ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
定点観測
report : 2019 | 
03 / 02

#459 | 実施日 : 2019 / 03 / 02 | 最高気温 : 14.7 | 最低気温 : 6.4 | 天候 : 晴

第459回 プレ「定点観測」レポート

ポイントは“ヌケ感”。テン年代のファッションを牽引してきたスニーカーのトレンドはひと段落か。

2019年3月のテーマは、「女性ショートブーツ。うち、黒いショートブーツ」、「シャカシャカ素材アウター」、「ベージュのビッグ&ロングコート」の3つ。

定点観測,ストリートファッション,ストリートスナップ,ファッションスナップ,across,アクロス,streetsnap,東京,tokyo,渋谷,shibuya,新宿,shinjuku,原宿,harajuku,fashion,snap,street,street,style,street style,ゆるパンツ,ワイドパンツ,ゆったり,スニーカー,ライダース,レザー,コンサバ,ギャル,ストーンウォッシュ,ガウチョパンツ,太パンツ,バギー,ボリューム,ボトムス,ガウン,ローブ,チェスターコート,ショップコート,軽快,アクティブ,マキシ丈スカート,ジーンズ,70年代,ストリート,定番,ノームコア,インタビュー,スタンダード,ベーシック,シンプル,白トップス,デザイントップス,白,ベーシック,ノームコア,ダウン,フライトキャップ,ブロックカラー,ヘア,カラー,ネオンカラー,ショートブーツ,黒,レザーブーツ

あっという間に今年ももう3月。毎年このシーズンは、卒業&就職、入学、転勤など、ライフステージが変わる人も少なくなく、ストリートには“新しい東京人”がストリートに増え、広義のトレンドにも変化がある時期でもある。

そんななか、昨日までのプレサーベイを経て、「女性のショートブーツ・ルック」をメインのトレンド(カウントアイテム)として注目することにした。

「ショートブーツ」というと、アイテム的にはとっても“今さら感”があるが、ここでのポイントは、ビッグシルエット/ロング丈のアウターが主流の重ためのトレンドに対して、季節の代わり目の2〜3月、足元にヌケ感、軽さがあるシルエット/スタイリングへと変化しつつあること。

たとえば、いちばん上の写真のように、ややクロップトのパンツ(デニムのカットオフが増えている)にサイドゴアブーツでヌケ感を演出していたり、真ん中のチェックのパンツの女性のように、テーパードしたパンツのシルエットの延長として、スニーカーではなくレザーブーツを合わしてシャープにしたり。

また、足首見せ≒肌見せでヌケ感を出したり、ティーンズに多い思いっきり足を出して足元にボリュームを持ってきてアニメっぽいシルエットにするなど、いろんなバランス感の調整ポイントになっているようだ。

ちなみに、過去の定点観測を振り返ってみると、00年代以降は、2007年1月に「女性ショートブーツ」2008年9月に「女性ブーツ、うちショートブーツ」2009年11月に「男性足首見せ」2010年12月には、「女性ショートブーツ、うち、ブーティ」2013年2月に「女性黒足(ここでは黒タイツにブーツという組み合わせも)」など何回か取り上げているが、テン年代に入ってからは久しぶり。

これは、おそらく、テン年代の人びとの足元が、デザインや機能などが多様になった/またはレトロ回帰も含め、スニーカーが主流となっていたのかという気づきにも。

ということで、渋谷、原宿、新宿各地点の「女性のショートブーツ・ルック」のようす=速報は8日(金)未明に公開するので、お楽しみに。
 
定点観測,ストリートファッション,ストリートスナップ,ファッションスナップ,across,アクロス,streetsnap,東京,tokyo,渋谷,shibuya,新宿,shinjuku,原宿,harajuku,fashion,snap,street,street,style,street style,ゆるパンツ,ワイドパンツ,ゆったり,スカンツ,マキシスカート,ロングスカート,スニーカー,ゴム底,運動靴,Gジャン,デニム,ジャケット,ブルゾン,ライダース,レザー,フェイクレザー,お揃い,ペアルック,コンサバ,ギャル,ストーンウォッシュ,ガウチョパンツ,太パンツ,バギー,ボリューム,ボトムス,ガウン,ローブ,チェスターコート,ショップコート,軽快,アクティブ,マキシ丈スカート,ジーンズ,70年代,ストリート,定番,ノームコア,インタビュー,ドロップショルダー,スタンダード,ベーシック,シンプル,白トップス,デザイントップス,白,ベーシック,ノームコア,ほんとうの若者,太パンツ,バギー,ワイドパンツ
ファッション業界人やヘアメイク関係の人に多いポイント・ブロックカラー・ヘア。シルバー系や寒色系に加え、秋冬になりピンク系も増えている。写真左から:「中国にハマっている」というファッションライターのY子さん/2018年1月)/サロンワークだけに留まらない美容師をめざしている美容系の専門学校生(2018年11月)/新宿のセレクトショップ「THE FOUR-EYED」が好きという彼女。ニース・ナイアーノパンツにYプロジェクトのベルトと新進気鋭のデザイナーブランドが好きなフリーター(2018年7月)/スタイリストのアシスタントの女性(2018年1月)。

●ズームアップアイテム1:シャカシャカ素材アウター 

1つ目のズームアップアイテムはこちら。

まずは、下の写真を見て欲しい。ざっと分かりやすいものを、、、と思い、定点観測の写真からピックアップしたら、スポーツアウターっぽい雰囲気のものばかりになってしまったのだが、ここに、シャカシャカ爪でこすると音がしそうなナイロン、ポリエステル混紡の素材を用いたアウターを着用する人が増えているので、今回取り上げることにした。

着用されている印象としては、スポーティ、コンフォート、レインコートまでの防水性はないものの、軽量で機能的に優れているようなハイテク感が感じられることで、いわゆるテン年代以降浮上している男性の1つのファッショントライブ(価値観と着用するアイテムの関係性で括られるグループ)に支持されるトレンドアイテム(素材)ともいえそうだ。

一方、今秋冬のアウターを振り返ってみると、シーズン当初は、ボア/モフモフといった表面がモコモコ立体的になっているものに始まり、真冬はダウン、そして2年越しのニットのトレンドがある程度行き渡り、いよいよ春夏を目前にして、ナイロン/ポリエステルといった軽くて発色が(比較的)いい化学繊維/ナイロン/ポリエステル混紡などアウターへとシフトしているのでは、という考察も。

ということで、速報は8日(金)、着用していた人のディープなインタビューは15日(金)未明に公開を予定しているのでお楽しみに。


  *            *           *

 
定点観測,ストリートファッション,ストリートスナップ,ファッションスナップ,across,アクロス,streetsnap,東京,tokyo,渋谷,shibuya,新宿,shinjuku,原宿,harajuku,fashion,snap,street,street,style,street style,ゆるパンツ,ワイドパンツ,ゆったり,スカンツ,マキシスカート,ロングスカート,スニーカー,ゴム底,運動靴,Gジャン,デニム,ジャケット,ブルゾン,ライダース,レザー,フェイクレザー,お揃い,ペアルック,コンサバ,ギャル,ストーンウォッシュ,ガウチョパンツ,太パンツ,バギー,ボリューム,ボトムス,ガウン,ローブ,チェスターコート,ショップコート,軽快,アクティブ,マキシ丈スカート,ジーンズ,70年代,ストリート,定番,ノームコア,インタビュー,ドロップショルダー,スタンダード,ベーシック,シンプル,白トップス,デザイントップス,白,ベーシック,ノームコア,ほんとうの若者,太パンツ,バギー,ワイドパンツ,フライトキャップ,帽子,もふもふ
左から、2018年11月、2018年12月、2018年1月のそれぞれの「定点観測」にてインタビューさせていただいた方たち。
 
●ズームアップアイテム2: ベージュのビッグ&ロングコート
 
2つ目のズームアップアイテムはこちら。
 
どちらかというと男子に多いのですが、対象は男女。ズームアップ1との連関からすると、“表面がスムーズ”な素材のアウターということになるだろうか。
 
デザインのポイントは、トレンチコートやステンカラーコートといったふつうのコートのサイズが超ビッグ、丈がメチャ長いという、路上/街中で見ると、面積が大きめで存在感ある(コートが歩いているような印象!)スタイルをする男女が増えてきたので注目&記録することにした。
 
写真は、過去の定点観測のからピックアップしたのが、全体的に2019年梅春は、もっともっと丈が長く、身幅も広いビッグ&ロングなものを着用している。
 
一方、いちばん右の写真は1984年1月に撮影した定点観測から。場所は渋谷パルコ。背景には、ユーミンの名アルバムの文字が! 彼くらい、まるでマントのような雰囲気の人を見つけたい!と渋谷、原宿、新宿のそれぞれの路上に向かったが、さて出会えたか!?
 
ということで、8日(金)の速報、着用者へのインタビューは翌15日金曜日の予定。お楽しみに!
 
                              *                                     *                                    *

[文責:高野公三子]


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事
YOOX.COM(ユークス)