの3階。同じビルには、「Nidi gallery(ニーディギャラリー)」のほか、ファッション、内装、フォトグラファーなどクリエイター系の事務所などが入居し、どこか自由でオルタナティブな雰囲気が漂う。オーナーを務めるのは、「STOF(ストフ)」「bedsidedrama(ベッドサイドドラマ)」などのディレクション/デザインを手がける谷田浩さん(34歳)

谷田さんは名古屋モード学園を卒業後、アパレル企業数社で、販売・MDを経験。02年には有限会社メタルバーガー(METALBURGER)の設立に携わり、「DIET BUTCHER SLIM SKIN(ダイエットブッチャースリムスキン)」の企画営業を担当。04年、26歳で独立し「STOF」を立ち上げた後、「seesaw(シーソー)」、「bedsidedrama」、「STORAMA(ストラマ)」など複数のファッションレーベルを立ち上げた。さらに、06年にはリトルプレスレーベル 「POETRY BOOKS(ポエトリーブックス)」、08年にはプロダクトレーベル 「THOUSAND LEAVES(サウザンド リーヴス)」を設立、自身も文筆活動を行うなど、ファッションに留まらない複数のジャンルで活動を行っている。

「ANDERCURRENT」の前身といえるのが、09年に立ち上げ2年間の期間限定でオープンしていた、吉祥寺のセレクトショップ 「四月(しがつ)」(2011年6月閉店)。谷田さんが商品セレクトと内装も手掛けていた。「コンセプトは(四月馬鹿、にちなんで)”嘘”。現実か嘘(夢)かが分からないようなお店を作りたかった」と谷田さんが話すように、ウイット富んだ個性的なセレクトで多くのファンを集めた。

「2年だけやろうと思って始めた『四月』が、予想以上にモノ好きな人に反応が良くって。だから閉店後も、何かの形で残したいと考えていました。ちょうど中目黒にあったアトリエが手狭になったこともあり、スペースを探していたところ、今年この物件が見つかり、アトリエの移転と、出店を決めました。この物件はいい感じに古くて値段も手頃、自由に改装できるところが気に入り、ショップ、ショールーム、アトリエ兼シェアオフィスの3部屋を借りています」(谷田さん)。

渋谷・桜丘周辺は取引先が点在していたり、周辺に来るバイヤーや関係者も多いため、仕事上の都合も良かったという。

「『ANDERCURRENT』では、何屋と定義できないような、いろいろなものを販売します。自分も全身を一つのブランドで固めることが苦手で、好きなものを合わせて着ているし、あまりブランドの世界観を表現するようなオンリーショップには興味がないんです。売ることだけを目的に作ることはできないし、売れないものでも置きたいと考えてしまう。そんな自分の器に合ったお店を作ろうと。『四月』もそうでしたが、売るというよりも、表現のひとつとして、ある種の姿勢を見せられるような場所にしたいですね」(谷田さん)。

営業は週に4日。時には期間限定で「ALCOVE(アルコーヴ)」と名前を変えて、知人のブランドの展示会、作家やアーティストのギャラリーとして場所を提供する「自分の経験上、若い頃に展示会のための安くていいスペースを見つけるのが難しかったこともあって、いろいろな使い方ができる場所にしたかった」(谷田さん)。

一方、自身のブランドでは、各ブランドごとにシーズンテーマやコンセプトを明確に提示する。”ストーリー性のある服”がテーマのユニセックスブランド「STOF」、レディスブランド「bedsidedrama」、実験的要素の強い「STORAMA」など、それぞれが独自の世界観を作り上げている。これら複数のレーベル・ジャンルでの活動は、「やりたいことに忠実」という谷田さんの軌跡でもある。

「作りたいものが明確にあるから、レーベルを分ける。テイストが多岐に渡るとブレてしまうので、分けざるを得ない」と谷田さん。

自分達で改装したという店内は、広さ7坪。「いろんなテイストに変化できる、ニュートラルな空間を意識」し、天上や壁は白を基調にしたシンプルな空間に仕上げ、自身がデザインして作家に作ってもらった棚や家具を配置している。

店内には洋服やアクセサリーのほか、食器や生活雑貨、キャンドル、アートやオブジェなど、どこか力の抜けた、遊び心のあるアイテムが並ぶ。セレクトの基準は「自分が欲しいもの、他にはないもの」(谷田さん)。商品構成は、雑貨と洋服が7:3だが、時々によって変動する。
アンダーグラウンド,アンダーカレント,ANDERCURRENT,渋谷,セレクトショップ,レンタルスペース,ファッション,アパレル,雑貨,クリエイター,STOF,ストフ,アトリエ,アーティスト,オルタナティブスペース,デザイナー,ディレクター,ALCOVE,アルコーヴ,ギャラリー,アート,アンダーグラウンド,MIX,JAM,谷田浩,bedsidedrama,ベッドサイドドラマ,
谷田さんが各地の旅先で仕入れたノスタルジックな雑貨たち。
ときおり「ALCOVE(アルコーヴ)」と名前を変え展示会等にレンタルすることもあるオルタナティブな空間。
古着のリメイクブランド「FLANGER(フランジャー)」はミュージシャンとしても活動するmaki氏のプロジェクト。もちろん全て一点ものだ。
アクセサリーは「Shunichiro Nakashima」「Shingo Matsushita」など、ひと癖もふた癖もある商品ばかり。
「ここで表現者としてのある種の姿勢を見せられれば」という、ブランドディレクター及び同店オーナーの谷田浩さん。着用しているTシャツは同店でも扱う「FLANGER」のもの。
取り扱いブランドは谷田さんのクリエイター仲間も多く、アパレルでは「CZEREMONY (セレモニー)」、「YEAH RIGHT!! (イェーライト)」 「is-ness(イズネス)」、 バンド『IKEBANA』のメンバーによる古着リメイクブランド「FLANGER(フランジャー) 」など。原則「STOF」「bedsidedrama」の通常ラインは置かず、同店のみで展開する別注(オリジナル)アイテムを取り扱う。そのほか、陶器を使った食器・アクセサリーの「ON ZA LINE(オンザライン)」、同店で展示も行ったハンドメイドのキャンドル「OLGA GOOSE CANDLE(オルガ・グース・キャンドル)」 、ハンドメイド石けん「POEM&SOAP(ポエムアンドソープ)」 、バッグ「カガリユウスケ」、石川・加賀のお茶「丸八製茶場」、鉱石アイテムの「銀河通信社」など

海外からの買い付け品はケニア、メキシコ、ニュージーランドなど、谷田さんがさまざまな場所に旅してセレクトした品だ。クリエイションのヒントを得ることも多いという旅では、「行ったことがない場所に行きたいので、原則同じ所には行きません。ノルマもなく、好きなものがあったら買う。手ぶらでかえってくることもあります」と谷田さん。11月中頃にはインドで買い付けてきたアイテムが店頭に並ぶ予定だという。

客層は20~30代の男女が中心。まだ告知もほとんどしていないため、取り扱いブランドのファンや「四月」からの顧客、知人や口コミでの来店客がほとんどだ。ファッション関係者のほか、デザイナー、ミュージシャン、アーティストなどのクリエイターも多く、同ビルのギャラリーやショップを訪れた顧客が立ち寄ることもある。

「ANDERCURRENT」の店名は、地下を流れる川の意味。「ここ渋谷の立地のように、大通りと地下を流れる暗渠、両方のイメージから」と谷田さん。その名の通り、ここではメインストリームとアンダーグラウンド、一見相反するものや異なるジャンルが共存し、調和する。そして、谷田さん自身の幅広いクリエイション、自由な世界観が集約されたショップでもある。

「売る目的だけでお店をやることはできないし、お店だけで成立させる(儲ける)ことを考えると、どうしても一つの表現として矛盾が生まれてしまう。今後もおもしろいものを作り、おもしろいものを置き、おもしろい人が集まる場所を作っていきたい。…まずは、看板を出すことから始めようと思います(笑)」(谷田さん)。

セレクトショップ「ミキリハッシン」のオーナー山口荘大さんが、渋谷パルコパート1の次世代型セレクトショップ「ぴゃるこ」を手掛けた際、谷田さんと同じく「ブランドの世界観を表現したくない。売ることを第一の目的としないショップを作りたかった。」と語っていたが、このように、ひとつの世界観だけではない、東京のMIX感、JAM感を表現する新しいコンセプトのショップが今後増えそうだ。

なお、谷田さんは11月22日(木)〜12月9日(日)まで、渋谷パルコ4階で「bedsidedrama 18DAYS LIMITED SHOP」をオープンする。「期間中はここでしか買えない限定アイテム(コート、シューズ、パンツ、タイツetc)や、人気のコートの復刻モデルなどいろいろ大変なことになる予定。」とのことなので、ぜひ足を運んで頂きたい。

 

取材・文/渡辺マキコ+『ACROSS』編集部 】

ANDERCURRENT/アンダーカレント

〒150-0031:東京都渋谷区桜丘町9-17 TOC第3ビル 303号室
営業日程:イベント等がなければ、月・火・木・土
営業時間:14:00-20:00


大きな地図で見る


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事