ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
BACK TO 90s!:THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”
レポート
2016.03.15
この記事のカテゴリー |  イベント | 

BACK TO 90s!:THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

「路上」から東京ファッションウィークをみる②

20160314_Tokyo Fashion Week/mbfwt_2016AW レポート中

グラフィックを学んだ30代以上の人にとっては“神”ともいえる、デザイン集団TOMATO(トマト)のエキシビションが、まさか弊社の運営するパルコミュージアムで開催される日が来るとは予想していなかった。

企画展のタイトルは、THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION O”」。期間は312日(土)から43日(日)、会場は、①渋谷パルコ パート1 4Fのパルコミュージアム、②地下1Fの「ギャラリーX(X)」の2会場だ。


12日夜、同イベントのレセプションと、渋谷パルコパート3屋上(ルーフトップ)で行われたアンダーワールドによるサイレント・ライブに行ってきた。

90s,TOMATO,ストリート,90年代,フリマ,路上,アンダーワールド,25周年,アドバンスド・スタイル,パルコ,parco,アート,パルコミュージアム,トレインスポッティング,ストリートカルチャー,0,オー,シネクイント,上映,映画,ダニーボイル,ユアンマクレガー,カールハイド,TOKYO STREET POEM,Karl Hyde, Rick Smith,ギャラリーX,渋谷区商店会連合会,渋谷のラジオ,箭内道彦,サイレントライブ,オヴァ・ノヴァ


実は、これは、東京ファッションウィークに関連して、渋谷界隈の商業施設やブランド、商店街などがいっしょになっていくつものイベントを企画・実施するSHIBUYA FASHION WEEKのひとつ。前回は「渋カル祭」が開催されていた枠組みだが、今季は、NYのマダムたちの自由な生き様が装いに現れたスナップが映画化され話題になった「アドバンスド・スタイル」の写真展の第二弾「世界のマダムのおしゃれスナップ展」が西武渋谷店の特設会場で開催されたり、Hikarieでは、レストランで特別メニューが企画されたり、109MEN’Sでは、GENERATIONSのポスターが当たるプレゼントキャンペーンが企画されるなど、かなりバラバラになってきたようだ。
90s,TOMATO,ストリート,90年代,フリマ,路上,アンダーワールド,25周年,アドバンスド・スタイル,パルコ,parco,アート,パルコミュージアム,トレインスポッティング,ストリートカルチャー,0,オー,シネクイント,上映,映画,ダニーボイル,ユアンマクレガー,カールハイド,TOKYO STREET POEM,Karl Hyde, Rick Smith,ギャラリーX,渋谷区商店会連合会,渋谷のラジオ,箭内道彦,サイレントライブ,オヴァ・ノヴァ
いまの表参道ヒルズの前あたりにて1998年5月に撮影。若者たちが自由に自作やリメイクの服やアクセサリーを売ったり、買ったり、または物物交換したりしていた。モノと情報がリアルな路上で交換されていた90年代のワンシーン。



ところで、筆者がTOMATOを最初に知ったのは、1996年にシネマライズで上映され大ヒットした映画「トレインスポッティング」のグラフィックと、映画のなかに用いられていたTOMATOカール・ハイドリック・スミスはエレクトトニック(テクノ)ミュージック・グループ「アンダーワールド」の音楽だった。同映画は、他にもイギー・ポップやブライアン・イーノ、プライマル.スクリーム、ニューオーダー、そしてブラーなどが参加するなど、世界中でテクノミュージックやDJ・レイブカルチャーが流行していた当時、今でいう「アナと雪の女王」級のメガヒット。いわゆる“ヒップ”な映画として世界中の若者を魅了したのである。当然、当時紙だった『流行観測アクロス』でも取材している。今では巨匠とも呼ばれる映画監督・プロデューサーのダニー・ボイルや、最近映画監督も行っているユアン・マクレガーの出世作というと分かる人もいるかもしれない。


映画は、改めて観ると、いわゆる不景気を背景とした英国スコットランドのドラッグ中毒だった若者たちの日常と克服までを描いたいわゆる青春映画なのだが、そのトリップ感のグラフィックデザインやモーフィングのセンスがクールで、グラフィックやタイポグラフィー、CGなどを学ぶ学生も急増。自分たちでデザインしたシルクスクリーンプリントのTシャツをつくったり、フリマや路上で売ったりする若者も少なくなかったのを思い出す。


90s,TOMATO,ストリート,90年代,フリマ,路上,アンダーワールド,25周年,アドバンスド・スタイル,パルコ,parco,アート,パルコミュージアム,トレインスポッティング,ストリートカルチャー,0,オー,シネクイント,上映,映画,ダニーボイル,ユアンマクレガー,カールハイド,TOKYO STREET POEM,Karl Hyde, Rick Smith,ギャラリーX,渋谷区商店会連合会,渋谷のラジオ,箭内道彦,サイレントライブ,オヴァ・ノヴァ


そんな、とっても90sでストリートカルチャー全盛の時代に青春を過ごした今のアラフォー(中心は団塊ジュニア世代)で会場はいっぱい。映画「トレインスポッティング」は、318日~21日がシネクイント(渋谷パルコ PART3 8F)で期間限定上映されることも決定。また、THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION O”」の映像作品(初公開)としてショートフィルムThe Film Show TOMATO KINO Oも上映されるそうだ。

90s,TOMATO,ストリート,90年代,フリマ,路上,アンダーワールド,25周年,アドバンスド・スタイル,パルコ,parco,アート,パルコミュージアム,トレインスポッティング,ストリートカルチャー,0,オー,シネクイント,上映,映画,ダニーボイル,ユアンマクレガー,カールハイド,TOKYO STREET POEM,Karl Hyde, Rick Smith,ギャラリーX,渋谷区商店会連合会,渋谷のラジオ,箭内道彦,サイレントライブ,オヴァ・ノヴァ
パルコ パート3の屋上(ルーフトップ)でのサイレントライブの模様。6年ぶりのアルバムの中から「Ova Nova」🎶
サイレントライブは、消防法や積載荷重などの規制がかなり厳しく、あまり情報が開示されていなかったが、ルーフトップは抽選で当たったラッキーな約200名でぎゅうぎゅう。その光景がなかなか未来っぽくて面白かった。というのは、聞こえる音は、ステージ上でアンダーワールドがDJプレイをしつつ歌う声と観客たちのヘッドホンから漏れるシャカシャカ音のみ。時折おおーっという歓声が上がるものの、再びシャカシャカシャカ。また、6Fの「2.D」では、「Gear VR」を用い360度映像でストリーム配信を楽しむことができ、さらにミニFM放送局の「渋谷FM」でも箭内道彦さんがモデレーターになり生中継され、SNSのタイムラインではこの時間、もの凄い勢いで写真がアップロードされていたようだ。


90s,TOMATO,ストリート,90年代,フリマ,路上,アンダーワールド,25周年,アドバンスド・スタイル,パルコ,parco,アート,パルコミュージアム,トレインスポッティング,ストリートカルチャー,0,オー,シネクイント,上映,映画,ダニーボイル,ユアンマクレガー,カールハイド,TOKYO STREET POEM,Karl Hyde, Rick Smith,ギャラリーX,渋谷区商店会連合会,渋谷のラジオ,箭内道彦,サイレントライブ,オヴァ・ノヴァ
 TOMATO」プロデュースの限定ショップも設けられ、オリジナルのシルクスクリーンや書籍をはじめ、展覧会のためにつくられたトートバッグやアンダーカバーやアンリアレイジ、ミントデザインズとのコラボTシャツなどが販売され、閉店時間の10時まで大混雑。筆者は、特性トートバッグを購入。今回のコレクションウィークに活用している。

「このTOMATOのトートバッグ、欲しいと思って展覧会に行ったら、もう売り切れてました、、」。

後日コレクション会場で文化学園大学非常勤講師の菊田琢也先生。ふと、作家や展覧会の空気感がモノとして持ち帰ることができる、または身に付けることができる、というファッション・カルチャーの価値観が一般化したのも、90sストリートカルチャーの時代を経てのことかもしれない。
[取材/文:高野公三子(本誌編集長)]

*公式スケジュールのファッションショーのレポートはこの後に続きます。。
THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION “O”

会 場:パルコミュージアム(PART1・3F)
ギャラリーX(PART1・B1F)
期 間:2016/03/12 (土) -2016/04/03 (日) 10:00~21:00
※入場は閉場の30分前まで、最終日は18時閉場
入場料:2会場(パルコミュージアム、ギャラリーX)共通チケット
一般500円・学生400円・小学生以下無料
※共通チケット販売はミュージアムのみで行っております。
※前売りチケットの販売は終了しています。
※<PARCOカード・クラスS>ご提示で入場無料 <PARCOカード>ご提示で入場料半額
主 催:パルコ
企画制作:TOMATO、THE TOMATO PROJECT実行委員会(パルコ、バウコミュニケーションズ)
お問い合わせ:03-3477-5873  (パルコミュージアム)
後援:ブリティッシュ・カウンシル、日本ユネスコ協会連盟、渋谷区
特別協力:渋谷のラジオ、東京タイプディレクターズクラブ、五十嵐威暢
協力:渋谷区商店会連合会、中央ブロック
オフィシャルパートナー:Galaxy、accenture、Onitsuka Tiger、arara、YPP、Lithmatic、URBAN RESEARCH Co.,Ltd.、UNDERCOVER、ANREALAGE、PORTER、mintdesigns
その他会場:シネクイント(PART3・8F)、エントランスホール(渋谷パルコPART1・1F)、ステアケースギャラリー(渋谷パルコPART1・B1F-3F階段)、屋外アートジャック(渋谷パルコPART1・屋外各所)
※その他会場はシネクイントを除き無料


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事