ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
レポート

23_POTTO

■2006-2007 AUTUMN/WINTER COLLECTION

□デザイナー:山本哲也/Tetsuya Yamamoto
□direction:POTTO 山本哲也/Tetsuya Yamamoto
□テーマ: FACE
--- 動物の顔や人の顔。顔の要素はみんな同じでも、みんなすべてが違っています。人から見られる私の顔を、私は見ることができません。重荷は服に預けてしまいましょう。そしてあらゆる制限を解除して、自由になるために服を着よう。

□music:荒木昭義(thisispandacitymusic.com)
□hair & make:櫻井浩(AVGVST)
□stylist:枝光理江
□models:Anne、Kaliya、Kanon、Mili(Amazone)、Azure、Enn、Mayumi(Bellona)、KanakoTakahashi、Maaya Yoshiyama、Maya Belgrade、Yuirisa(elite)、Sachi、至当麗、Marri(Friday)、オードリー、ヴィージニー
□協賛:(株)バンダイ
http://www.bandai.co.jp
http://www.kirakirajapan.com


◎Designer Profile
1997年文化服装学院卒業。フリーのデザイナーとして舞台衣装製作などを手がけた後、2001年にブランドを設立。02年S/Sより東京コレクションに参加。05年、(株)バンダイとのコラボレーションプロジェクト発足。キャラクター性の強いクリエーションが、若い世代を中心に人気。

◎Contact
POTTO
〒151-0053
渋谷区代々木4-51-14-202
Tel 03-3370-4933
Fax 03-3370-4933
yamapotto@hotmail.com

◎Press
ディシプリン 寺田玲子
discipline_@mac.com
Tel 03-3466-7761
Fax 03-3466-7796

◎Shop
sweay
〒420-0031
静岡県静岡市呉服町2-7-10 2F
Tel 054-255-5660

interview_1

■田村真梨絵さん・20歳・専門学校2年生(写真左)
「POTTO」のショーは、まず演出にびっくりしました。モデルが観覧席をぐるぐる歩いて、気が付いたら近くに座っていたりして。全体的には優しい感じでかわいかったですね。
他には「ミントデザイン」を見たんですが、音楽と洋服が合っていて良かったです。服のデザイン自体や素材の切り替えなどがおもしろくて、今回の作品の雰囲気は個人的にも好きな感じでした。
他に見たいのは「G.V.G.V.」。洋服自体が好きでふだんからチェックしているブランドなんです。これからも機会があればどんどんコレクションとか見たいですね!

■常見愛さん・20歳・専門学校2年生(写真右)
「POTTO」らしく立体的なパターンやファブリックがいいなと思いました。優しくてかわいい感じでしたね。「POTTO」の服は、これまではコレクション専門の雑誌で見ていただけですが、ショーを見て自分でも実際に着てみたいと思いました。今回はインビテーションとかなかったんですが、体当たり。直接来てみたら入れて良かった!
他には「ミントデザインズ」を見ました。音符柄の柄が目立っててかわいかったですね。スカートを肩にかけたり、手で引っ掛けて持ったりしているのがとても印象的でした。個人的には、「POTTO」や「ミントデザインズ」といった個性的なちょっと変わったデザインの服に惹かれます。
あと見てみたいのは、前回の東京コレクションでやった「マスターマインド」! 前回みたいな豪華なキャストが見たい!というミーハー根性が大きいんですけど(笑)。でも、洋服自体もカッコいいと思うのでぜひ見てみたいですね。

interview_2

■男性・19歳・専門学校2年生(服飾)
今回のJFWのショーでいちばん見逃せないと思っていたメゾンが「POTTO」なので、見に来ることが出来てとても嬉しいですね。毎回演出にこだわっていて個人的にもとても好きなブランドです。今回の演出もとても面白かった。
他には、「ミントデザインズ」、「セオリー」を見ました。「ミントデザインズ」は、春夏のショーとは印象が違っていて、とても面白かったと思います。ショー自体は今季の方が好きですね。
「セオリー」は、ブランドについてあまり詳しく知らないまま見たんですが、テントという限られた空間の中でどう見せるかという工夫が感じられました。服のデザインも綺麗でした。
この後は、ドレスキャンプを見たいと思っています。インビテーションが無いので中に入れるかどうか分からないんですが、せめて中に入れなくても外のモニターとかで見たいと思っています。
このようにショーを1ヵ所でまとめてやってくれると、どこで何時に始まるのか把握しやすいので、見る側としてはとても助かります。海外のメディアも取材しやすいのでは。
個人的によく行くショップは「ミッドウエスト」です。

interview_3

■神田朋美さん・20歳・美容師アシスタント(写真左)
洋服がキメキメじゃなくて、いい意味でユルくて良かったです。ショールが顔のデザインになっていたり、遊びがある感じが好きですね。屋外という演出もよかった。空が見える場所はブランドの雰囲気にマッチしていたように思います。
他には「A.D」も見る予定です。昨日、「ILIAD」のショーを観たんですが、今日の「POTTO」のショーとは対照的で、正統派という印象を受けました。

■佐藤友理さん・20歳・ヘアメイクアシスタント(写真右)
以前イベントでお世話になった方が「POTTO」で働いていて、招待して頂いたので見に来ました。今年はJFWのスケジュールに入っているかどうかまだ確認していないんですが、もしやっているなら毎年ラフォーレ原宿の玄関に出店している「REEM」というロンドンのショップのショーが見たいですね。
ふだんはブランドにはこだわらなくて、ZARAなどで買い物することが多いです。


同じキーワードの記事