コンテンツメニュー
「わたしとコートと□展」presented by みなとコオフク塾。
レポート
2020.02.05
この記事のカテゴリー |  イベント |   ファッション | 

「わたしとコートと□展」presented by みなとコオフク塾。

“着る人“と“着せる人“をつなぐ服。

心と身体が喜ぶ、アイデンティティとしての“ファッションの力“にもっと注目しよう。

コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
「わたしとコートと□展」は、一般の人も参加可能。日々さり気なくモノとしてしか向かっていなかった“わたし“との関係性を振り返るいい企画だ。
『わたしとコートと□展』(2020年2月1日〜2月6日)は、任意団体コオフクによるプロジェクト「みなとコオフク塾」の最終成果発表として行われた展示だ。初日の2月1日土曜日、プロジェクトの参加者によるファッションショートークイベントが、ワールド北青山ビルで開かれた。

*     *     *


コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
北青山にあるワールドのビルの1Fが会場。土曜日にも関わらず、企業関係者なども含み、たくさんの人が集まった。

障がい者のための、ではなく、
心も身体もワクワクするファッションの自由がある社会に。

「コオフク」は、プリンシパル(代表)の西村佳子さんが、“車椅子など、身体に障がいがあるとおしゃれを楽しめない”とう状況が10年たっても変わっていないことに疑問を持ち、”誰もが自分らしくファッションでワクワクできる社会を作りたい”と2016年に立ち上げた任意団体だ。

障がい者にとって機能面で優れただけの”機能服”ではなく、あくまで“心と身体が喜ぶ自己表現“として、“アイデンティティとしてのファッション”を提供したいという意志で取り組んできた。名称のコオフクは「CO-FUKU」という造語で、「CO(共同、相互)服 」「考服」「幸福」の意味が込められているのだそうだ。

「みなとコオフク塾」は、国際色豊かな港区で、障がい者が抱えるファッションにまつわる悩みを理解し、具体的な解決策を考えるプロジェクト。2019年9月から4回のワークショップを行い、障がい者と服飾関係企業や学生の参加メンバーが一緒にチームを作り、既成のコートを起点に、実際に着用した時の課題を抽出し、課題を解決するデザインを施し、理想のコートを作りあげた。

アパレルメーカーの株式会社ワールド(グループコミュニケーション部)が、協力し制作を行なっており、メンズは「ザ ショップ TK」、レディスは「オペーク ドット クリップ」のブランドのコートと、工場などから出た布や服資材を使ってリメイクを行なった。

開会の挨拶で、西村さんから「自分らしく貢献する」姿勢で今日この場にいる人たちも当事者として考えて欲しいという投げかけから、『わたしとコートと□展』はスタートした。それは社会課題に対峙した時、傍観者から当事者になるためのスタンスでもある。
 
*     *     *
 
コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
着る人=当事者に寄り添って、ていねいにヒアリングをして書き込んだデザイン画(上)。気づかなかった“困りごと”がハッピーに転換した発表会のようす(下)。

第1部:成果発表ファッションショー
5チームによる5通りの答え。

1  TEAM FIKA「女の子の秘密のポケット」:

最初に登場したのは、スタイリッシュな車椅子を颯爽と操り、ファー付の黒のロングダウンコートを着たふみちゃんとほこちゃん。ほこちゃんは、エレガントなコートを着たいと思っていたが、丈の長いコートは地面を引きずってしまったり、ポケットが付いている便利なアウターはカジュアルなものしか選べないという悩みがあったそう。

そこでコートの裾を折り返して裾除けをつけ丈を短くし、コートの内側に大小のポケットをつけ収納ができるように解決した。「ポケットがたくさんあってとても着やすいです。自分の困っていることをみんなで考えてリデザインできたプロセスも含めて嬉しく着られるコートです」とほこちゃんが誇らしく語ってくれた。

「今回コートを着る願いが叶ってちょっと勇気がでた。今度はウエディングドレスを着たいという夢を叶えたい」とはにかみなかが話してくれたのが印象的だった。

 
コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
着る人だけでなく、着せる人にとってもハッピーな服。当事者はサポートをしてくれる人にやはりどこか遠慮していて伝えていない気持ちがあったということにも改めて気づく瞬間も。
コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
商業施設には洋服のお店が溢れているのに、障がいのある人たちの選択肢はまだまだ少ないという現状も。機能面だけでなく、気分やTPOで選んで毎日の暮らしがハッピーになる、それがファッションの醍醐味だ。
2 TEAM AVENGERS「着る人と着せる人、二人が楽しい服」

障がい者の生活には、本人だけでなく、介助をする人が存在する。
一緒に生活を共にするパートナーだからこそ、お互いにとって着やすい服という視点もとても大切だ。

けんとさんのサポートをするお母さんにとっても、着せることが楽しくなることを考えて作られたコート。
車椅子に座っている状態でも着せやすくするために背中心にインパーテッドタックをつけて稼働性を確保、男性がトイレで用を足しやすい様に前裾をめくって留めるバックルやペットボトルを携帯しやすい様にペッドボトルを留める金具が取り付けられている。「ふだんはトイレの問題でお尻が隠れる丈のコートは選べない。私も楽になります」とお母様。 

コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
「なるほど!」と観客席から感嘆の声があがった、“車椅子はあんがい冷える”という事実。後ろ前にしてひざ掛けのようにも着られるという眼からウロコのコートに出会えてにっこり。
 3 TEAM DIAMOND「車イスって想像以上に寒いんです」

さえさんが一度着てみたかったという真っ白なもこもこのボアコート。

体を起こすことが難しい。その課題から、体を起こさなくても着ることのできる前後を逆転させるデザインのアイデアがうまれた。3WAYになっており、通常のロングコート、下部を切り離したショートコート、後ろ見頃が前見頃になるのートの3パターンで着ることができる。袖口が汚れてもいいように別布で作った取り外し可能なアームカバーも工夫されている。冬の寒さから守り、もっと外出したくなる体も心も温かくなるコートだ。

 
コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
「着たかったかわいいコートが着られて嬉しいです」とかなえさん。
4 TEAM ONIKU「私らしく、かわいらしく」。

いつだって、可愛い服が好き。そんな純粋な女子の想いを全部詰め込んだコート。
丈が長いと背中がもたつく悩みは、お尻の部分だけを短くショート丈にすることで解決、前合わせが開いて風が入る悩みは、前たてのパーツををつけて寒くない工夫をし、そしてパーツを取り外せば膝掛けに早変わりして足元を温めてくれる。当日キラキラのネイルアートで指先まで綺麗にしていたオシャレなかなえさんにベージュのファー付きロングコートがぴったりだった。


 
コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
電動車椅子サッカーチームでファシリテーターをしているしょうたろうさん(左)と、繊維商社に勤務している山本さん(右)。
コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
本プロジェクトのキーパーソンの1人、株式会社ワールドグループの特例子会社ワールドビジネスサポートの社員の坂本さん。
 5 TEAM NO SIDE「初めて着る、念願のコート。ONE COAT」。

「車椅子の人はコートなんて着ない」その一言からチームは始まった。本当は着丈の長いコートを着たい。でも今までは諦めていた。障がい者でも健常者でもどちらの側でもなくみんなで1つになって作ろうと決めたチームNO SIDE。

デモンストレーションでは、元々の既成のコートを脱ぐ様子を見せてくれた。想像以上に苦戦し、時間も3分程かかり、着脱がハードルが高いことであると気付かされた。車椅子に乗った座った姿勢であるに加え、手が不自由な場合もあり、コートを脱ぐための体の姿勢移動が難しい。実際に見て初めてわかった事実だった。

リデザインされたコートは、課題への答えが明確だ。着脱し辛いという課題には、両袖、両脇、背中の3箇所にファスターをつけ、ゆとりを作り着脱しやすくした。丈の長いコートは後ろ身頃に余分な布が溜まってしまい違和感があるという課題には、外側に折り上げ収納できるようにすることで見た目もオシャレにもたつきを解消。

背面は熱がこもって暑くなるといという課題には、背中心のファスナー奥にストレッチメッシュを縫い込み、体温調整を可能にした。さらに、急な雨の時に両手がふさがってしまう車椅子ユーザーの悩みに応え、後ろ見頃をフードになるようにデザインを施した。着せる人にもわかりやすいようにという配慮から、アレンジ用の箇所のスナップボタンはわかりやすいように色を変える配慮も取り入れられた。

それを着た山本さんは「本当はビジネスでも使えるフォーマルなコートが欲しいと思っていた。これならきちんと見える」、しょうたろうさんは「初対面の人にも着せてもらうことがあるから、着せる人にも気兼ねしなくてもいい着せやすいコートは嬉しい」と教えてくれた。


本当に欲しいコート、みんながハッピーな1着が
デザインによって解決した!

リデザインされたコートは、今回、車椅子ユーザーにとっての本当に欲しい理想を叶えたコートとして確かに存在していた。裏を返せば、今まで車椅子ユーザーは悩みへの解決がほとんどなされず、“ファッション“として楽しむチャンスがなかったともいえ、本プロジェクトは、デザインと想像力があれば、機能性も見た目も着心地も、さらに着せる人もみんなをハッピーにすることができると証明して見せたといえるだろう。

そして、この意義のあるプロジェクトは、実にさまざまな人の力で成り立っており、障がい者が従業員としていっしょに働く(株)ワールドの特例子会社ワールドビジネスサポートで企画を推進したリーダーの坂本さんもその1人。

「ワークショップ初日、緊張でこわばった面持ちの参加者が、コート選びをするところから空気が変わりはじめた。これが可愛いとか、どうしたらこのコートをオシャレにできるかとか、服を真ん中に挟んで話が始まった。笑顔が増えて、ワクワクした顔になっていった。ファッションの力がすごいと改めて感じた瞬間だった。改めて課題は希望に変えられると信じている」と力強く語ってくれた。

  *     *     *

コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
第2部のトークイベントでは、イオンモール、丸井グループ、東急不動産など大手ディベロッパーの担当者らが登壇。商業施設の立場からのインクルージョンの実態について共有した。

第2部:トークセッション: 商業施設、売場づくりに必要なのは、 お客様/ユーザーとなる“当事者“とのコミュニケーション。

商業施設の売場作りにおけるバリアフリーの取り組みについて、イオンモール株式会社や丸井グループ、東急不動産など大手デベロッパー3社の担当者が登壇した。

見やすいサイン、誰でもトイレ、エレベーター内の腰かけ、広いフィッティングルームなど、各社ユニバーサルデザインに対する施設改善の取り組みは当然各社で行なわれているが、その中で見えてきたキーワードは「対話」だ。

埼玉県の「越谷レイクタウン」では定期的に各障がい者団体とのタウンミーティングを実施し、具体的な施設づくりに役立てているという。

「博多マルイ」では開業前に障がい者とのワークショップで施設づくりを行ない、その取り組みが集客につながったのだそうだ。

2019年冬に開業した「渋谷フクラス(旧東急プラザ渋谷)」は、1階に多様性社会のプロトタイプとして観光案内所を設置。当初、観光目的の外国人がメインと想定していたが、実際には、日本に住む外国人や日本人の高齢者の数も少なくないというから、想定外の“個別具体的な困りごと”には、人による丁寧なコミュニケーションが求められているともいえそうだ。

ディベロッパーに限らず、各産業界では、いま改めてダイバーシティ、ユニバーサル、インクルージョン、SDGsなどといったキーワードを掲げた意識改革・構造改革を推進中だ。大規模再開発で新設ラッシュの都心部の大型複合商業施設に求められているのは、当事者らに寄り添って丁寧なコミュニケーションを通して、1つひとつ気づき、学ぶことなのかもしれない。

*     *     *

コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
コオフク塾の塾長、西村佳子さん。

西村さんが考える、未来の「コオフク」とは。

任意団体コオフクの西村さんにこの活動の理由とこの先のビジョンいついて伺った。西村さんは、1988年のキャリアのスタートからグローバルなアパレル企業に携わり、㈱ファイブフォックス、㈱ファーストリテイリングを経て現在も某グローバル企業で勤務中。並行して2016年より任意団体コオフクの活動をスタート。ファッションの力を信じている人だ。

ー任意団体コオフクの活動を行なったきかっけは?

「車椅子だとオシャレはできない」というつぶやきをすごく昔に一度聞き、たまたま、その10年後に同じ言葉を聞き、車椅子ユーザーのファッションに関して、変わらない現状を知り、心に火がついたんです。「服を着る瞬間はワクワクしたいのにワクワクできないはおかしい。変えたいと思ったのが始まりです。

“着やすい服”の意味は、当事者の心も身体も着やすいという意味。そういう服を作りたい、といろんな方に相談し、現在会社員をしながら活動をしています。実際に「コオフク」では、車椅子ユーザーの困りごとを解決する服を考案し、オーダーメイドで受注・販売しています。



ーこれからのコオフクの活動のビジョンは?

バリアフリーなんて言葉がなくなる社会、当たり前に助け合う社会を作りたいです。活動を通して、まずは関心がない人に関心を持ってもらい、考えるきっかけ作りをしたいです。障がい者と知ると、思考停止になったり、偽善者的になったり、どうしたら良いのか戸惑う人もいるかもしれません。私は障がいを単なる事実として受け止め、みんなの問題として考え、1つひとつ超えていけばいいと考えています。

「コオフク」のワークショップはこれからも続けていき、関わる人を増やしていきます。直近では、渋谷でのプロジェクトが進行中です。ゆくゆくは海外での取り組みも考えてみたいですね。

*     *     *

コオフク,コオフク塾,障がい,障がい者,車椅子,身体,ファッション,任意団体,プロジェクト,ワークショップ,アダストリア,ユニクロ,ファーストリテーリング,イケア,イオンモール,丸井グループ,インクルージョン,ダイバーシティ,マルイ,東急不動産,みなとコオフク塾,考服,幸福,チーム,理解m課題,デザイン,理想,コート,アウター,心,身体,機能服,自己表現,アイデンティティ,タケオキクチ,TK,ティーケー,CO,メンバー,貢献,お母さん,ハンディキャップ,社会貢献,オペーク,ワールド,協力,ファッションショー,グループコミュニケーション部,サスティナブル,サスティナビリティ,SDGs,FIKA,エレガント,仕事着,きちんとした,知的障がい,しぶや,渋谷,シブヤ,パルコ,ワクワク,着用,着る人,着せる人,わたし,向き合う,
今回、戸板女子短期大学の学生らがいっしょにWSに参加。「いままで気づかなかったことがたくさんありました」「今後手話を勉強したくなりました」と話す。

着る人、着せる人をつなぐ服「私たちと一緒だね」

準備や実施まではいつもたいへんだと話す西村さん。しかし、終了後、やって良かったな、といつも実感するのは、参加者やその親御さんたちの嬉しいひと言だと話す。

一昨年、株式会社アダストリアや渋谷区、女子高校生らといしょにWS「コオフク塾 in シブヤ2018」を実施したときのことだ。

あるチームでは、知的障がいのある女の子がメンバーで、発話をすることができないため、会話はお母さんを通し、指を使った“指談”で行われていた。これまで、オシャレについてあまり語ってこなかったその子も理想の服についての希望が溢れて会話が盛り上がった。

そして、ワークショップの帰り際、同じチームだった同世代の女子学生が何気なく発した「(その子も)私たちと一緒だね」ということばがお母さんには、とびきり嬉しかったのだそう。かわいくなりたい、オシャレをしたい気持ちは一緒。純粋な感情に、障がいのあるなしは関係ない。

今回のワークショップでも、発話ができず指談で会話するさえちゃんがいた。一緒のチームだった女子大生の播磨さんはどんな感想を持ったのだろう。

 
「もともと同世代の車椅子の女の子がおしゃれで悩んでいるなんて知りませんでした。今回のプロジェクトを通して、いっしょに考える事ができてとても楽しかったし、自分でも役に立てるんだと思えたのが嬉しかったです。想いが伝わると知って、手話も勉強してみたいと思いました」と変化が生まれていた(播磨さん)。

「このプロジェクトがあったから、服を真ん中にして繋がり、お互いを知る事ができた」というのは、参加した全員が共通して感じた気持ちのようだ。

着る人と着せる人、そして作る人。互いの気持ちを理解し、課題に気づき、考えるきっかけとなったプロジェクトだった。1人の問題ではなく、みんなの問題として捉え、小さな課題解決を積み重ねれば、個人が変わり、社会も変わる。
 
[取材/文:Emi Ota(ライター)]


 『わたしとコートと□展』

・2020年2月1日(土)-2月6日(木)6日間 入場無料 東京都港区北青山3-5-10 ワールド北青山ビル1F
・主催:任意団体コオフク
・協力:(株)ワールド、戸坂女子短期大学、YKKスナップファスター(株)、BOLDMAN(株)、(株)Newdriph、(株)ジェネラルクリエーション、(株)ヨシズカシステムプロダクト、(株)七彩、(株)トリコインダストリーズ、Fashion Studies
・後援:港区
 
 *   *   *
 
●2月1日(土)
14:00-15:00 成果発表 (ファッションショー)
15:15-16:15 「SOuDAN #022買い手目線のバリアフリー」
登壇者
イオンモール㈱ 甲府昭和ゼネラルマネージャー 東朋浩氏
㈱丸井グループ サステナビリティ部 ダイバーシティ&インクルージョン推進担当 井上道博氏
東急不動産㈱ 都市事業本部 商業施設開発部 若津宇宙氏
16:30-17:00 「みなとコオフク塾」修了書授与式 株式会社ワールド 代表取締役 社長執行役員 上山 健二様よりご挨拶
 
●2月2日(日)
13:00-16:00 ダイバーシティワークショップ(視覚の障がいを体感し、共に考えます。)
各回3名(3組) 応募者多数の場合は、抽選になります。
①13:00-13:15 ②13:30-13:45 ③14:00-14:15 ④14:30-14:45 ⑤15:00-15:15 ⑥15:30-15:45
 
*ダイバーシティワークショップ メニュー
・「みえないデザインと 」おと・におい・ひかり・かぜ・ねつ -“五感”を感じながら鑑賞。
・ふだんと違う目線で ー車いすに乗って、作品を鑑賞。
・手触りで -視覚情報がない状態で、カタチ、縫製、生地、副資材に実際に手に触れて鑑賞。
・そして、活字で参加 ーあなたのコートの思い出をおしえてください。
 


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事
ホワイトデイ2/14~
YOOX.COM(ユークス)