Parco_Banner_MM_FALL_08201000
コンテンツメニュー
■都市のコード論:NYC編  vol.05 
レポート
2016.09.23
この記事のカテゴリー |  カルチャー |    | 

■都市のコード論:NYC編 vol.05 
"NYFW(New York Fashion Week/ニューヨーク・ファッションウィーク)"の進化をどうみるか?

在NYC10年以上のビジネスコンサルタント、Yoshiさんによるまち・ひと・ものとビジネスの考察を「都市のコード論:NYC編」と題し、不定期連載しています。

上の写真はブライアント・パークのテント(BryantParkTent)でのショー(2009)。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
 ニューヨークの秋はファッション・ウィークとともにやってくる。

この秋のニューヨーク・ファッション・ウィーク (NYFW) 、いろいろな意味で転機を迎えていることでも注目された。

既に少しだけ報道されているように、アメリカ・ファッション協議会 (CFDA) NYFWのあり方についてボストン・コンサルティングに委託したレポートの結果が2016年3月に公表されたためだ。

ファッション関係者へのインタビューをもとにしたそのレポートによると、従来のモデルが機能していないこと、それを変える必要性については誰もが同意したという。

レポートはいくつかの問題点について概ね次のように指摘している。

インスタグラムなどでショーの様子は消費者もほぼリアルタイムで見ることができるようになったのに買えるのはその6ヶ月後。その間に消費者は飽きてしまい、ファストファッションにコピーする時間を与えている。 

消費者はいまの気候に合うものを買うようになっているが、従来のモデルでは暖かい頃にコートを売り始める。冬本番にはディスカウントされて、小売側も売上をディスカウントに依存する不毛なサイクルに陥っている。

オフシーズンのコレクションによってデザイナーは年中フル稼動を求められ、「クリエイティヴ・ディレクター」とは縁遠いマシンになり果てて消耗している。
 
9月8日(木)〜15日(木)、今秋も2017SSのFWが開催された。個々のメゾンが発表するクリエーションは多くの他誌(ウェブマガジン)に委ねるとして、ここでは、ちょっと違う視点、会場の“ロケーション”を中心に、考察してみることにした。
 
今秋のNYFWはこのレポートにどう反応したのか。ショーの会場をみるかぎり、変化はすでに現れているようだ。

まずは冒頭のマップをご覧いただきたい。これは、
今回ショーが行われた場所をプロットし、まとめたもので、円の大きさはその場所で行われたショーの数を示している。マウス等でドラッグすると、ブランド名が表示され、また拡大や縮小、位置を移動することも可能だ。

会場はショーのゲストのみに通知されることもあるため、マップは必ずしもすべてのショーを網羅してはいない。とはいえこのNYFWにはあきらかな変化がある。

それは会場の数が大幅に増えていることだ。ひとつのブランドだけが利用する会場が増え、より多くのブランドが独自の会場を選ぶようになっていることがわかる。

近年はチェルシー周辺の会場が多かった。ファッションのビジネスが衣類の製造業を中心に形成されたガーメント地区からチェルシーにかけて多いことと無関係ではないだろう。 

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

20152月のショーの会場をみるとその傾向がわかる。

上のマップは、
20152のショーをプロットしたものである。20152月はブライアント・パークからリンカーン・センターまで続いた「テント」の時代が幕を閉じたNYFW。多くのショーがリンカーン・センターのテントを利用した。


この秋は伝統的にNYFWと無縁だった地区にもショーが拡がっている。正式会場とされる数ヵ所への集中はいくらかみられるものの、マンハッタンを超えてショーが分散し、中心がより曖昧になっている。

このNYFWでは多くのブランドが大規模な会場を避けて、静かで親密な環境を選んだ。ごく少数の人だけを招待した、よりエクスクルーシヴなショーを行ったブランドもある。

 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2016年2月に開催されたNYFW、モイニハン駅の会場
「ショーで見てすぐ買える」という、ショーの直後から店舗やオンラインでコレクションの販売を始めたブランドもさらに増えていた。

前回
LA(ロサンゼルス)の世界最大級の旗艦店にて、「brick-and-mortar(ブリック&モルタル)」として、タッチスクリーンや試着室などでハイテクを取り込んだRebecca Minkoff(レベッカ・ミンコフは、今回、ソーホーにある自身のショップ前の路上でショーを行った。NYFWの破綻を宣言し、「See-now-buy-now(ショーで見てすぐ買える)」ということにも早くから取り組んできた彼女は従来のショーに満足できず、実際に着るところに似た場所を会場に選んだという。

Ralph Lauren(ラルフ・ローレン )はアッパー・イースト・サイドの旗艦店前、Rachel Comey(レイチェル・コーミー)ソーホーのホテル前など、屋外の歩道(ストリート)でショーを行った。

Tom Ford(トム・フォード)は歴史に跡を残すかのように、近く移転が予定されているフォー・シーズンズ・レストランでショーを行った。消えゆく場所には独自の魅力がある、ということだろう。


ルーズベルト島やブルックリンなど、マンハッタン以外でのショーはいまや定番だ。ショーを初めてマンハッタンの外にひっぱり出したのはAlexander Wang(アレキサンダー・ワン)だった。

20142月にブルックリンの旧海軍施設内で行われた彼のショーの招待状にUberの割引コードが同封されていたことは記憶に新しい。今回はスポーツブランドのアディダスとのコラボレーションラインが登場。ショーの後に会場ですぐに購入できるようになっていたという。 


Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)16番桟橋に観覧車をもちこみ「トミー桟橋」なる遊園地を準備して、2千人 (半分は消費者向け) をショーに招待した。会場は翌日一般に開放された。


Misha Nonoo(ミーシャ・ノヌー)にいたってはスナップチャットでコレクションを公開し、ショーは行っていない。ショーの分散傾向はロケーションだけではないらしい。
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2011年、リンカーンセンターのテントでのショーのようす

2015年に発表されたニューヨーク市経済開発公社の報告によると、ニューヨークのFWには世界中から毎年23万人が訪れているという。NYFWにやってくる人たちは、市内に約532百万ドルを落とし、1年あたりの経済効果は900百万ドル近くになるそうだ。まさに、NYFWはニューヨーク・シティ・マラソンを上回る一大イベントなのである。

そもそも
NYFWの前身、発端は1943年にまで遡る。
第二次世界対戦中にパリに行くことができなくなった編者者たちがローカルのデザイナーを集めた「プレス・ウィーク」を始めたのがきっかけだ。

その結果、ファッション誌は米国のデザイナーを真剣に受けとめるようになったという。プラザ・ホテルで始まったプレス・ウィークは個人のアパートなどさまざまな場所で続いた。


しかし1990年にMichael Kors(マイケル・コース)のショーで天井が抜ける事故が起きたことで、秩序をもたらすためにショーをひとつの場所に集めることを考え始めた。


そして1993年にブライアント・パークであらためて「ニューヨーク・ファッション・ウィーク(NYFW)」として再スタートし、拡大に伴って20109月にはリンカーン・センターへと場所を移した。


NYFWがブライアント・パークで始まったときには、すべてのデザイナーがひとつの場所に集まることに意義があった。テントはそのアイコンだったのである。


それから20年が過ぎ、NYFWは機能不全に陥っているといっても過言ではない。ショーのあり方や場所、時期など含めて、ひとつのフォーマットがすべてのブランドに等しくあてはまる時代は終わった。ボストン・コンサルティングのレポートはそれを正式に認めたというところだろう。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

従来のやり方が機能していないことがわかっているなら、その同じやり方を続ける理由はどこにもない。ニューヨークは新しい試みには積極的にチャレンジすることで知られる街の代表だ。


CFDAは今後のNYFWの可能性としていくつかのモデルを示唆しているものの、まだ、特定の指針を示してはいない。誰かが処方箋を書いてそれに従わせるのではなく、ソリューションはそれぞれのブランドが模索すべきものだ。そのアプローチもニューヨークらしくはあるだろう。

新しい試みには懸念がつきまとう。消費者を意識するあまりコマーシャルになりすぎはしないか。ファッションの主役はデザイナーなのか、小売なのか。


「着られるもの」だけを求めて人はショーに足を運ぶわけではない。クリエイティヴィティを目撃して驚かされたいがためにショーに期待して足を運ぶ人も少なくない。
そうした問いに答えるNYFWのふさわしいあり方は、それぞれのブランドが一番よく理解しているはずだ。

暫定的とはいえこの秋のショーには、すでに各ブランドのファッションに対する考え方をみてとることができるだろう。


CFDA議長でもあるDiane von Furstenburg(ダイアンフォン・ファステンバーグ)によると、「NYFWには“レヴォリューション (革命) ”ではなく“エヴォリューション (進化)”が求められている」と話す。

NYFWの後はロンドンファッションウィーク、ミラノファッションウィーク、そしてパリファッションウィークときて、最後が東京とソウルとなる。ロンドンやミラノ、パリなどの“進化”については、在住欧州のコントリビューテッド・ライターらにレポートを委ねたい。

(取材/マップ作成:yoshi)


Follow the accident. Fear set plan. (写真をクリックしてください)

シームレス
[]

シームレス

入口を抜けて奥へと進み、照明を落とし気味の人のいないレセプションに設置されたiPadでセルフのチェックインを済ませると、エレベーターで上階へと移動して部屋に入る。部屋はもちろん清掃済み。誰が掃除したのかはどうでもいい。大事なことは清掃が予定通り終わっているかどうかであって、清掃員の姿は客の目に入らない方がむしろ望ましい。部屋に足りないものがあれば、下に電話するだけで朝食でも夜食でも部屋に届けてくれる。今夜この近辺で予定されているエンターテイメントのリストも昨日のうちに届いていたはずだが、多すぎる情報に目を通すのも面倒だから、おそらく一番上に表示されていたおすすめのものに足を運んでみることになるだろう。 ホテルの人と電話で話すのが煩わしければ、アプリを立ち上げてホテルの外からピザやタコスのデリバリーを頼んでもいい。いまやレストランからホテルの部屋にデリバリーを頼むのは当たり前。スクリーンに表示されたメニューからレストランと食べ物を選び、「はい」か「いいえ」をタップしていけばオーダーは完了。すべてはスムースでシームレスに進み、午前3時でも4時でも、雨だろうが吹雪だろうが、30分後には暖かい食べ物が部屋に届く。もちろん部屋から一歩も外に出る必要はないし、人と顔を合わせるのは、雪の中を自転車でデリバリーにかけつけた人がドアをノックした時だけで済むというわけだ。 部屋の状態は万全のはずだが、もしも不備があればすぐに苦情を言おう。たちまちホテルの人がとんできて不具合のイスを交換し、エアコンを修理してくれる。すべて問題なく機能し、快適に過ごせて当たり前。それに苦情に対応するのも料金のうちなのだ。仮に問題が解決しなければ返金を要求すればいいし、別のホテルをみつければいいだけのこと。なにしろ私はお金を払ったのだ。 1. 自宅の部屋で眠っていると、なにやら大声で騒いでいる人たちの声で午前4時に目が覚める。深夜まで営業する向かいのレストランの従業員が外に出て騒いでいるらしい。ニューヨーク市が運営する、苦情を報告できるアプリのNYC311をタップしよう。こうした苦情が度重なるレストランは営業停止になることもあるから、住民にとっては便利なツールなのだ。近所の建設現場の騒音など、苦情を報告するために一日に何度もそのアプリを立ち上げることもある。家の前の歩道のゴミが回収されていなかったり、大雪の翌朝に除雪が終わっていなければ、市に電話すればゴミ回収車も除雪車もやってくる。 騒音や除雪は迷わずすぐに苦情を訴える。自分の生活に支障が出るわけだから当然だ。実際NYC311に寄せられる苦情の件数は年々増えている。それなら、市が提案している数ブロック先のパブリック・ハウジングの取壊しと、その跡地に予定されている超高層コンドミニアムの建設計画について、市に意見した人はどれだけいるだろう。 自分はパブリック・ハウジングに住んでいるわけではないし、高級コンドミニアムにも縁がない、それにそんな問題をどう考えればいいのか、まして解決法などもち合わせてはいないというところなのかもしれない。それに言うだろう。そんなことは市長とそのスタッフの仕事であって、そのために彼らは雇われているのだと。なにしろ私たちは税金を払っているのだ。 市のテクノクラートが準備したメニューから気に入ったものをタップし、料金を支払い、不備があれば後から文句を言う。文句をいうのも面倒、苦情を伝えても改善しないというなら、より望ましい別の都市に引っ越そう。多くの人が集まるような魅力的な都市にすることが市長の仕事ではないのか。お金を払っている限り市はニコニコといい顔をしてくれるはずだし、さらに奮発する上客には満面の笑みで応えてくれるのだ。 住民にとって何が重要で、最善の方策は何なのか。それを決めるのは市で、住民は「はい」か「いいえ」で選択する。もはや市民参加は限界まで稀薄化された住民投票以上のものではありえず、住民はお客様、市政府はカスタマー・サービスとして振る舞うことが求められるとするなら、両者の関係をとり結ぶものはマネー以外には何もなく、お客様とカスタマー・サービスの間に「市民」が占める場所はどこにもない。 アパートから一歩も出ることなく苦情をタップすれば誰かがそれに対応してくれるNYC311のようなツールは便利には違いないのだが、いや便利だからこそ、住民のお客様化を嫌でも露呈せざるを得ないし、それを助長してもいるだろう。といっても、それはテクノロジーのせいではないし、そもそもテクノロジーの問題でもない。 向かいのレストランの従業員がうるさければ、NYC311を立ち上げる前に、その人たちのところに行って、小声で話すよう促してみることもできるはずだ。見ず知らずの人たちにいきなり意見するのは億劫なことだが、レストランの人たちだけでなく、近所の人たちと多少顔見知りでありさえすれば、それはそんなに難しいことでもない。あらゆることを市に頼る必要はなく、当事者間で解決できることは少なくないはずだ。 いやいや、そんな面倒なことを誰がするものか。人に解決してもらい、誰かに決めてもらった方が楽だし、責任を負うこともない。議論や意思決定に参加するなど厄介なだけ。考えて決める自由から解放された不自由の方が楽に決まっている。政策から隣人の騒音まで、ありとあらゆる判断と対応を市政府に預けることで、市に私たちの生活を監視し、取り締まる口実を与えるばかりか、一元的な管理による集権化をも招いているはずなのだが、それはそっと見ないふりをしておけばいい。それに中央によるトップダウンはきわめて効率的なのだ。 2. 複雑な都市に現れる複雑な問題に、「はい」か「いいえ」の極端に単純な二択を迫るソリューションには、どの選択肢に対しても「違う」と拒否することや、選択することそのものを拒否すること、その問題について自分たちで解決法を模索し、調整する余地は予め排除されている。 スクリーンをタップすることで様々な問題が解決するシームレスな世界のファンタジーとは違って、現実の都市はでこぼこしていて、あちこち衝突ばかり起きている。多くの人たちが狭い場所に他人と背中合わせで暮らし、限られた資源を共有するのだから、利害がぶつかり合うのは必然なのだ。 一歩外に出れば、850万人の住民だけでなく、一年に6500万人訪れる観光客とたちまち歩道を共有することになる。向こうからやってくる人とぶつからないように互いによけ合うことが必要だ。ニューヨークの歩道は自動車が普及する以前はいまよりもずっと広かったのだが、20世紀を通して車道が歩道を奪うことになった。21世紀に入りようやくその流れは押し戻されつつあり、今度は自動車から歩行者へと場所が与えられようとしている。深夜の騒音も利害の不一致によるものだ。同じ場所を共有しながら同じ生活時間帯を共有しないときにそれは騒音として現れる。 何かをすれば必ず他の人たちに影響を与えることになる都市はコンフリクトに満ちている。アパートに閉じこもりデリバリーだけで生活していても、間接的に他の人たちと常に関係していて、その先にはコンフリトが現れる。シームレスな世界をスクリーンに立ち上げることはできたとしても、アプリはコンフリクトを解決しはしない。お客様の目に入らないように隠すだけだ。 特定の目的を効果的に達成するために、チームのメンバーに異なる背景をもつ人たちを集めることがある。企業はそれを多様性と呼んでいるようだが、それは都市の多様性とはおよそ異なるものだ。そもそも都市には目的がないばかりか、そこに住む不特定多数の人たちがそれぞれ異なる目的をもちこむことで、無数の相反する目的が競合し、ぶつかり合い、衝突をあちこちでつくり出すことになる。 「オープンな場所」といえばたいそう聞こえはいいけれど、それは少しも愉快なものではない。それどころか、考えや言語、習慣を共有しない人たちと一緒に暮らすことはむしろ不愉快で、ありがたくない摩擦やストレスが生活にのしかかってくる。ホームレスの権利を擁護するのは簡単だが、ホームレスの隣の席に座ってコーヒーを飲むことはずっと難しい。多元文化主義などと説教臭いことをわざわざ主張するまでもなく、都市は日夜さまざまな差異と矛盾を息づき、コンフリクトを生み出し続けている。 利害の調整を求めて住民がそれぞれ折衝し、一時的な同意を取りつけ妥協を受け入れつつも、ご都合主義的な結合や不和を繰り返すことで、都市は動き続けることを止めない。あらゆるところで起きる衝突は厄介なことには違いないのだが、それは都市を動的にしている大きな可能性でもある。衝突や摩擦をインタラクションと言い換えてみればいい。実際そこで起きていることはそんなに変わりはしない。 利害の不一致があるからこそ都市であり、そこにこそ都市の都市性が存在する。都市はシームレスとはほど遠い厄介で面倒な場所なのだ。その当たり前のことをもう一度確認しておこう。必要なことは、それを取り除くべき問題と捉えて隠してしまうことではなく、それを都市に本来的なコアと認めたうえで、あらためて導入することなのだ。 3. ニューヨークでは常に多くのことが起きていると言われる。とはいえ、実際に起きていることが、他の都市と比べてことさら多いわけではないはずだ。多くのことが起きているようにみえるとすれば、それはこの都市に起きている些細なことを見つけては伝えようとする人たちが多く存在するからに違いない。 誰かに頼まれたわけでもないのに、毎日歩くネイバーフッドのほんのわずかな変化に注意を払い、歩道に現れたおかしな落書きをみつけてはポストしている人がいたり、研究者でもないのにニューヨークにこれまで存在したLGBTの場所を全て調べ上げてマップを作っている人がいる。8000マイルにおよぶ市内全てのブロックを数年間かけて毎日歩いている人もいる。 個人的な関心や自分の利害のために彼らが続けていることは、いかにも役に立ちそうにないことばかりなのだが、シームレスに閉じようとする世界に綻びを見つけては伝えてくれる彼らの役割は計り知れず、それだからこそ多くの人たちが彼らに反応し、さらに多くの人たちの関心を集めることになる。自分が住んでいるところで起きていることを知ること。まずはそこからなのだ。 Advertisements

FAFSPさん


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事
YOOX.COM(ユークス)