ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
シティチャネル

シティチャネル

レポート
その他
2002.02.09
この記事のカテゴリー |  メディア | 

京王井の頭線・神泉駅構内のCVSの窓にあるのは、透明なスクリーン型テレビ?

これは、(株)NTTデータなど5社が共同出資して設立した(株)シティチャネルが運営する『シティチャネル』という新種の広告媒体。専用コンテンツが同社のサーバーから各店舗に設置したスクリーンに配信されるという仕組みで、回線はもちろんブロードバンド。

「立地が良く、集客力があり、広告商品がすぐに買え、POSデータでの管理も可能…という魅力的な要素が揃うCVSの店頭からはじめてみました」と代表取締役の福本さん。コンテンツのメインは広告だが、ニュースなどの文字情報も配信しており、将来的には設置地域に密着した情報も提供していくそうだ。

同社はこれを“ストリート・メディア”と位置づけているが、残念ながら現段階では“街角TV”という印象が否めない。古くは看板や壁、今では大中小のLEDがあちこちに設置される渋谷の街は、どうも“勘違いの情報発信基地”へと進化しているようだ。00年以来、メディアの概念の崩壊と迷走は続く…。

全文を読む
同じカテゴリの記事