7月15日午前中から
コンテンツメニュー
■都市のコード論:NYC編  vol.04 
レポート
2015.07.24
この記事のカテゴリー |  カルチャー |    | 

■都市のコード論:NYC編 vol.04 "Coffee Shop"の分布からみる都市の構造とライフスタイル

在NYC10年以上のビジネスコンサルタント、Yoshiさんによるまち・ひと・ものとビジネスの考察を「都市のコード論:NYC編」と題し、不定期連載しています。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, coffee shop,コーヒーショップ, coffee, ダンキン, スタバ, star bucks,独立系,コーヒーハウス
凡例:オレンジがマンハッタン、ライトブルーがブルックリン、イエローがクィーンズ

ここ数年、コーヒーの話をよく耳にする。ニューヨークではコーヒーハウスがあちこちでオープンしており、そのなかのいくつかは日本にも出店し、話題となっている。書店でコーヒーが飲めるのは当たり前になり、コーヒーを出すアパレルの店舗も少なくない。

フード・ジャーナリズムとでもいうべきGrub Street(www.grubstreet.com/)は、いつもコーヒーの情報が紹介されている。厳選したコーヒーハウスを集めたアプリもある。だがコーヒーハウス全体のロケーション分布についてはほとんど目にすることがない。そこでマップをつくってみた。

ニューヨーク市保健精神衛生局による市内の全飲食店を対象とした例年の衛生検査の結果が、オープン・データ (https://nycopendata.socrata.com/) として公開されている。

49万行から成るデータセットから「コーヒーハウス」と考えられる店舗を抽出した結果、2015年時点で市内には1,804件の「コーヒーハウス (一部お茶を含む)」 があることがわかった。

市の人口は8.5百万人だ。住民約4,700人あたりに1件のコーヒーハウスがあることになる。ニューヨーク市は5つのボロウ (区) から成り立っている。ボロウ別にみると、コーヒーハウスの半数近くがマンハッタンに集中していることがわかる。 

map
https://fafsp.cartodb.com/viz/f282ca08-1c7d-11e5-8c3a-0e8dde98a187/public_map


<表1. コーヒーハウスの店舗数>
マンハッタン  865件
ブルックリン  429件
クイーンズ   344件
ブロンクス 116件
スタテン島    50件    
------------------------------         
ニューヨーク市 1,804件

人口あたりでみると、最も簡単にコーヒーにありつけるのはマンハッタンで、最も苦労するのはブロンクスだ。人口あたりのマンハッタンのコーヒーハウスの数はブロンクスの6.5倍になる。

マンハッタンは市の中心だ。そこに住んでいなくても、仕事や学校で毎日マンハッタンに通う人は多い。コーヒーハウスの密度が高いのも当然かもしれない。
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, coffee shop,コーヒーショップ, coffee, ダンキン, スタバ, star bucks
ニューヨーク・ミッドタウンは“歩き飲み族“が多い。
 
独立系のコーヒーハウスが増える理由

近年増えているのはインディペンデント (独立系) のコーヒーハウスだ。大規模な展開を行うチェーンとは違い、「クラフト・コーヒー」を標榜し、メニューから店舗のつくりまで、新しい試みに取り組むところが多い。

コーヒーといえばスターバックスを連想する人もいるかもしれないが、ずいぶん前からスタバはコモディティ化しており、“スタバに行かない人”という消費行動グループのマーケティング分析も盛んになっている。その結果、ニューヨーク市ではコーヒーハウスの過半数 (56%) を独立系が占めるようになったともいえる。

イスを置かないイースト・ビレッジのアブラソ (http://www.abraconyc.com/) 」や、缶入りのラテを始めるラ・コロンビ (http://www.lacolombe.com/) 」などは人気のコーヒーハウスだ。

ボロウ別にみると、マンハッタンでの独立系の比率は59%ブルックリンは66%と高い。一方ブロンクスは32%スタテン島は28%と独立系が減り、チェーン比率が一気に高まる。

<表2. 独立系コーヒーハウスの比率>
マンハッタン 59%
ブルックリン 66%
クイーンズ 50%
ブロンクス 32%
スタテン島 28%
---------------------------
ニューヨーク市 56%

map
https://fafsp.cartodb.com/viz/53477c06-1c8f-11e5-bea1-0e5e07bb5d8a/public_map


ニューヨーク市内のコーヒーのチェーン店の98%はスタバとダンキンドーナツが占めている。そこで、今度はスタバダンキンに限定してその分布をみてみよう。

すると、マンハッタンではスタバがチェーン店の60%ダンキンは38%を占めていることがわかった。ところがブルックリンではダンキンの比率が79%に逆転し、クイーンズでは82%、ブロンクスではさらに92%まで高まる。マンハッタン以外のチェーンはほぼダンキンといっていいだろう。同じチェーンとはいっても、ダンキンと比べるとスタバは依然高価なブランドだ。マンハッタン以外で「ダンキン比率」が一気に高まる理由のひとつには、当たり前だが、住民の所得が関係しているのだろう。

<表3. チェーン店舗に占めるダンキンの比率>
マンハッタン 38%
ブルックリン 79%
クイーンズ 82%
ブロンクス 92%
スタテン島 81%
----------------------------
ニューヨーク市 62%
 
map
https://fafsp.cartodb.com/viz/dd14d58a-1c91-11e5-8d6f-0e6e1df11cbf/public_map

 
 

コーヒーハウスが語る街のボーダー

次にそれぞれのボロウ内での分布をみてみよう。同じボロウの中でもそのロケーションや分布は大きく異なる。

マンハッタンは全域でコーヒーハウスが多いが、ダウンタウンはそれぞれ個性のある独立系の店が多く、ミッドタウンはチェーンの比率が高いことがわかる。

高層のオフィスタワーが林立するミッドタウンと、低層中心でスタートアップやデザイン・ビジネスが増えているダウンタウンの性格を反映しているといえるだろう。タイムズ・スクエアやグラウンド・ゼロ近辺のロウワー・マンハッタンなど、観光客が多い場所にはスタバが密集している。なにしろニューヨークには世界中から1年に54百万人が訪れる。いまやグローバル企業であるスタバにとっても大きな商機のはずだ。

ブルックリンはイースト・リバーの東のウォーターフロントで密度が高く、その多くは独立系の店だ。近年さかんに伝えられるブルックリンのイメージと合致するだろう。

ブルックリンの後を追うかのようににわかに注目されるクイーンズも、ロング・アイランド・シティやアストリアなどのイースト・リバー近くに独立系のコーヒーハウスがみられる。

だがブルックリンやクイーンズでは、ウォーターフロントからさらに東へ行くにつれてコーヒーハウスの数は少なくなり、代わりにチェーン店が増えてくる。

趣向をこらした独立系のコーヒーには個性があるが価格は高い。ジェントリフィケーションが加速する一方で、ブルックリンの東部は依然貧しく、生活水準はむしろ悪化しているのが現状だ。独立系店舗とダンキンへの二極化が、ふたつに引き裂かれる今日のブルックリンを示している。

独立系の店舗は互いにひきよせ合うようにクラスターを形成していることが多い。だがブルックリンやクイーンズの東部では、大きな道路沿いにダンキンが一定の間隔をおいて点在する。

ニューヨークは米国で最も自動車に依存しない都市だ。マンハッタンでは世帯の23%しか自動車を保有していない。だがマンハッタンから離れるにつれて自動車の保有率は高くなる。

<表4. 自動車保有率>
マンハッタン 23%
ブルックリン 44%
クイーンズ 64%
ブロンクス 46%
スタテン島 84%
----------------------------------
ニューヨーク市 44%


そして、同じブルックリンやクイーンズの中でも、東に行くほど自動車の保有率が高くなることが統計でわかっている。マンハッタンから離れるほど、自動車中心の「アメリカ」に近づく

チェーン店と自動車には密接な関係があるようだ。「ウォーカブル」なマンハッタンやブルックリンのウォーターフロントに独立系が多いこともそれを示唆している。

「ニューヨーク市内の郊外」といわれるスタテン島にチェーンのコーヒーハウスが多いのも不思議ではない。
 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, coffee shop,コーヒーショップ, coffee, ダンキン, スタバ, star bucks
<NYCのコーヒーハウスの分布:店舗数とブランド(資本)の関係>凡例:キミドリが1店舗のみ、イエローが2〜5店舗展開、ホワイトが6~9店舗、ブルーが10〜199店舗、赤が200店舗。詳しくは本文にあるmapのリンク先へ。
“88%が独立系“というNYCのコーヒーハウスビジネス

コーヒーハウスの分布が教えてくれることはロケーションだけではない。

市内の1,804件のコーヒーハウスは、818種類のブランド/ビジネスが経営している。平均すると、1ブランドあたり2.2件の店舗を展開していることになる。

ところが実際には、1,804件のうち723件は1店舗のみ運営するコーヒーハウスだ。市内に存在する818種類のコーヒー・ブランドのうち、88%は1店舗経営ということになる。

その一方で、スタバとダンキンの2社だけで775店舗を展開し、市内のコーヒーハウスの43%を占める。

市内に展開する店舗数別にブランドの数をみてみると、店舗数が減るにつれて、それを運営するブランドの数が急速に増えていくことがわかる。

<表5. 展開店舗数別のブランドの数>
491店舗    1 (ダンキン)
284店舗    1 (スタバ)
14店舗    1 (バーンズ・アンド・ノーブル)
12店舗    2
 9店舗   1
 7店舗   2
 5店舗   6
 4店舗   9
 3店舗   15
 2店舗   53
 1店舗   723

 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, coffee shop,コーヒーショップ, coffee, ダンキン, スタバ, star bucks
ソーホーとブルックリンに計3店舗運営している“Gimme! coffee”は、毎朝〜夕方まで地元の人で賑わっている。

「多様性と偏り」 が示す、都市生活者(メトロポリタン)像


圧倒的多数のスモール・ビジネスがひしめく一方で、一握りの巨大なプレーヤーが市場の大多数を支配する。

ウェブサイトのアクセス数や投資のリターンなど、およそ社会とよばれるあらゆる局面でこのことは観察されている。ニューヨークのコーヒーハウスにもよく似たことが起きている。

ニューヨークには平均が存在しないとよくいう。「平均的なニューヨーカー」ほど想像しづらいものはない。

もちろん多くの都市で同様の傾向はみられるだろう。だが多くの点で、ニューヨークはその偏りがとりわけ大きい。「多様性と偏り」。これほどニューヨークを適切に表す言葉はないだろう。

個人の富から住民の人種、土地のロットのサイズまで、平均値が意味をなさないのがニューヨークだ。コーヒーハウスの分布も同様の「ニューヨークのふるまい」をみせている。

東京にも同じ傾向がみられるのだろうか。パリはどうだろう。ほかの都市も気になってくる。分布や偏りの特徴に、それぞれの都市の個性をみることができるのかもしれない。
 


 
  
●NYCのCOFFEE SHOPシーンを知るためのガイド
 
The New York Coffee Guide 
(NYCにあるコンサルティング会社Allegra STRATEGIESによるコーヒーガイド。16.99ドルでコーヒーハンドブック2016年版も販売している)

NEW YORK EATER: “25 Outstanding Coffee Shops in New York City”
(NYの食文化関係の情報サイトの特集ページ:NYCは独立系のコーヒーショッップがたくさんあるので、どこがいいのかを探すのが難しい人のためのベスト25ガイド)


 
THRILLIST:”Best 30 Coffee Shops in NYC”
(THEILLISTメディアグループが世界各国約15百万人に対して配信しているニューズレター・メディア(ECも行っている)で、NYCのベスト30のコーヒーショップを紹介している)


“ZAGAT”:“10 Hottest Coffee Shops in NYC”
(ガイドブック“ZAGAT”でも今イケてるコーヒーショップベスト10を紹介)している

 

 

Follow the accident. Fear set plan. (写真をクリックしてください)

初夏の散歩で
[]

初夏の散歩で

日本から遊びにきた友人が、ニューヨークでどこか面白いところはないか、どこに行けばいいのかと聞いてくる。あいにく最新流行やトレンドといったものとは全く縁のない生活を送っているものだから、気の利いたショップやホットな話題を教えたりすることなどできるわけもない。どちらかというとこちらが教えてほしいくらいだ。どう考えても聞く相手を間違っている。 途方に暮れていたら、今度はよく行く場所はどこなのかと聞かれた。なるほど定期的に訪れる場所ならある。それは店のこともあれば、ネイバーフッドだったり、人があまり通らない忘れ去られたような場所だったりするけれど、思い出してはまた戻ってみるのだから、そうした場所を気に入っているということなのかもしれない。 そこにいるのが心地よくずっと時間を過ごすことができる場所や、気がつくとそのあたりを歩いていることが多いところなど、そうした場所を目的もアジェンダもなくただ歩いてみよう。他の人がどう思っているのか、世間の評判などはどうでもいい。自分が好きなのだからそれでいいのだ。いやいや、多くの人がやってくると快適な場所が台無しになってしまう。ひと気が少ないからこそたいていの場所はいいところなのだ。 チャイナタウンから歩き始めよう。 ミゲル・アブレウはチャイナタウンに数年前オープンしたアート・ギャラリーだ。アラン・バディウなど批評家との関係が強いオーナーらしく、理論色の強い硬派のショーも楽しみだし入口近くの書棚に並ぶ本もいいけれど、なにより強い印象を残すのは、がらんとしたそのスペースの広さと南から差し込んでくる白っぽい光だ。夏の午後に思い出しては訪れてみて、西に面した大きな窓から差し込む陽をしばらく眺めてみる。ギャラリーのある四階へと上がるエレベーターは一世紀前のチャイナタウンの建物にふさわしく極端に遅いが、イライラしながら待つ価値はある。 ミゲル・アブレウから通りを隔てた真向かいにあるミルトン・レズニックとパット・パスロフ財団の重い戸を開けて、かつてシナゴーグだった建物の中に入ると再び静寂が戻ってくる。 レズニックがスタジオとして利用し、現在はレズニックの作品が数点展示されている以外ほぼがらんどうの二階でぼうっとする。生産的なことを考えたりしてはいけない、ただこの場所にいるのがいい。ついやってきては長居しがちだが、そのためなのかどうなのか、数日前に再び訪れてみると二階のベンチがなくなっていた。運がよければ、三階のオフィスに残されているレズニックが作業した、今日もそのまま残されている小部屋を見せてくれるかもしれない。 多くのアート・ギャラリーがチェルシーからロウワー・イースト・サイドへと相次いで引っ越したが、ここ数年はその流れがロウワー・イースト・サイドからチャイナタウンにもおし寄せている。ミゲル・アブレウはいかにも雑然としたチャイナタウンのグランド・ストリートから少しだけ入ったところにあり、ギャラリーのロケーションとして悪くはない。 ほぼ中国系の人たちだけが住み、中国系の人たち相手の商店が並んでいたチャイナタウンにくい込んでいるのはアート・ギャラリーだけではない。 アパレルを個人売買するアプリのDepopがそのショップをチャイナタウンのモット・ストリートにオープンしたのはちょうど一年ほど前のこと。この場所には旬のアパレルが入るのが決まりとでもいうわけか、Depopの前には人気のセレクト・ショップがあった。セレクト・ショップの後にDepopとは、ひとつの場所にアパレル周りのビジネス・モデルの変遷をみることさえできる。Depopの後にはどんな業態のアパレルがこの場所を引き継ぐことになるのだろう。 そのセレクト・ショップがモットにオープンしたのは7-8年前のこと (それ以前はマルベリー・ストリートにあった)。チャイナタウンに出店した最初のアパレルだったが、その後そのすぐ隣にカフェがオープンし、周囲でレストランなどのオープンが続いた。いまではその界隈は観光客が集まるレストランやバーが多い。中国系の金物屋がアパレルの店に変わるだけでずいぶん世界が変わるものだ。もちろんどのアパレルでもそうなるわけではないのだが。退屈なブランドの店がソーホーや五番街に漫然とあるのにはウンザリする。 非中国系のビジネスが増える一方で、チャイナタウンでは中国系の住民が減っている。少し前にはチャイナタウンからイースト・ハーレムへと中国系の人たちが流れていると聞いていた。家賃相場もあるのだろうが、地下鉄の6番線一本でチャイナタウンへと通うことができるところがいいらしい。経路依存は意外なところにも働いているものだ。 そうそう、それをいえば、いまやニューヨーク市内最大のチャイナタウンのサンセット・パークにマンハッタンのチャイナタウンから1990年代に人が流れ始めた頃には、地下鉄のN線がマンハッタンのチャイナタウンへと通じていることが、マンハッタンのチャイナタウンに通うのに便利でサンセット・パークに人が集まることになったという。中国では8が縁起のいい数字らしいが、サンセット・パークで所狭しと商店がひしめくのはもちろん八番街だ。さらには地下鉄の駅の八番街はマンハッタンからブルックリンに向かうN線の地下鉄が地上に出て最初の駅であることから、英語が全くわからなくても降りる駅を間違うことはないことが助けになったといわれる。 そろそろチャイナタウンからイースト・ブロードウェイの方へと歩いてみよう。 目指しているところがわからないレコード屋やヴィンテージというよりはたんに古いラジカセを集めている電気屋をひやかしたあとに、映画館のメトログラフの二階のレストラン、コミッショナリーで休憩しよう。天窓からの自然光のニュートラルな明るさもいいけれど、なによりここは音楽がかかっていない。なぜレストランはそうしなければいけないかのように音楽を、しかもどうでもいい音楽ばかりかけるのか。コミッショナリーで聞こえるのは人の話し声と食器の音だけ。打ち合わせにもちょうどいい。一番いいのは平日午前11時のオープン直後から昼過ぎにかけての客が少ない時間帯だ。客層が面白いのもこの時間帯で、緑色の髪が流行っているらしいことなど、ここの客からいろいろなことを仕入れることができる。 ニューヨークは変化の早いところだ。昔からある馴染みの店が閉じてゆく。まだ夜が明けていない時間に朝食を求めてやってくる建設作業員たちにまぎれて時差ぼけのコーヒーを飲むことができたカナル・ストリートの名物、カップ・アンド・ソーサーは2017年に閉店してしまった。最後のオーナーの下で30年間、同じ店名としては75年続いた店だった。 昔からある場所がなくなってしまうのは残念なことにちがいない。そうはいっても新しい場所も次々とオープンする。昔からあるところが全てよくて、新しいところが全てダメではないのだ。 カナル・ストリートと並行するディヴィジョン・ストリートにはユダヤのベーカリー、ミカエリズが先日オープンした。イスラエルのモダンをとり入れたスイーツらしいが、その筋に詳しいわけでもない者にはわかりづらい。オーナーのミカエリがいたら説明してもらおう。言葉による説明よりもずっと説得力のある彼のスマイルでつい思っていた以上に買ってしまう。顔で売るとはこういうことなのか。 いまから一世紀前にはこのディヴィジョンの界隈にはユダヤのカフェが多かったという。ウィーンのカフェはシュテファン・ツヴァイクを生み出したかもしれないが、ロウワー・イースト・サイドのカフェも多くの文化を生み出したのだ。その後この近辺は中国系の商店が並ぶようになったが、またユダヤのカフェがオープンしたところをみると、場所には記憶があるのかと思いたくもなる。 ロウワー・イースト・サイドといってもそのネイバーフッドはかなり大きい。そういえば、最近の新しいビジネスはデランシー・ストリートよりもずっと南に集中し、その重心が南へとシフトしている。独立系のスモール・ビジネスが多くオープンする場所に悪いところはまずない。 イスラエルのスイーツでブーストしたあとイースト・ブロードウェイの方に向かって歩くと、ディヴィジョンがカナルとぶつかる小さなスクエアでは多くのスケーターがたむろする。このあたりにスケーターが多いのはスケート・ショップのレイバーがあるのはもちろんだが、自動車が少ないこともあるはずだ。車線の一部が歩行者向けやベンチに変わっている。人影がなく自動車が我が物顔で行き来するネイバーフッドぐらい惨めなものはない。多くの人が外にいるのが都市の条件といってもいいぐらいだ。 おそらく店とは全く関係のない中国系の老紳士が毎日店の前のベンチに腰掛けて店番しているカフェの前を通り過ぎるとイースト・ブロードウェイの駅に出る。イースト・ブロードウェイの名物ダイヴ・バー、169バーの前にたむろしている酔っ払い客をよけながらヘンリー・ストリートに曲がると、やはり小さなカフェやレストランとともに車道に張り出したストリート・シートが並んでいる。夏の間は歩道が車道にまで一時的に拡張し、ベンチが置かれている。このあたりで今日の午後の散歩を終えることにしよう。 毎日のように歩く歩道でビジネスや人が次々と変わってゆくのに気づかないわけにはいかない。自分が住むネイバーフッドやその近くなら尚更のこと。住んでいるところの近くでなくても、ニューヨークには面白いネイバーフッドがまだたくさんある。クイーンズのジャマイカやジャクソン・ハイツ、マンハッタンのワシントン・ハイツは相変わらず面白い。チャイナタウンのアパートに描かれたグラフィティや地上の球技場を眼下に見下ろしながらマンハッタン橋を歩いて渡ってもいいし、ブルックリンのイースト・ニューヨークに近いブロードウェイ・ジャンクションは頭上に展開する地下鉄の複雑な高架を観察することができる。グランド・セントラルから48丁目へと抜ける地下の長い歩道は心地よい場所ではないが面白い場所だ。 ニューヨークで一番楽しいことは歩くこと。歩くだけで面白い。歩いてみていい、面白いと思えないところはダメなのだ。そして、歩いた結果、自分が住むところを人にも好きになってくれるとしたら、そこはやはりいい場所であり、いいネイバーフッドなのだとあらためて自分でも確認することができる。 Advertisements

FAFSPさん


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事
YOOX.COM(ユークス)