ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
GARAGE神南店

GARAGE神南店

レポート
ファッション
2002.11.16
この記事のカテゴリー |  ファッション | 

タミヤとのコラボ商品、「キットデニム」。
Tシャツとジーンズ、型紙とタミヤの
塗料スプレーがセットになっており、
自分でペイントしてカスタムできる。
9月5日、渋谷区神南に、セレクトショップ『GARAGE(ガラージュ)神南店』がオープンした。経営するのはエーグルやクロコダイル、ヒロミチ バイ ヒロミチナカノなどのブランドを扱う、アパレルメーカーのヤマトインターナショナル(株)である。

店名どおり、外観だけでなく、内装もシルバーを基調としたガレージ風の作り。約25坪の店内には、同社が手掛けるメンズブランド「NO CONCEPT BUT GOOD SENSE」のウェアを中心に、靴やアクセサリー、文房具、家具や家電など、幅広いアイテムが所狭しと並んでいる。

「コンセプトは大人のおもちゃ箱。デザイナーがプラモデル好きだったということもあり、以前から明治通りの旗艦店ではタミヤとコラボレートした商品を展開していたんです。今回のショップはその集大成ですね」と、プレスの笠原礼子さん。

他にもセレクトのひとつとしてタミヤ社のプラモデル、ラジコンなども販売。なんと、コラボレート商品として、デニムとTシャツにタミヤの塗料スプレーがセットになった「キットデニム」を限定で販売したところ、大ヒット。

「メインターゲットは22〜23歳くらいの男性。明治通りの旗艦店よりも1〜2歳高めに設定しました。神南はファッションに関して高感度なエリアなので、雑貨類は多少高価でも上質な商品をセレクトしています」(笠原さん)。

ここ数年、異業種同士がタッグを組んで店舗をプロデュースしたり、商品を開発したりするケースが非常に目立つ。家電や食品、自動車からCM、カフェに至るまで、ありとあらゆる分野においてコラボレーション企画は大ブームだ。もちろん、アパレル業界においても、スタイリストやモデル、ミュージシャンや格闘家などとコラボレートしたブランドがいくつも登場。なかには「コラボ」という名の「限定商品企画」も少なくない中、自分のブランドの持つ「世界観」をよりきちんと表現するためには、他のどのようなブランドとどのようにコラボレーションするのか、という「関係性」が重要なポイントになってきているといえるだろう。

なお、同店は今後もタミヤ社とコラボレートした商品を企画・発売する他、雑貨なども充実させていくそうだ。

■GARAGE 神南店:東京都渋谷区神南1-5-7
 phone:03-3746-5071

全文を読む
同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事