■都市のコード論:NYC編  vol.05 
レポート
2016.09.23
ファッション|FASHION

■都市のコード論:NYC編 vol.05 
"NYFW(New York Fashion Week/ニューヨーク・ファッションウィーク)"の進化をどうみるか?

在NYC10年以上のビジネスコンサルタント、Yoshiさんによるまち・ひと・ものとビジネスの考察を「都市のコード論:NYC編」と題し、不定期連載しています。

上の写真はブライアント・パークのテント(BryantParkTent)でのショー(2009)。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
 ニューヨークの秋はファッション・ウィークとともにやってくる。

この秋のニューヨーク・ファッション・ウィーク (NYFW) 、いろいろな意味で転機を迎えていることでも注目された。

既に少しだけ報道されているように、アメリカ・ファッション協議会 (CFDA) NYFWのあり方についてボストン・コンサルティングに委託したレポートの結果が2016年3月に公表されたためだ。

ファッション関係者へのインタビューをもとにしたそのレポートによると、従来のモデルが機能していないこと、それを変える必要性については誰もが同意したという。

レポートはいくつかの問題点について概ね次のように指摘している。

インスタグラムなどでショーの様子は消費者もほぼリアルタイムで見ることができるようになったのに買えるのはその6ヶ月後。その間に消費者は飽きてしまい、ファストファッションにコピーする時間を与えている。 

消費者はいまの気候に合うものを買うようになっているが、従来のモデルでは暖かい頃にコートを売り始める。冬本番にはディスカウントされて、小売側も売上をディスカウントに依存する不毛なサイクルに陥っている。

オフシーズンのコレクションによってデザイナーは年中フル稼動を求められ、「クリエイティヴ・ディレクター」とは縁遠いマシンになり果てて消耗している。
 
9月8日(木)〜15日(木)、今秋も2017SSのFWが開催された。個々のメゾンが発表するクリエーションは多くの他誌(ウェブマガジン)に委ねるとして、ここでは、ちょっと違う視点、会場の“ロケーション”を中心に、考察してみることにした。
 
今秋のNYFWはこのレポートにどう反応したのか。ショーの会場をみるかぎり、変化はすでに現れているようだ。

まずは冒頭のマップをご覧いただきたい。これは、
今回ショーが行われた場所をプロットし、まとめたもので、円の大きさはその場所で行われたショーの数を示している。マウス等でドラッグすると、ブランド名が表示され、また拡大や縮小、位置を移動することも可能だ。

会場はショーのゲストのみに通知されることもあるため、マップは必ずしもすべてのショーを網羅してはいない。とはいえこのNYFWにはあきらかな変化がある。

それは会場の数が大幅に増えていることだ。ひとつのブランドだけが利用する会場が増え、より多くのブランドが独自の会場を選ぶようになっていることがわかる。

近年はチェルシー周辺の会場が多かった。ファッションのビジネスが衣類の製造業を中心に形成されたガーメント地区からチェルシーにかけて多いことと無関係ではないだろう。 

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

20152月のショーの会場をみるとその傾向がわかる。

上のマップは、
20152のショーをプロットしたものである。20152月はブライアント・パークからリンカーン・センターまで続いた「テント」の時代が幕を閉じたNYFW。多くのショーがリンカーン・センターのテントを利用した。


この秋は伝統的にNYFWと無縁だった地区にもショーが拡がっている。正式会場とされる数ヵ所への集中はいくらかみられるものの、マンハッタンを超えてショーが分散し、中心がより曖昧になっている。

このNYFWでは多くのブランドが大規模な会場を避けて、静かで親密な環境を選んだ。ごく少数の人だけを招待した、よりエクスクルーシヴなショーを行ったブランドもある。

 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2016年2月に開催されたNYFW、モイニハン駅の会場
「ショーで見てすぐ買える」という、ショーの直後から店舗やオンラインでコレクションの販売を始めたブランドもさらに増えていた。

前回
LA(ロサンゼルス)の世界最大級の旗艦店にて、「brick-and-mortar(ブリック&モルタル)」として、タッチスクリーンや試着室などでハイテクを取り込んだRebecca Minkoff(レベッカ・ミンコフは、今回、ソーホーにある自身のショップ前の路上でショーを行った。NYFWの破綻を宣言し、「See-now-buy-now(ショーで見てすぐ買える)」ということにも早くから取り組んできた彼女は従来のショーに満足できず、実際に着るところに似た場所を会場に選んだという。

Ralph Lauren(ラルフ・ローレン )はアッパー・イースト・サイドの旗艦店前、Rachel Comey(レイチェル・コーミー)ソーホーのホテル前など、屋外の歩道(ストリート)でショーを行った。

Tom Ford(トム・フォード)は歴史に跡を残すかのように、近く移転が予定されているフォー・シーズンズ・レストランでショーを行った。消えゆく場所には独自の魅力がある、ということだろう。


ルーズベルト島やブルックリンなど、マンハッタン以外でのショーはいまや定番だ。ショーを初めてマンハッタンの外にひっぱり出したのはAlexander Wang(アレキサンダー・ワン)だった。

20142月にブルックリンの旧海軍施設内で行われた彼のショーの招待状にUberの割引コードが同封されていたことは記憶に新しい。今回はスポーツブランドのアディダスとのコラボレーションラインが登場。ショーの後に会場ですぐに購入できるようになっていたという。 


Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)16番桟橋に観覧車をもちこみ「トミー桟橋」なる遊園地を準備して、2千人 (半分は消費者向け) をショーに招待した。会場は翌日一般に開放された。


Misha Nonoo(ミーシャ・ノヌー)にいたってはスナップチャットでコレクションを公開し、ショーは行っていない。ショーの分散傾向はロケーションだけではないらしい。
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2011年、リンカーンセンターのテントでのショーのようす

2015年に発表されたニューヨーク市経済開発公社の報告によると、ニューヨークのFWには世界中から毎年23万人が訪れているという。NYFWにやってくる人たちは、市内に約532百万ドルを落とし、1年あたりの経済効果は900百万ドル近くになるそうだ。まさに、NYFWはニューヨーク・シティ・マラソンを上回る一大イベントなのである。

そもそも
NYFWの前身、発端は1943年にまで遡る。
第二次世界対戦中にパリに行くことができなくなった編者者たちがローカルのデザイナーを集めた「プレス・ウィーク」を始めたのがきっかけだ。

その結果、ファッション誌は米国のデザイナーを真剣に受けとめるようになったという。プラザ・ホテルで始まったプレス・ウィークは個人のアパートなどさまざまな場所で続いた。


しかし1990年にMichael Kors(マイケル・コース)のショーで天井が抜ける事故が起きたことで、秩序をもたらすためにショーをひとつの場所に集めることを考え始めた。


そして1993年にブライアント・パークであらためて「ニューヨーク・ファッション・ウィーク(NYFW)」として再スタートし、拡大に伴って20109月にはリンカーン・センターへと場所を移した。


NYFWがブライアント・パークで始まったときには、すべてのデザイナーがひとつの場所に集まることに意義があった。テントはそのアイコンだったのである。


それから20年が過ぎ、NYFWは機能不全に陥っているといっても過言ではない。ショーのあり方や場所、時期など含めて、ひとつのフォーマットがすべてのブランドに等しくあてはまる時代は終わった。ボストン・コンサルティングのレポートはそれを正式に認めたというところだろう。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

従来のやり方が機能していないことがわかっているなら、その同じやり方を続ける理由はどこにもない。ニューヨークは新しい試みには積極的にチャレンジすることで知られる街の代表だ。


CFDAは今後のNYFWの可能性としていくつかのモデルを示唆しているものの、まだ、特定の指針を示してはいない。誰かが処方箋を書いてそれに従わせるのではなく、ソリューションはそれぞれのブランドが模索すべきものだ。そのアプローチもニューヨークらしくはあるだろう。

新しい試みには懸念がつきまとう。消費者を意識するあまりコマーシャルになりすぎはしないか。ファッションの主役はデザイナーなのか、小売なのか。


「着られるもの」だけを求めて人はショーに足を運ぶわけではない。クリエイティヴィティを目撃して驚かされたいがためにショーに期待して足を運ぶ人も少なくない。
そうした問いに答えるNYFWのふさわしいあり方は、それぞれのブランドが一番よく理解しているはずだ。

暫定的とはいえこの秋のショーには、すでに各ブランドのファッションに対する考え方をみてとることができるだろう。


CFDA議長でもあるDiane von Furstenburg(ダイアンフォン・ファステンバーグ)によると、「NYFWには“レヴォリューション (革命) ”ではなく“エヴォリューション (進化)”が求められている」と話す。

NYFWの後はロンドンファッションウィーク、ミラノファッションウィーク、そしてパリファッションウィークときて、最後が東京とソウルとなる。ロンドンやミラノ、パリなどの“進化”については、在住欧州のコントリビューテッド・ライターらにレポートを委ねたい。

(取材/マップ作成:yoshi)


Follow the accident. Fear set plan. (写真をクリックしてください)

6フィートの隔たり
[]

6フィートの隔たり

ニューヨークに外出制限が伝わったのは3月22日のこと。市内のビジネスやヴェニューの多くはそれ以前から自主的に閉鎖を続けていた。 市内に200ヵ所以上の分館をもつ公共図書館は早々と閉館を決定し、MoMAフィルムもそのプログラムを中止した。上映中に地下鉄が走り去る轟音が容赦なく響くあの地下のシアターもしばし閉鎖というわけだ。息抜きに通うチャイナタウンのアート・ギャラリーも、数ヶ月前に見つけた雑多な取揃えが面白いイースト・ブロードウェイの古書店も、近所のバーも3月から閉じたままだ。 ニューヨークに住む利点がなくなってしまったというのに、相変わらずニューヨークの高い家賃を払うことが理不尽に思えてくる。おまけにニューヨークのアパートは狭いときていて、自宅隔離にこんなに不向きなところもそうはない。こんなことならさっさとどこか別の場所へと引っ越してしまった方がよかったのかもしれない。実際多くの人が市内を離れて遠方の避難先に落ち着いているらしく、二つ目の家を持っている人が多いであろうマンハッタンの裕福な地域では昼間もひと気がない。いつ戻ってくるのかわからない。いつか戻ってくるのかもわからない。 ニューヨーク州知事が発令した州令は「PAUSE (一時停止)」というものだが、ビジネスは停止してもマネーは止まりはしない。マネーにとって止まることは即ち死ぬこと、止まりたくても止まれない。外出制限の発令後しばらくすると、早速近所のコーヒーショップが店を畳むと伝えられた。一時的な閉鎖ではなく完全に閉店なのだという。 営業していなくても家賃その他の経費は出ていくのだから、損失が膨らまないうちにやめるのは合理的な判断と考えるべきかもしれない。こうした時期はキャッシュを持っている者が勝ちなのだ。停止は廃止になりかねない個人が経営するレストランやバーの多くは、告知さえなく消えていくことになるのだろう。ストランドやマクナリー・ジャクソンなどの書店は店を閉じると同時にいち早く従業員を解雇した。 同時に生活の隅々がオンラインへと移行している。食事や食材はスマートフォンをタップして自宅へのデリバリーをオーダーする。食材の買い物を代行するビジネスは大繁盛だ。ニューヨーク州では不可欠なビジネスに指定されて営業を続ける酒屋はデリバリーの注文をこなすのに大忙しで、そうして届いたアルコールを手にZoomで同僚とのハッピー・アワーが終われば、あとはストリーミングの映画を文字通り飽きるまで観ることになる。うっかり早く出番がやってきた出来の悪いスマート・シティのバブルで過ごす退屈なユートピア生活も一ヶ月を迎えたところだ。 感染の拡大を防ぐために、外にいる時には他の人との距離を6フィート (182センチ) 保つことをニューヨーク州は求めている。ネットワークの世界では6次の隔たりと言うけれど、感染のネットワークを断ち切るために6フィートの隔たりが必要とはまたよくできた話ではないか。 こうした措置は「ソーシャル・ディスタンシング (社会的距離を保つこと)」と呼ばれている。ただ実際には物理的距離と言った方がいい。物理的距離と社会的距離は同じものではない。人との物理的距離を大きくしても社会的距離をとることにはならないし、物理的に人の近くにいるからといって必ずしも社会的に近いわけではない。隔離することでむしろ人との距離がかえって近くなることもある。 面白いことに、自宅で過ごすことを強いられるようになってからというもの、これまで顔を合わせたこともなかった高齢の隣人のために、買い物を自発的に無償で行う人が増えているらしい。買ってきたものはメッセージを添えて依頼者のアパートのドアの前に置いておき、感染を避けるために顔を合わせたり話しはしない。この距離は近いのか、それとも遠いと言うべきなのか。 ***** ニューヨークにおける人と人との距離といえば、思い出すのはE.B.ホワイトだ。創刊直後から雑誌ニューヨーカーの主要メンバーとして参画し、「シャーロットのおくりもの」など童話作家としても知られるホワイトが、44丁目のアルゴンクイン・ホテルの一室で記した「Here is New York」(1949年) は、ニューヨークの旅行書にこれまで最も多く引用されたエッセイとして知られている。アップタウンからダウンタウンまでかけずり回るホワイトの記述はなるほど旅行者を楽しませること請け合いだが、中でもひときわふるっているのは、彼の視線がこの過密な都市に暮らす人びとのスタディに向かう時だ。 ランチを求めてホテルの一階に下りたところ、オズの魔法使いのカカシ役を演じたフレッド・ストーンがホワイトの席の隣で18インチ (45センチ) の距離に座っていた。そこからホワイトは、この18インチこそが、ニューヨークがストーンのようなスターを含む様々な人との接点をこの都市の住人に与える距離なのだと断定する。 東53丁目の元スピークイージーに腰をおろしたホワイトは、後ろの席で若い男が女を口説いているのに耳を傾ける。後ろの席との距離はもちろん18インチ。耳をそばだてて事の成り行きを追うこともできるし、二人の会話には耳を塞ぐこともできる。18インチは人を遠ざけて自分の領域を守る距離にもなる。 どこかで事件が起きれば早速ゴシップ好きが騒ぎ立てるが、事件の存在さえ知らずに暮らしている人がいる。近くで続いている航空ショーを見物する群衆にとびこみ熱狂に身を投じることもできるし、ホテルの部屋で人知れず黙々と仕事を続けてもいい。接点にも断絶にもなりうる18インチが、この都市の半ば分裂的な二面性を担保しているというのがホワイトの見立てらしい。 それはメイン州の入りくんだ湾に面した農場に引っ越した後も、ニューヨークとの行き来を続けたホワイトらしくもある。「シャーロットのおくりもの」を読めば、それがメインの農場で書かれたことを誰も疑いはしないだろうが、物語の展開に不可欠なクモの生態を知るために、マンハッタンのアメリカ自然史博物館でクモ学者に会い、ニューヨーク公共図書館で研究書に多くの時間を費やしたことを想像する人はどれだけいるだろう。 ***** 相反する性格が絶えず反発し合うこの都市の多重性は、ホワイトの頃から変わっていない。ニューヨークではアパートの中でさえ厳密にプライヴェートな領域とはいいがたい。日夜を問わずタクシーやパトカーのサイレンが遠慮なく響き渡るし、家賃を割安にするためにルームメートと暮らす人が増えている近年は、自宅でも一人でいることは難しい。一人になりたければむしろ外に出た方がいいこともある。 ニューヨークは人ごみの中で簡単に独りになることができるところだ。誰もあなたのことなど気にしない。仕事はカフェでできるし、週末の深夜に大混雑するバーの中で独りきりになることだってできる。カフェやバーは営利目的という意味ではプライヴェートのビジネスなのだが、その多くはパブリック・スペースの役割も果たしてもいる。完全にプライヴェートでもなく完全にパブリックでもない、その曖昧な領域をくるくると使い分けるのは何かと都合がいい。 18インチの両義性にかろうじて成り立つ都市が6フィートの隔たりを強いられれば、断絶ばかりが残ることになる。それがソーシャル・ディスタンシングの目的なのだ。 「曲線をフラット化する」のは、個人が感染者しないためということもあるが、医療破壊を防ぐこと、集合的なレヴェルのコントロールを意図するところが大きい。雑多な人が集まりぶつかり合う都市は、個人の集まりを大きく超える集合的アウトプットを生み出す。COVID-19は都市が拠って立つその条件を攻撃するものだと言われることもあるが、見方によってはそれはネットワーク効果である都市そのものを見ているようでもある。 歩道で、地下鉄の中で、スーパーマーケットに入るのを外で待つ長い列で、ありとあらゆるところで人との接触を断つ手段が講じられているのを目にするたびに、何かがばらばらと空中分解する音がする。 ***** 気分を変えるために外に出て、近所の公園や歩道に佇んで人が行き交うのを眺めることができなくなり、見知らぬ人たちと場所を共有するカフェやバーが失われたことで、歩道のベンチに座る当たり前のパブリック・ライフが生活に欠かせないラグジュアリーだったことに誰もが気づいている。時差ぼけで訪れる午前4時のドラッグ・ストアや夜明け前のダイナーに行くこともできない。しばらくは時差ぼけになることもなさそうだ。 辛いのは外に出られないことだけではない。私たちの生活に当たり前に潜んでいたはずの多重性が圧縮されて、突然貧しくなったのだ。 不意に襲ったパンデミックによっていろいろなことが見えてくるし、あらためて多くのことが問い直されることになる。このことからどんな示唆を引き出すべきなのだろう。 いよいよ「社会などというものは存在しない」世界が本格的にやってきたというべきなのか。それともつながり過ぎた世の中の見直しが進んでいるというべきなのか。もちろんインターネットのことではない。 一分の隙もなくぴったりとシームレスに統合された経済にはショックを吸収するバッファーが存在しない。そのモデルを誰よりも追求していたグローバル企業が、来たるべき次の時代に備えて分権的な連合を指向し始めているらしいことと、感染症が緊密なネットワークを切り離していることが、どこか通じ合っているようにみえるのは偶然だろうか。

FAFSPさん


同じキーワードの記事
「2020SS」 510~
YOOX.COM(ユークス)