ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
「niko and ... UNI9UE PARK ‘18」
レポート
2018.12.19
この記事のカテゴリー |  イベント | 

「niko and ... UNI9UE PARK ‘18」

大都会で楽しむ!niko and ... プロデュース、初の音楽フェス


“スタイルエディトリアルブランド”として衣料品だけでなく雑貨や家具、飲食などを展開する「niko and ...(ニコアンド)」。今回、ブランド初の音楽イベント「niko and ... UNI9UE PARK(ユニークパーク) ‘18」が開催された。同ブランドは<衣 食 住 遊 知 健 旅 音 TOKYO>をテーマとする「uni9ue SENSES」を提案しており、今回のイベントはそれを体感できる場として企画された。

2018年10月13日(土)と14日(日)の2日間構成で、合計11組のアーティストが出演する他、「niko and ... COFFEE」や「AND THE FRIET」などの飲食店5店舗やRIP SLYMEのPES氏の書き下ろしデザインを使用したフレグランスブランド「PADROL(パドロール)」などの雑貨・衣料品店舗も出店。その他にスラックラインやボルダリングなどのアクティビティも設置された。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
メイン会場の外に設置された飲食店や雑貨などのブース。入場券を持っていなくても誰でも参加できる。正面には東京タワーが見え、写真を撮る人も。

会場は2017年にグッドデザイン賞を受賞した「品川シーズンテラス」。JR品川駅から徒歩6分に位置し、22の店舗とオフィスが入る地上32階、地下1階のビルで、今回のイベントが行われた広場では「ナイトヨガ」や「野外上映会」など周辺オフィスワーカーやファミリーなど幅広いターゲットへ向けたイベントが定期的に開催されている。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
品川駅から徒歩6分の会場。周りには高層ビルが立ち並ぶ。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
敷地内には緑が多く、座って休めるスペースも多い。近年では人気アイドルグループのミュージックビデオのロケ地としても話題になっていた。

「niko and ...」のメインターゲットは20〜30代の男女。特にライフスタイルに対して関心の高い20代後半〜がコアターゲットだ。今回のイベントにも子ども連れで訪れた若いファミリーが非常に多かった。

子どもが思いっきり走り回れて、大人はお酒や食べ物を楽しみながら芝生に座ってライブを観ることができる。イベントは再入場が可能で、椅子に座ってゆっくり休憩したければシーズンテラス館内のカフェの利用も可能だ。野外イベントで懸念されがちなトイレも館内で利用でき、乳幼児連れも安心して参加できる。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
各ブースでは子どもも参加できるワークショップも開催されていた。こちらはカラフルなウインドスピナー。スタンプを押してオリジナルのレインボーフラワーを作ることができる。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
広々とした芝生に座ったり寝転んだり、ハンモックに揺られたりと思い思いの過ごし方でイベントを楽しんでいた。

そんななか、今回の目玉の1つだったのが「アダストリア チャリティーストア」だ。「niko and ...」、「LOWRYS FARM(ローリーズファーム)」、「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」、「studio CLIP(スタディオクリップ)」の過去の商品が最大90%OFFで購入でき、売り上げは西日本で発生した「平成30年7月豪雨」および「平成30年北海道胆振東部地震」の被災者へ寄付される。やはり価格が手頃ということもあり、ブランドのファンと思われる10〜30代の若い層から、上は50代までが商品を両手いっぱいに抱えてレジに向かっていた。1日目は入場料が1,800円(前売料金)と音楽イベントとしては安価だったこともあり(2日目は前売で3,800円)、チャリティーストア目当てに来訪した人もいたと思われる。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
絶えることなく人が出入りしていたチャリティーストア。両手いっぱいに商品を抱えてレジに向かう人も多かった。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
タイムセールにはテントに入りきらない程の人だかりができていた。

「チャリティーストアに関しては特に1日目から好評で、約1万点の在庫を用意していたのにも関わらず、2日目に販売するものが残るのかと心配するほどでした。2日間でほぼほぼ売り切る結果となりました」と言うのはニコアンド営業部ブランドプレスの大塚健太郎さん。1日目も2日目もテントの前に人だかりができるほどの盛り上がりを見せていた。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
オリジナルのイラストが書かれたTシャツ。缶バッチ付きのサコッシュが人気商品。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
スマートフォンケースやリストバンドなど、オリジナルグッズも豊富に用意されていた。

イベントのオフィシャルグッズも人気で、「niko and ...」のロゴ入りサコッシュはカラーによっては売り切れになったものも。「niko and ...」のブースでも買い物を楽しむ人達が多く、パンパンに詰められたブランドロゴ入りの大きなショッパーを持っている姿が印象的だった。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
スラックラインやボルダリングなど、子どもも大人も楽しめるアクティビティ。過剰な待ち時間などもなく、子ども達も飽きずに時間を過ごしていた。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
イベントのロゴが設置された芝生ゾーン。傾斜が座ってのんびり話すのにもちょうどいい。ロゴをバックに自撮り写真を撮影する人もいた。

驚いたのは、ほとんどの人がイベント開始時間の10時から終了時間まで飽きる様子がなく過ごしていたことだった。買い物や食事、そしてライブなど、要素は色々とあるものの規模としては決して大きくなく、朝から晩まで過ごすには退屈するのではないかと、取材開始時には考えていた。しかし、実際に取材を進め参加者の声なども聞いていると、参加者がそれぞれの楽しみ方で、非常にリラックスしてイベントを楽しんでいるのを感じた。実際に1人での参加者も多く、ライブの合間には買い物を楽しんだり、芝生でドリンクを飲みながらイベント風景をSNSにアップしているといった姿が見られた

確かに、芝生に座って会場を見渡すと、芝生のすぐ向こう側には高層ビルが並ぶ都会的な風景が見え、それがなんとも贅沢な気持ちで居心地が良い。また、品川というアクセスの良さから、日曜日の夜でもすぐに帰ることができるのも安心感がある。翌日の月曜日から出勤を控える若い会社員だけでなく、子連れにもこのアクセスの良さは好評だった。当日券の売れ行きも好調だったという。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
来場者の目当ては、やはり各出演ミュージシャン。写真は「Awesome City Club」(写真提供:株式会社アダストリア)。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
イベント終盤に登場した、GAKU-MC率いるアカリトライブ。軽快なMCと都会的なサウンドで会場を盛り上げていた(写真提供:株式会社アダストリア)。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
芝生に座ってゆっくり音楽を楽しむ人もいたが、多くの来場者はライブがスタートするとステージ周辺に集まり、出演者と一緒になって体を動かしていた(写真提供:株式会社アダストリア)。

今回のイベントは、ブランドや出演アーティストのSNSでの告知がきっかけで訪れた人が多かったようだ。ブランドと出演者の親和性が高かったのか、片方だけが目的というよりは「両方好きで来ました!」という声が多いのも特徴的だった。またアパレル関係者と思われる参加者も多く、「あの人おしゃれだね」などと友達同士で話す声も聞こえ、来場者のファッションを楽しんでいる様子も見られた。

ブランドプレスの大塚さんに今回のイベントについて伺ったところ、「アーティストのパフォーマンスはもちろん、協賛のブースやワークショップ、アクティビティやチャリティーストアなど、それぞれのコンテンツでお客様が思い思いに楽しく過ごされていたのが印象的でした。また、イベントを開催したことで色々な発見があり、お客様とブランドを繋ぐ貴重な場になるのではないかと思っています」とのこと。

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
芝生で寝転びながら、すぐ側の高層ビルや東京タワーを眺めることのできる贅沢な空間。

「niko and ...」の母体である株式会社アダストリアは、昨年2017年にも「RAGEBLUE(レイジブルー)」主催の音楽イベントを開催。また、サッカーチームや飲食店とのコラボレーション、大学でのイベント開催、地方のローカルイベントや施設への協賛など、ファッションを軸に幅広い角度からライフスタイルの提案を行っている。コーポレート・スローガンに「Play fashion!」を掲げているように、お客様がどうすればファッションを楽しみ、ブランドのファンになってくれるかということを、会社も一体となって楽しみながら模索しているように感じる

ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
ステージ脇の星の形のライティング。ちょっとした撮影スポットになっていた。
ACROSS,アクロス,ストリートファッションマーケティング,アクロスレポート,niko and,uni9ue park,uni9ue sences,品川,品川シーズンテラス,アダストリア,チャリティーストア,音楽,音楽フェス,ストレイテナー,雨のパレード,オーサムシティクラブ,都会,PADROL,PES,SIRUP,AWSOME CITY CLUB,Opus Inn,アカリトライブ,SCOOBIE DO,ニコアンド,インテリア,ローリーズファーム,グローバルワーク,野外イベント,公園,ブランド,アパレル,東京
夕方以降になると更に人は増え、お酒を飲んだり写真をSNSへ投稿したりとそれぞれの楽しみ方で時間を過ごしていた。

芝生に座って音楽や飲食を楽しみながらゆったりと過ごす。大都会にいながらにして体験できるそんな贅沢さが大きな魅力だと感じたイベントだった。

【取材・文:堀坂有紀(『ACROSS』編集部)】

  来場者ミニインタビューはこちら↓
(左)モモカさん(26才・アパレル販売)、(右)ジュニヤさん(39才・アパレル本社勤務)
インタビューはこちら
(左)サキさん(28才・医療関係)、(右)ナルミさん(28才・医療関係)
インタビューはこちら
(左から時計回りに)マサルさん(34才・会社員)、ユウコさん(35才・主婦)、メイさん(9才)、ハナエさん(6才)
インタビューはこちら


同じキーワードの記事