ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
L'edge D'or(レジドア)

L'edge D'or(レジドア)

レポート
ファッション
2006.02.14
この記事のカテゴリー |  ファッション |   カルチャー | 

アーティスト達とイチからブランドを作り上げる
新しいかたちのショールームショップ

N.Yの倉庫をイメージした店内。重厚な木製の
扉が印象的。
写真左:「ディオンヌ チューク」はグラフィック
デザイナーならではのキャッチーなプリント
が特徴。
写真右:ベトナム出身のカメラマンが手がけ
るブランド「ダスト」。
アート集団「Surface To Air」がデザインを
手がける「エストゥエー」。程良くグラマラス
で気取らないエレガンスが魅力。
アパレルの本社やギャラリーが並ぶ外苑西通りに、ショールームショップ「レジドア」がある。オープンしたのは05年9月9日。

運営元は、数々のインポートブランドのコレクションラインや、オリジナルラインの一部アイテムを企画生産している(有)スリージーである。今回、その企画生産とは別事業で始めたのが、アーティストが手掛けるブランドを、企画から一緒に作り上げ、プレスや販売までも取組むという、新しいスタイルのビジネスだ。

「もともと、弊社の社長が海外出張の際、N.Yのアーティスト達と知り合い、彼らからファッションのデザインを手がけたい、と持ちかけられたのがきっかけです」と言うのはプレス春田さん。

「では、弊社の企画生産のノウハウを活かし、共同でブランドを始めようということになり、社長が以前からショップ経営にも興味があったということも手伝って、せっかくだから小売りの場所も作ろう、ということになりました」(春田さん)。

店舗面積は50坪で、青山のセレクトショップ、ラブレスなどを手がける内装デザインチーム、ジャモアソシエイツが内装を担当。ニューヨークの倉庫をイメージしたという店内は、打ちっ放しのコンクリート床が無機質ながらも、大きな窓から自然光が差し込む、ゆったりとした空間になっている。什器はすべて可動式で、定期的に配置を変更。ショールームやギャラリーの要素を取り入れた空間になっている。店の外には看板はなく、知る人ぞ知る隠れ家といった雰囲気だ。

ショップのオープンに際し、「エストゥエー」、「ダスト」、「ディオンヌ チューク」の3ブランドを設立。いずれも、カメラマンやグラフィックアーティスト、イラストレーターなどファッション以外の分野で活躍するアーティスト達がデザインを手がけている。

「エストゥエー」はN.Y、パリを拠点に活躍するアート集団「Surface To Air」がデザインを手がけるブランド。もともとメンズラインを展開していたが、05A/Wから同社と共同でレディースを開始した。「ダスト」はベトナム出身、N.Y在住のバッグ・ジュエリーデザイナーで、カメラマンとしても活躍するクリエーターが手がけるブランド。また「ディオンヌ チューク」はオーストラリア出身、N.Y在住のグラフィックデザイナー。カルチャーマガジン『TOKION』のアートディレクターを務めるほか、『NYLON』『DAZED&CONFUSED』など多くの雑誌にイラストを提供している。

現在、国内の大手セレクトショップなどへの卸が中心。レディースのみ3ブランドの展開だが、今後はブランドを増やし、メンズや家具なども展開していく予定だ。

「ショップのターゲットは20代後半〜30代の大人の女性。ファッションだけでなく、音楽やアートにも興味のある方々に来店して欲しいですね。出店場所としては、ターゲットである大人の女性が来街する青山で物件を探しました。スタイリストやエディター、ライターなど、業界人を中心に地道に少しずつ発信していければと思います」(春田さん)。

以前弊サイトでも取り上げた「ファクトリー」をはじめ、国内外のアーティストのファッションアイテムを扱う「オブジェクトバイギャラリードゥポワソン」「トゥリーズアーソースペシャル」など、03年以降、原宿〜渋谷〜恵比寿・代官山〜中目黒にはアートを切り口にしたショップが急増。売り場にギャラリーを併設するギャラリーショップをはじめ、企業がアーティストとのコラボレーションでブランドを展開するケースも定着して久しい。

06年も、同店のように「大人の女性」をターゲットとしたブランドやショップがますます増えると予測されるなか、モチベーションとなるような「+αの要素」としてのアートの人気も高まりそうだ。

ちなみに同店では今後、アート作品やCDなども幅広く販売して行く予定。また、レンタルスペースとして展示会、イベントなどへの貸し出しも考えているのだそうだ。

[取材・文/苫米地香織+『WEBアクロス』編集室]

全文を読む
同じカテゴリの記事