ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
レポート

18_THEATRE PRODUCTS/KINGLY

※THEATRE PRODUCTS EVENT NEWS

★THEO BLECKMANN and FUMIO YASUDA in THEATRE PRODUCTS
4/8(土)20:00〜

新譜「LAS VEGAS RAPSODY」のリリースを記念して来日するアーチスト、テオ・ブレックマンの歌声と、安田芙充央による生演奏を、アンティークピアノの響きとともににおとどけするスペシャルイベントがシアタープロダクツ渋谷パルコ店で開催されます。

・場所: THEATRE PRODUCTS 渋谷パルコ店
・主催 : THEATRE MUSICA/WINTER&WINTER/BOMBA RECORDS
http://www.theatremusica.com/
※SPECIAL PRESENT!!
Winter & Winter のCD、あるいは シアタームジカの商品をパルコで2点以上お買い上げのお客様は、4/8(土)のライブでステファン・ウィンター氏(Winter & WInter ) からスペシャルプレゼントがあります。



★タカノ綾 in THEATRE PRODUCTS boxes  4/1(土)〜4/24(月)
アーティスト、タカノ綾がシアタープロダクツのために作りおろした作品が、シアタープロダクツの黒い箱の中に展示されます。

・同時開催:「都会犬」タカノ綾ソロエキシビジョン in PARCO MUSEUM
4/7(金)〜4/24(月)
http://www.parco-art.com/

■2006-2007 AUTUMN/WINTER COLLECTION

□デザイナー:武内昭/Akira Takeuchi、中西妙佳/Tayuka Nakanishi
□プロデュース、プレス:金森香/Kaori Kanamori
□ヘアメイク:
□スタイリング:
□音楽:


◎Designer Profile:
武内昭/1976年3月1日長崎市生まれ。エスモードジャポン卒業後、舞台衣装のデザインやライブアートの企画などを経て、コムデギャルソンのパタンナーとして従事する。1999年、学校の後輩だった中西妙桂と「カプセルリ」を設立。株式会社レナウンの跡地で行われた「今日自由展」にて発表した「タンプトック展」が評判を呼ぶ。それをきっかけに、当時リトルモアギャラリーにいた金森と出会い意気投合。2001年、「THEATRE PRODUCTS」を設立する。

中西妙佳/1977年7月3日神奈川県生まれ。エスモードジャポン卒業後、株式会社サンエーインターナショナルに入社。k.a.t.やVivienne Tamの企画や、coigirlmagicの設立に携わる。1999年、武内昭とともに「カプセルリ」を設立。2001年、金森香が加わり、「THEATRE PRODUCTS」としての活動をスタートする。

金森香/1974年11月4日東京生まれ。英国セントラルセントマーチンズカレッジオブアートを卒業後、移動映画館などのパフォーマンス作品を制作する。帰国後、約1年ほどチンドン屋として活動しつつ、株式会社リトルモアに入社。同社が運営するリトルモア・ギャラリーの企画・運営などを手掛ける。株式会社レナウンの跡地で行われた「今日自由展」にて発表した「タンプトック展」で武内と中西に出会い意気投合。2001年、「THEATRE PRODUCTS」を結成。プレス/企画を担当する。

◎Brand Profile
2001年、デザイナーの武内昭と中西妙佳に、プレスを担当する金森香が加わり設立。上質のパターンでパフォーマンス的な要素の強い見せるコレクションが特徴。04年東京・渋谷パルコに初のオンリーショップをオープン。ファッションやデザインなどクリエイティブ・ピープルのファンが多い。

◎Contact
有限会社シアタープロダクツ
〒107-0032 港区六本木5-9-19
Tel 03-3403-7690、Fax 03-3403-7510
THEATRE PRODUCTS/KINGLY THEATRE PRODUCTS

◎Press
金森香
info@theatreproducts.co.jp


◎Shop
シアタープロダクツ渋谷店
〒150-0042 渋谷区宇田川町16-9 パルコパート? 4F
Tel 03-3477-5911

※『WEBアクロス』では、04年3月にロングインタビューを実施。記事は<こちら>をご覧ください。

interview_1

■男性(23歳/CM企画会社勤務)
ジャケットとパンツはシアタープロダクツ、シャツはフリマで購入。
2年前に地元のセレクトショップで「シアタープロダクツ」の存在を知り、デザイナーの服づくりへの姿勢にすっかり魅了されてしまい、それ以来、ずっとシアターファンです。今回は、生まれて初めてファッションショーを見ました。本来見ることのできないモデルが着替える所を見せるという演出にとても感動しました。デザイナーのお2人がモデルに着せたあと、ピシッとシルエットを整えてあげているシーンを見て、服への愛情や意気込みみたいなものを感じました。CFの企画の仕事に就いてちょうど1年が過ぎたところなんですが、今日のショーを見て、もうビンビン、いろんなアイデアが浮かびましたね。他に見てみたいブランドは「POTTO」です。

■女性(23歳/会社員・事務系)
半年ほど前に知り合った彼の影響でシアターファンになりました。といっても、今日は全身古着なんですが。今日のショーは、大きな蓄音機が登場したり、着替えを見せたりとか、他にはない演出にブランドの世界観を感じました。次回もとても楽しみです。

interview_2

■女性(33歳/専業主婦)
デザイナーのお兄さんが、友だちのダンナさんで、どうしても行けないから、ということでチケットを頂き、見に来ました。ファッションショーを見るのは初めてです。シアタープロダクツというブランドについては、雑誌などで見て知っていました。とっても独自の世界観が合ってステキだなあと思っていたので、今回見られて嬉しかったです。自由な感じがいいですね。以前は地元(大井町)のカフェで働いていたんですが出産を機に辞めて、今は子育てに専念しています。というか余裕なし、という感じですね。好きなブランドは、ドレステリアとかスピック&スパンとかかな。渋谷にお店があるんですね、今度ぜひ行ってみます。

■男性(29歳/会社員・IT系)
今日は妻に連れられてやって来ました。天気もいいので、この後、神宮外苑をぶらぶらして帰ろうかと思っています。好きなブランドはドレステリアかな。このブルゾンもシャツもドレステリアで買いました。
静岡にあるセレクトショップ
「sweay」に勤務するお2人

interview_3

■女性(静岡市のセレクトショップ「sweay」勤務)
シアタープロダクツの取引先です。あの、ニードルパンチのコレクションに感動して以来、取引させて頂いています。静岡にもけっこうファンが多いんですよ。コレクションは、1年ほど前から毎回見に来ています。いつもショーの演出がいいですよね。今回は特にキングリーが良かったですね。こういう言い方もなんですが、とても売れそうな感じがしました。これまでは細身のラインで年齢が上めの印象がありましたが、太めのものもあり、柄のパンツなど、幅広い年齢の人に受け入れられそうですね。レディスは、やっぱりシアターの世界観を引っ張っていくような位置付けですよね。もともとシアターはジャケットがいいので、個人的にもぜひ欲しいですね。今回のアイテムも、上下別々だったら着られるのかも。うちのお店で他に扱っているブランドは「POTTO」。「POTTO」は今、うちが唯一の取り扱い店なんですよ。オンリ−ショップ。ショーは23日だったかな。もちろん、見に行きます。


同じキーワードの記事