ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
SHIBUYA  G-SHOCK  MEDIA

SHIBUYA G-SHOCK MEDIA

レポート
その他
2001.10.27
この記事のカテゴリー |  メディア | 

9月21日、道玄坂下交差点に5.0m×3.7mのG-SHOCKの文字盤がお目見えした。来年G-SHOCK 1号機発売20年目を迎えるにあたっての記念イベント第一弾で、占いやヒットチャートなどの配信も行う一種の“メディア”なのである。

「ターゲットは今の若者たちです」とカシオ計算機(株)広報部の加藤さん。G-SHOCKといえば、93〜94年頃、その耐久性とゴツいデザインを“カワイイ”とする新しい感覚を正当化した象徴的な商品。その担い手となったのは、“渋カジ”が進化した“ダボカジ”などのストリート系の若者たち=広義の団塊ジュニア世代であったことはいうまでもないだろう。

その後97〜98年にピークを迎えたG-SHOCK。まもなく30代となる団塊ジュニアに向け今一度アピールしたい、と27日には“大人の女性”に向けた新商品G-msを発売する。

新旧異なる世代がターゲット。その背景には、いよいよ“テイスト”というマーケティングのセオリーが具現化しているのを感じる。

全文を読む
同じカテゴリの記事