7月15日午前中から
コンテンツメニュー
■都市のコード論:NYC編  vol.06
テーマ:HOTEL
レポート
2018.03.08
この記事のカテゴリー |   |   カルチャー | 

■都市のコード論:NYC編 vol.06
テーマ:HOTEL

在NYC17年の日本人ビジネスコンサルタント、Yoshiさんによるまち・ひと・ものとビジネスの考察を「都市のコード論:NYC編」と題し、不定期連載しています。

1年半ぶりの起稿。テーマは“HOTELと都市“です。日本でも異業種からの参入が増え、新しい展開をみせていますが、NYでは? データとともに解析します。


ニューヨーク市内で新しいホテルのオープンが相次いでいる。


2015年時点で市内には696件のホテル (107,000室) が営業していたとされているが、その後新規オープンが続き、2017年10月時点では、ホテル数はおよそ785件、 部屋数は115,000室に達したと考えられている。

ニューヨーク市のマーケティングを担うニューヨーク・シティ・アンド・カンパニーが2017年に発表したレポートによると、2017年末から2019年までに、おおよそ40-50件の新しいホテルのオープンがさらに予定されていて、27,000室が追加されることになり、その結果2019年末には900件近くのホテルが市内に存在することになる。

新しいホテルの業態はさまざまで、部屋数をみても14室のみの小規模なものから600室を超える大型のものまでそのバラエティは幅広く、ターゲットとする市場のセグメントもさまざまだ。とはいうものの、そこには共通する傾向もあり、そして新しい試みも散見される。

ということで、今回はNYマンハッタンのホテルの変化についてデータとともに解析してみることにした。



2015年以降オープンした (そして今後予定されている) ホテルの数を、ボロウ (区) ごとにみてみよう。

ニューヨーク市の中心であるマンハッタンでは、1年に20−30件のホテルが継続してオープンしていることがわかる。少し前に話題になったブルックリンも毎年5-10件ほどオープンしているもののすでにピークアウトしている。

一方、クイーンズでは2017年と2018年にそれぞれ10件前後、2019年には15件のホテルのオープンが予定されており、そのペースはブルックリンを上回っている。


NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ

ボロウ別でなにより注目すべきことは、2017年からブロンクスにもホテルがオープンしていることだ

1980年代の犯罪のイメージから観光とは縁遠かったブロンクスが、いよいよ市内のホテル戦線に参入したことになる。確かに地下鉄に乗ればブロンクスからマンハッタンの中心部まで30分ほどで着くことができるし、近年はブロンクスの南端に位置するサウス・ブロンクスの開発も進んでいて、2017年に市内で家賃の大きな上昇率を示した地区の上位はブロンクスが占めていると報告されている。

ビジネスやエンターテイメントが圧倒的にマンハッタンに集中していた状態から、近年その重心は少しずつ隣接する他のボロウへと分散傾向にある。ブルックリンからクイーンズ、さらにはブロンクスへと、オープンするホテルのロケーションの移動は、人々の注目の移り変わりをも反映しているといえる。

ホテルの新規オープン (2015-2019年)を、マップにしたのが下のリンクである。
バブルの大きさはそれぞれのホテルの部屋数を示し、それぞれのホテル名と部屋数をインタラクティヴにみることができる。

fafsp.carto.com/viz/4a4b3f4f-2011-4e7f-8e51-46956fcf2581/public_map


NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ
2017年11月に東京は錦糸町、大阪は本町にオープンしたマリオット・インターナショナルが20〜30代のミレニアル世代を対象とした家具や内装にこだわったデザイナーズホテルブランド「モクシー・ホテル」。ウエブサイトもポップで従来のホテルのイメージとは異なる。

マンハッタンをみてみると、伝統的に観光客とホテルが多いミッドタウンにひき続き新しいホテルが多くオープンしていることがわかる。

たとえば、マリオットが手がける、612室のモキシーNYCタイムズ・スクエア (http://moxy-hotels.marriott.com/en) が2017年にオープンした。

やはりミッドタウンのハドソン川近く、ハイラインの北端に位置するハドソン・ヤーズでは大規模な開発が進んでいる。最新のインフラを備えた大型オフィス・スペースが建設中で、完成と共に多くの企業がミッドタウンからハドソン・ヤーズへと移転することが予想されている。企業が移転する先にホテルができるのは当然なのだろう。ハドソン・ヤーズの隣には巨大なコンヴェンション・センターであるジャヴィッツ・センターもある。部屋数の多い大型ホテルが多いのもミッドタウンの特徴といえる。

マンハッタンの南端に近いファイナンシャル・ディストリクト (旧金融街) からバッテリー・パークにかけても新しいホテルが増えている。グラウンド・ゼロ1ワールド・トレード・センターが完成したことで、コンデナストやデイリー・ニュースなど、多くのメデイア企業がタイムズ・スクエアからダウンタウンへと移転している。そうしたビジネス向けの需要はもちろんのこと、ロウワー・マンハッタンはかつての金融街から比較的若年層の人たちが住む地区へと急速に変化している。伝統的な観光地のミッドタウンを敬遠してロウワー・マンハッタンに宿泊することを選ぶ観光客も増えているということなのだろう。


 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ
ハドソンヤードの開発のようす(2018年1月撮影)


ブルックリン
はというと、ダウンタウンウィリアムズバーグからグリーンポイントにかけて、そしてクイーンズではロング・アイランド・シティのほかにジャマイカでもホテルがオープンしている。

ロング・アイランド・シティは、マンハッタンのミッドタウンまでイースト・リバーを超えてすぐの場所にあり、マンハッタンよりも手頃な宿泊料金に設定されている。さらには部屋から川の向こうにマンハッタンの眺めを楽しむことができる。マンハッタンに滞在していたら目にすることができない贅沢だ。JFK空港行きのエアトレインが発着するジャマイカは、空港と市街地との両方へのアクセスの良さからホテルができているようだ。

ホテル数が急速に増えていることから、ニューヨークのホテル需給は緩和すると予想されている。激化する競争に生き残るためのカギは、差別化にあるようだ。

ニューヨーク市シティ・プランニングのレポート
によると、市内のホテルの部屋数のおよそ38%は独立系のホテルだという。チェルシーにあるハイライン・ホテル (http://thehighlinehotel.com/)、ミッドタウンのルーズヴェルト・ホテ (http://www.theroosevelthotel.com/)ロジャー・スミ (https://www.rogersmith.com)、ブルックリンのウィリアムズバーグのウィリアム・ヴェイル (https://www.thewilliamvale.com/) などが独立系に相当する。

これらのホテルは全国展開する大手ブランドとは提携していない。戦略的な選択だ。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ


市内に43,600室あるとされる独立系ホテルの部屋のうち、49%は広義のハイエンドに属し、エコノミーのセグメントに相当する部屋数はその28%にすぎない。独立系のホテルがハイエンドをターゲットとしていて、独立系
であること (大手ブランドの一部ではないこと) を高付加価値化に利用していることがわかる。実際に、大手を避けて、独立系のホテルでの宿泊を選ぶ人は増えている。


独立系のホテルは、マンハッタンではダウンタウンブルックリンの一部クイーンズのロング・アイランド・シティなどでオープンしている。典型的な観光地ではない場所の選定がその価値の欠かせない一部であり、ハイエンドのイメージとロケーションが分かちがたく結びついていることがわかる。ロケーションはそのブランドの一部といってもいい。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ
トリップ・アドバイザーが買収した現地ツアーの予約ができるプラットフォーム「ヴィアター(www.viator.com)」。

興味深いのは、大手ブランドもニューヨークでは独立系のアプローチを模索していることだ。

テキサスを拠点とするあるデベロッパーは、通常マリオットやヒルトンと提携してホテルを展開するものの、ニューヨーク市内では大手ブランドと提携せずに運営している。

なかには大手ブランドの傘下であることを隠して、独立系にみせて運営する覆面独立系ホテルもあるという。そのため、市内のホテルを独立系と非独立系にホテルに分けることは容易ではない。少なくともニューヨークに関する限り、ハイエンド市場は、独立系としての独自性を提供することが条件となっているようだ。

同時にヒルトンマリオットも、別名を用いたソフト・ブランドのホテルをオープンし、より小規模で、標準化されていない部屋を提供しようとしている。

日本でも2018年の春に軽井沢にオープンする予定のキュリオ・コレクション・バイ・ヒルトン
(http://curiocollection3.hilton.com/en/index.html) や、タイムズ・スクエアとミッドタウンの2カ所にあるマリオットのオートグラフ・コレクション (https://autograph-hotels.marriott.com/) などがその例であり、既存のブランドとは距離を置く位置づけになっている。

ソフト・ブランドはブティック・ホテルとして運営しつつ、同時に大手ブランドの一部として、予約やリウォードのシステムにアクセスできる利点もある。

 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ
2017年、マンハッタン31丁目にオープンしたライフ・ホテルは、かつて雑誌『ライフ・マガジン』の本社だった建物を改修したものだ。

ホスピタリティのビジネスにもテクノロジーとデータは欠かせない。
ニューヨークのホテルでは、自分でチェックインを済ませるところが増えているiPadに接続された端末を利用してチェックインする。わからなければ、必要に応じてスタッフが助けてくれる。テクノロジーの利用でコストを抑えるホテルは多い。


ホテル各社はゲストに関する大量の情報を有している。そのデータをもとに、それぞれのゲストにどんなサービスを提案するのかがビジネスを左右することから、ホテル・テクノロジーのスタートアップ企業の買収も活発になっている。

現地ツアーを予約するサイトのヴィアター (https://www.viator.com) を買収したことで、ホテルやレストランの予約サービスを提供するトリップ・アドバイザー (https://www.tripadvisor.com/) では、ホテル以外の売上が31%増加した。マリオットは、データに基づいて、それぞれのゲストが気に入りそうな体験を個別に提案している。


ローカルな体験を提案するホテルは多い。マリオットが最近買収したアロフト・ホテル (https://aloft-hotels.starwoodhotels.com/) は、ローカルのアーチストによる音楽の演奏をスポンサーしている。ホステル感覚のブティック・ホテルを謳うモキシーは、部屋は狭くそれ自体がニューヨークの経験だという。

こうした動向の背景には、ホテルの競合はairbnbだという認識がある。airbnbがマーケットする、これまでのような観光客ではないローカルとしての体験をとりこむべく、宿泊に付随するローカル性をホテルが重視し始めていることが、現地ツアーやアクティビティの予約サイトの買収を後押ししている。ホテル周りのビジネスをいかにして取り込むのかは、これからも大きな課題だ。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ
アーチ状の構造を多く手がけた建築家、エーロ・サーリネンによって1962年にTWA航空のターミナル4をホテルに改修したTWAホテル。
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ
TWAホテルのHPより。独特のレトロモダンな内装はある層にとっては宿泊することが目的となりそう。


新しいホテルを見て回ることで気づくことのひとつは、かつてのように、入口を入ると目の前に巨大なレセプションが広がっているという光景を目にすることはないということだ。ハイエンドのホテルにその傾向が強く、大きなデスクの背後に何人ものスタッフが立って待ち構えているという光景は過去のものになりつつある。

自分でチェックインするためのiPadが並んでいる以外には、入口のフロアにはソファが並ぶくつろぐ場所があったり、レストランがあったりする。2017年にマンハッタンの31丁目にオープンしたライフ・ホテル (https://lifehotel.com/
) のように、入口を入ってもどこにレセプションがあるのかすぐにはわからない、むしろレセプションをできるだけ見せないようしているようにさえ思えるところもある。

ライフ・ホテルはかつての雑誌の『ライフ・マガジン』本社だった建物をホテルに改修している。商品をマーケットする際に、それにまつわる物語を付加する物語マーケティングが一般化しつつあるが、ライフ・ホテルは既にそこにあるライフ・マガジンのレガシーの周りにホテルというビジネスを構築したのが興味深いところだ。

他の場所で再現不可能なプロジェクトには、他にはない固有性がある。オーセンティックなトーンを前面に出している内装にもそれは見てとれる。新しいコンセプトやデザインを考えたところで、ひとたび注目されたらそれはすぐに模倣され、あっという間に世界中でコピーされる。模倣されることを避けるためには、他にないユニークな場所を開発するしかないということなのかもしれない。

他にはないホテルといえば、JFK空港内で工事が進んでいるTWAホテル (https://www.twahotel.com) は、かつてのTWA航空のターミナル4をホテルに改修するものだ。 エーロ・サーリネンの手によって1962年にオープンしたターミナルで、トランス・ワールド航空 (TWA) はもちろんもう存在しないが、
その歴史とアイコニックなターミナルを利用したホテルとして復活する。
 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ
1980年代にブティック・ホテルのコンセプトを導入したイアン・シュレージャーが手がけるPUBLIC HOTEL。冒頭のソファーの部屋の写真もここ。日本だと結婚式の会場としてのニーズは必須だが、NYの場合はアートイベントや音楽イベントが開催できるようなスペースを設けるところが多いよう。(https://www.publichotels.com/)
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,ホテル,デザイナーズホテル,ブティックホテル,マリオット,hilton,ヒルトン,モクシー,ブロンクス,錦糸町,TWA,ハワード,Howard,hudsonyards,ハドソンヤード,セルフチェックイン,ネイバーフッド,Neighborhodd,ネイバーズ,ボロう,浅草,渋谷,ハイエンド,ブティック,ブロンクス,データ,コンサルティング,リサーチ
日本における近年のデザインホテル、ブティックホテルのトレンドは、2012年にブルックリンに暮らす3人のオーナーの手によって開業したこのWHYTHE HOTELが有名だ。1901年に建てられた、精糖所に納める木樽を製造する工場をリノベートしたインダストリアルな意匠は、その後の日本における“ブルックリン・ブーム”や“ポートランド・ブーム”を後押ししたが、そういった表面的なことに留まらず、小資本(インディペンデント)であることをはじめ、レストランのメニュー、バー、パブリックスペース、ジムなど、従来の都市のホテルユーザーとは異なる“新しいラグジュアリー”なライフスタイルを提案していた点こそが新しい(写真は2013年8月に撮影したもの)。
 
ホテル・ビジネスの競争の中心は、部屋よりも宿泊の周辺へと移動している。

昨今の宿泊客の半分はレストランでホテルを選ぶというデータもある。ライフ・ホテルのロビーはレストランをフィーチャーしていて、近所の人たちが立ち寄るような場所を目指しているという。同レストランは、レストラン起業家のステファン・ハンソンが所有・経営している。

ホテルの中のレストランの多くは第三者の業者が経営し、ホテルとのシナジーが欠けていることが多い。ライフ・ホテルではハンソン自身が同ホテルに投資をしており、レストランの売上の一定の率を家賃としてホテルに払う仕組みになっている。

一般的に、レストランをオープンした後、その周辺が人気の地区になったら、家賃が上がり今度は追い出されることになりかねない。不動産価格の高騰に終わりの見えないニューヨークでは頻繁に耳にする話だ。ビジネス面での新しい取り組みは、その防止策でもある。

2017年にロウワー・イースト・サイドにオープンしたパブリック (https://www.publichotels.com/) は、1980年代にブティック・ホテルのコンセプトを導入したイアン・シュレージャーが手がけるホテルだ。

その名が示す通り、誰もが立ち寄ることができるように、コワーキング・スペースパブリックの場所があり、仕事をしたり、打ち合わせをしたりしている人たちが多い。上層階にはフード・ホールバーがあり、地下にはコンサート・ホールもある。エンターテイメントは利益が出せるものの、ホテル産業にノウハウがない部分でもある。その開発の意図がある。

こうしてみると、新しいホテルにはいくつかの傾向がある。宿泊周りの体験をとりこむこと。他にない固有性を求めるところもある。そしてテクノロジーとデータがホテル産業の未来に欠かせないコアであることも間違いのだろう。

[取材・データ/文:Yoshi(在NY・コンサルタント)]

 

Follow the accident. Fear set plan. (写真をクリックしてください)

初夏の散歩で
[]

初夏の散歩で

日本から遊びにきた友人が、ニューヨークでどこか面白いところはないか、どこに行けばいいのかと聞いてくる。あいにく最新流行やトレンドといったものとは全く縁のない生活を送っているものだから、気の利いたショップやホットな話題を教えたりすることなどできるわけもない。どちらかというとこちらが教えてほしいくらいだ。どう考えても聞く相手を間違っている。 途方に暮れていたら、今度はよく行く場所はどこなのかと聞かれた。なるほど定期的に訪れる場所ならある。それは店のこともあれば、ネイバーフッドだったり、人があまり通らない忘れ去られたような場所だったりするけれど、思い出してはまた戻ってみるのだから、そうした場所を気に入っているということなのかもしれない。 そこにいるのが心地よくずっと時間を過ごすことができる場所や、気がつくとそのあたりを歩いていることが多いところなど、そうした場所を目的もアジェンダもなくただ歩いてみよう。他の人がどう思っているのか、世間の評判などはどうでもいい。自分が好きなのだからそれでいいのだ。いやいや、多くの人がやってくると快適な場所が台無しになってしまう。ひと気が少ないからこそたいていの場所はいいところなのだ。 チャイナタウンから歩き始めよう。 ミゲル・アブレウはチャイナタウンに数年前オープンしたアート・ギャラリーだ。アラン・バディウなど批評家との関係が強いオーナーらしく、理論色の強い硬派のショーも楽しみだし入口近くの書棚に並ぶ本もいいけれど、なにより強い印象を残すのは、がらんとしたそのスペースの広さと南から差し込んでくる白っぽい光だ。夏の午後に思い出しては訪れてみて、西に面した大きな窓から差し込む陽をしばらく眺めてみる。ギャラリーのある四階へと上がるエレベーターは一世紀前のチャイナタウンの建物にふさわしく極端に遅いが、イライラしながら待つ価値はある。 ミゲル・アブレウから通りを隔てた真向かいにあるミルトン・レズニックとパット・パスロフ財団の重い戸を開けて、かつてシナゴーグだった建物の中に入ると再び静寂が戻ってくる。 レズニックがスタジオとして利用し、現在はレズニックの作品が数点展示されている以外ほぼがらんどうの二階でぼうっとする。生産的なことを考えたりしてはいけない、ただこの場所にいるのがいい。ついやってきては長居しがちだが、そのためなのかどうなのか、数日前に再び訪れてみると二階のベンチがなくなっていた。運がよければ、三階のオフィスに残されているレズニックが作業した、今日もそのまま残されている小部屋を見せてくれるかもしれない。 多くのアート・ギャラリーがチェルシーからロウワー・イースト・サイドへと相次いで引っ越したが、ここ数年はその流れがロウワー・イースト・サイドからチャイナタウンにもおし寄せている。ミゲル・アブレウはいかにも雑然としたチャイナタウンのグランド・ストリートから少しだけ入ったところにあり、ギャラリーのロケーションとして悪くはない。 ほぼ中国系の人たちだけが住み、中国系の人たち相手の商店が並んでいたチャイナタウンにくい込んでいるのはアート・ギャラリーだけではない。 アパレルを個人売買するアプリのDepopがそのショップをチャイナタウンのモット・ストリートにオープンしたのはちょうど一年ほど前のこと。この場所には旬のアパレルが入るのが決まりとでもいうわけか、Depopの前には人気のセレクト・ショップがあった。セレクト・ショップの後にDepopとは、ひとつの場所にアパレル周りのビジネス・モデルの変遷をみることさえできる。Depopの後にはどんな業態のアパレルがこの場所を引き継ぐことになるのだろう。 そのセレクト・ショップがモットにオープンしたのは7-8年前のこと (それ以前はマルベリー・ストリートにあった)。チャイナタウンに出店した最初のアパレルだったが、その後そのすぐ隣にカフェがオープンし、周囲でレストランなどのオープンが続いた。いまではその界隈は観光客が集まるレストランやバーが多い。中国系の金物屋がアパレルの店に変わるだけでずいぶん世界が変わるものだ。もちろんどのアパレルでもそうなるわけではないのだが。退屈なブランドの店がソーホーや五番街に漫然とあるのにはウンザリする。 非中国系のビジネスが増える一方で、チャイナタウンでは中国系の住民が減っている。少し前にはチャイナタウンからイースト・ハーレムへと中国系の人たちが流れていると聞いていた。家賃相場もあるのだろうが、地下鉄の6番線一本でチャイナタウンへと通うことができるところがいいらしい。経路依存は意外なところにも働いているものだ。 そうそう、それをいえば、いまやニューヨーク市内最大のチャイナタウンのサンセット・パークにマンハッタンのチャイナタウンから1990年代に人が流れ始めた頃には、地下鉄のN線がマンハッタンのチャイナタウンへと通じていることが、マンハッタンのチャイナタウンに通うのに便利でサンセット・パークに人が集まることになったという。中国では8が縁起のいい数字らしいが、サンセット・パークで所狭しと商店がひしめくのはもちろん八番街だ。さらには地下鉄の駅の八番街はマンハッタンからブルックリンに向かうN線の地下鉄が地上に出て最初の駅であることから、英語が全くわからなくても降りる駅を間違うことはないことが助けになったといわれる。 そろそろチャイナタウンからイースト・ブロードウェイの方へと歩いてみよう。 目指しているところがわからないレコード屋やヴィンテージというよりはたんに古いラジカセを集めている電気屋をひやかしたあとに、映画館のメトログラフの二階のレストラン、コミッショナリーで休憩しよう。天窓からの自然光のニュートラルな明るさもいいけれど、なによりここは音楽がかかっていない。なぜレストランはそうしなければいけないかのように音楽を、しかもどうでもいい音楽ばかりかけるのか。コミッショナリーで聞こえるのは人の話し声と食器の音だけ。打ち合わせにもちょうどいい。一番いいのは平日午前11時のオープン直後から昼過ぎにかけての客が少ない時間帯だ。客層が面白いのもこの時間帯で、緑色の髪が流行っているらしいことなど、ここの客からいろいろなことを仕入れることができる。 ニューヨークは変化の早いところだ。昔からある馴染みの店が閉じてゆく。まだ夜が明けていない時間に朝食を求めてやってくる建設作業員たちにまぎれて時差ぼけのコーヒーを飲むことができたカナル・ストリートの名物、カップ・アンド・ソーサーは2017年に閉店してしまった。最後のオーナーの下で30年間、同じ店名としては75年続いた店だった。 昔からある場所がなくなってしまうのは残念なことにちがいない。そうはいっても新しい場所も次々とオープンする。昔からあるところが全てよくて、新しいところが全てダメではないのだ。 カナル・ストリートと並行するディヴィジョン・ストリートにはユダヤのベーカリー、ミカエリズが先日オープンした。イスラエルのモダンをとり入れたスイーツらしいが、その筋に詳しいわけでもない者にはわかりづらい。オーナーのミカエリがいたら説明してもらおう。言葉による説明よりもずっと説得力のある彼のスマイルでつい思っていた以上に買ってしまう。顔で売るとはこういうことなのか。 いまから一世紀前にはこのディヴィジョンの界隈にはユダヤのカフェが多かったという。ウィーンのカフェはシュテファン・ツヴァイクを生み出したかもしれないが、ロウワー・イースト・サイドのカフェも多くの文化を生み出したのだ。その後この近辺は中国系の商店が並ぶようになったが、またユダヤのカフェがオープンしたところをみると、場所には記憶があるのかと思いたくもなる。 ロウワー・イースト・サイドといってもそのネイバーフッドはかなり大きい。そういえば、最近の新しいビジネスはデランシー・ストリートよりもずっと南に集中し、その重心が南へとシフトしている。独立系のスモール・ビジネスが多くオープンする場所に悪いところはまずない。 イスラエルのスイーツでブーストしたあとイースト・ブロードウェイの方に向かって歩くと、ディヴィジョンがカナルとぶつかる小さなスクエアでは多くのスケーターがたむろする。このあたりにスケーターが多いのはスケート・ショップのレイバーがあるのはもちろんだが、自動車が少ないこともあるはずだ。車線の一部が歩行者向けやベンチに変わっている。人影がなく自動車が我が物顔で行き来するネイバーフッドぐらい惨めなものはない。多くの人が外にいるのが都市の条件といってもいいぐらいだ。 おそらく店とは全く関係のない中国系の老紳士が毎日店の前のベンチに腰掛けて店番しているカフェの前を通り過ぎるとイースト・ブロードウェイの駅に出る。イースト・ブロードウェイの名物ダイヴ・バー、169バーの前にたむろしている酔っ払い客をよけながらヘンリー・ストリートに曲がると、やはり小さなカフェやレストランとともに車道に張り出したストリート・シートが並んでいる。夏の間は歩道が車道にまで一時的に拡張し、ベンチが置かれている。このあたりで今日の午後の散歩を終えることにしよう。 毎日のように歩く歩道でビジネスや人が次々と変わってゆくのに気づかないわけにはいかない。自分が住むネイバーフッドやその近くなら尚更のこと。住んでいるところの近くでなくても、ニューヨークには面白いネイバーフッドがまだたくさんある。クイーンズのジャマイカやジャクソン・ハイツ、マンハッタンのワシントン・ハイツは相変わらず面白い。チャイナタウンのアパートに描かれたグラフィティや地上の球技場を眼下に見下ろしながらマンハッタン橋を歩いて渡ってもいいし、ブルックリンのイースト・ニューヨークに近いブロードウェイ・ジャンクションは頭上に展開する地下鉄の複雑な高架を観察することができる。グランド・セントラルから48丁目へと抜ける地下の長い歩道は心地よい場所ではないが面白い場所だ。 ニューヨークで一番楽しいことは歩くこと。歩くだけで面白い。歩いてみていい、面白いと思えないところはダメなのだ。そして、歩いた結果、自分が住むところを人にも好きになってくれるとしたら、そこはやはりいい場所であり、いいネイバーフッドなのだとあらためて自分でも確認することができる。 Advertisements

FAFSPさん


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事
YOOX.COM(ユークス)