7月15日午前中から
コンテンツメニュー
■都市のコード論:NYC編  vol.05 
レポート
2016.09.23
この記事のカテゴリー |  カルチャー |    | 

■都市のコード論:NYC編 vol.05 
"NYFW(New York Fashion Week/ニューヨーク・ファッションウィーク)"の進化をどうみるか?

在NYC10年以上のビジネスコンサルタント、Yoshiさんによるまち・ひと・ものとビジネスの考察を「都市のコード論:NYC編」と題し、不定期連載しています。

上の写真はブライアント・パークのテント(BryantParkTent)でのショー(2009)。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
 ニューヨークの秋はファッション・ウィークとともにやってくる。

この秋のニューヨーク・ファッション・ウィーク (NYFW) 、いろいろな意味で転機を迎えていることでも注目された。

既に少しだけ報道されているように、アメリカ・ファッション協議会 (CFDA) NYFWのあり方についてボストン・コンサルティングに委託したレポートの結果が2016年3月に公表されたためだ。

ファッション関係者へのインタビューをもとにしたそのレポートによると、従来のモデルが機能していないこと、それを変える必要性については誰もが同意したという。

レポートはいくつかの問題点について概ね次のように指摘している。

インスタグラムなどでショーの様子は消費者もほぼリアルタイムで見ることができるようになったのに買えるのはその6ヶ月後。その間に消費者は飽きてしまい、ファストファッションにコピーする時間を与えている。 

消費者はいまの気候に合うものを買うようになっているが、従来のモデルでは暖かい頃にコートを売り始める。冬本番にはディスカウントされて、小売側も売上をディスカウントに依存する不毛なサイクルに陥っている。

オフシーズンのコレクションによってデザイナーは年中フル稼動を求められ、「クリエイティヴ・ディレクター」とは縁遠いマシンになり果てて消耗している。
 
9月8日(木)〜15日(木)、今秋も2017SSのFWが開催された。個々のメゾンが発表するクリエーションは多くの他誌(ウェブマガジン)に委ねるとして、ここでは、ちょっと違う視点、会場の“ロケーション”を中心に、考察してみることにした。
 
今秋のNYFWはこのレポートにどう反応したのか。ショーの会場をみるかぎり、変化はすでに現れているようだ。

まずは冒頭のマップをご覧いただきたい。これは、
今回ショーが行われた場所をプロットし、まとめたもので、円の大きさはその場所で行われたショーの数を示している。マウス等でドラッグすると、ブランド名が表示され、また拡大や縮小、位置を移動することも可能だ。

会場はショーのゲストのみに通知されることもあるため、マップは必ずしもすべてのショーを網羅してはいない。とはいえこのNYFWにはあきらかな変化がある。

それは会場の数が大幅に増えていることだ。ひとつのブランドだけが利用する会場が増え、より多くのブランドが独自の会場を選ぶようになっていることがわかる。

近年はチェルシー周辺の会場が多かった。ファッションのビジネスが衣類の製造業を中心に形成されたガーメント地区からチェルシーにかけて多いことと無関係ではないだろう。 

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

20152月のショーの会場をみるとその傾向がわかる。

上のマップは、
20152のショーをプロットしたものである。20152月はブライアント・パークからリンカーン・センターまで続いた「テント」の時代が幕を閉じたNYFW。多くのショーがリンカーン・センターのテントを利用した。


この秋は伝統的にNYFWと無縁だった地区にもショーが拡がっている。正式会場とされる数ヵ所への集中はいくらかみられるものの、マンハッタンを超えてショーが分散し、中心がより曖昧になっている。

このNYFWでは多くのブランドが大規模な会場を避けて、静かで親密な環境を選んだ。ごく少数の人だけを招待した、よりエクスクルーシヴなショーを行ったブランドもある。

 
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2016年2月に開催されたNYFW、モイニハン駅の会場
「ショーで見てすぐ買える」という、ショーの直後から店舗やオンラインでコレクションの販売を始めたブランドもさらに増えていた。

前回
LA(ロサンゼルス)の世界最大級の旗艦店にて、「brick-and-mortar(ブリック&モルタル)」として、タッチスクリーンや試着室などでハイテクを取り込んだRebecca Minkoff(レベッカ・ミンコフは、今回、ソーホーにある自身のショップ前の路上でショーを行った。NYFWの破綻を宣言し、「See-now-buy-now(ショーで見てすぐ買える)」ということにも早くから取り組んできた彼女は従来のショーに満足できず、実際に着るところに似た場所を会場に選んだという。

Ralph Lauren(ラルフ・ローレン )はアッパー・イースト・サイドの旗艦店前、Rachel Comey(レイチェル・コーミー)ソーホーのホテル前など、屋外の歩道(ストリート)でショーを行った。

Tom Ford(トム・フォード)は歴史に跡を残すかのように、近く移転が予定されているフォー・シーズンズ・レストランでショーを行った。消えゆく場所には独自の魅力がある、ということだろう。


ルーズベルト島やブルックリンなど、マンハッタン以外でのショーはいまや定番だ。ショーを初めてマンハッタンの外にひっぱり出したのはAlexander Wang(アレキサンダー・ワン)だった。

20142月にブルックリンの旧海軍施設内で行われた彼のショーの招待状にUberの割引コードが同封されていたことは記憶に新しい。今回はスポーツブランドのアディダスとのコラボレーションラインが登場。ショーの後に会場ですぐに購入できるようになっていたという。 


Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)16番桟橋に観覧車をもちこみ「トミー桟橋」なる遊園地を準備して、2千人 (半分は消費者向け) をショーに招待した。会場は翌日一般に開放された。


Misha Nonoo(ミーシャ・ノヌー)にいたってはスナップチャットでコレクションを公開し、ショーは行っていない。ショーの分散傾向はロケーションだけではないらしい。
NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS
2011年、リンカーンセンターのテントでのショーのようす

2015年に発表されたニューヨーク市経済開発公社の報告によると、ニューヨークのFWには世界中から毎年23万人が訪れているという。NYFWにやってくる人たちは、市内に約532百万ドルを落とし、1年あたりの経済効果は900百万ドル近くになるそうだ。まさに、NYFWはニューヨーク・シティ・マラソンを上回る一大イベントなのである。

そもそも
NYFWの前身、発端は1943年にまで遡る。
第二次世界対戦中にパリに行くことができなくなった編者者たちがローカルのデザイナーを集めた「プレス・ウィーク」を始めたのがきっかけだ。

その結果、ファッション誌は米国のデザイナーを真剣に受けとめるようになったという。プラザ・ホテルで始まったプレス・ウィークは個人のアパートなどさまざまな場所で続いた。


しかし1990年にMichael Kors(マイケル・コース)のショーで天井が抜ける事故が起きたことで、秩序をもたらすためにショーをひとつの場所に集めることを考え始めた。


そして1993年にブライアント・パークであらためて「ニューヨーク・ファッション・ウィーク(NYFW)」として再スタートし、拡大に伴って20109月にはリンカーン・センターへと場所を移した。


NYFWがブライアント・パークで始まったときには、すべてのデザイナーがひとつの場所に集まることに意義があった。テントはそのアイコンだったのである。


それから20年が過ぎ、NYFWは機能不全に陥っているといっても過言ではない。ショーのあり方や場所、時期など含めて、ひとつのフォーマットがすべてのブランドに等しくあてはまる時代は終わった。ボストン・コンサルティングのレポートはそれを正式に認めたというところだろう。

NY,NYC,New York,ニューヨーク, ひと, 都市, コード, 都市論, コード論, 自転車, 主役, 街, イノベーション, 開発, 都市回帰, マンハッタン,ブルックリン, シェア, Yoshi, fashion,NYFW,ニューヨーク,ファッションウィーク,コレクション,NYコレクション,ファッションショー,ランウェイショー,ベニュー,テント,アイコン,ショー,会場,パーク,自由,ビジネス,バックステージ,2017SS

従来のやり方が機能していないことがわかっているなら、その同じやり方を続ける理由はどこにもない。ニューヨークは新しい試みには積極的にチャレンジすることで知られる街の代表だ。


CFDAは今後のNYFWの可能性としていくつかのモデルを示唆しているものの、まだ、特定の指針を示してはいない。誰かが処方箋を書いてそれに従わせるのではなく、ソリューションはそれぞれのブランドが模索すべきものだ。そのアプローチもニューヨークらしくはあるだろう。

新しい試みには懸念がつきまとう。消費者を意識するあまりコマーシャルになりすぎはしないか。ファッションの主役はデザイナーなのか、小売なのか。


「着られるもの」だけを求めて人はショーに足を運ぶわけではない。クリエイティヴィティを目撃して驚かされたいがためにショーに期待して足を運ぶ人も少なくない。
そうした問いに答えるNYFWのふさわしいあり方は、それぞれのブランドが一番よく理解しているはずだ。

暫定的とはいえこの秋のショーには、すでに各ブランドのファッションに対する考え方をみてとることができるだろう。


CFDA議長でもあるDiane von Furstenburg(ダイアンフォン・ファステンバーグ)によると、「NYFWには“レヴォリューション (革命) ”ではなく“エヴォリューション (進化)”が求められている」と話す。

NYFWの後はロンドンファッションウィーク、ミラノファッションウィーク、そしてパリファッションウィークときて、最後が東京とソウルとなる。ロンドンやミラノ、パリなどの“進化”については、在住欧州のコントリビューテッド・ライターらにレポートを委ねたい。

(取材/マップ作成:yoshi)


Follow the accident. Fear set plan. (写真をクリックしてください)

初夏の散歩で
[]

初夏の散歩で

日本から遊びにきた友人が、ニューヨークでどこか面白いところはないか、どこに行けばいいのかと聞いてくる。あいにく最新流行やトレンドといったものとは全く縁のない生活を送っているものだから、気の利いたショップやホットな話題を教えたりすることなどできるわけもない。どちらかというとこちらが教えてほしいくらいだ。どう考えても聞く相手を間違っている。 途方に暮れていたら、今度はよく行く場所はどこなのかと聞かれた。なるほど定期的に訪れる場所ならある。それは店のこともあれば、ネイバーフッドだったり、人があまり通らない忘れ去られたような場所だったりするけれど、思い出してはまた戻ってみるのだから、そうした場所を気に入っているということなのかもしれない。 そこにいるのが心地よくずっと時間を過ごすことができる場所や、気がつくとそのあたりを歩いていることが多いところなど、そうした場所を目的もアジェンダもなくただ歩いてみよう。他の人がどう思っているのか、世間の評判などはどうでもいい。自分が好きなのだからそれでいいのだ。いやいや、多くの人がやってくると快適な場所が台無しになってしまう。ひと気が少ないからこそたいていの場所はいいところなのだ。 チャイナタウンから歩き始めよう。 ミゲル・アブレウはチャイナタウンに数年前オープンしたアート・ギャラリーだ。アラン・バディウなど批評家との関係が強いオーナーらしく、理論色の強い硬派のショーも楽しみだし入口近くの書棚に並ぶ本もいいけれど、なにより強い印象を残すのは、がらんとしたそのスペースの広さと南から差し込んでくる白っぽい光だ。夏の午後に思い出しては訪れてみて、西に面した大きな窓から差し込む陽をしばらく眺めてみる。ギャラリーのある四階へと上がるエレベーターは一世紀前のチャイナタウンの建物にふさわしく極端に遅いが、イライラしながら待つ価値はある。 ミゲル・アブレウから通りを隔てた真向かいにあるミルトン・レズニックとパット・パスロフ財団の重い戸を開けて、かつてシナゴーグだった建物の中に入ると再び静寂が戻ってくる。 レズニックがスタジオとして利用し、現在はレズニックの作品が数点展示されている以外ほぼがらんどうの二階でぼうっとする。生産的なことを考えたりしてはいけない、ただこの場所にいるのがいい。ついやってきては長居しがちだが、そのためなのかどうなのか、数日前に再び訪れてみると二階のベンチがなくなっていた。運がよければ、三階のオフィスに残されているレズニックが作業した、今日もそのまま残されている小部屋を見せてくれるかもしれない。 多くのアート・ギャラリーがチェルシーからロウワー・イースト・サイドへと相次いで引っ越したが、ここ数年はその流れがロウワー・イースト・サイドからチャイナタウンにもおし寄せている。ミゲル・アブレウはいかにも雑然としたチャイナタウンのグランド・ストリートから少しだけ入ったところにあり、ギャラリーのロケーションとして悪くはない。 ほぼ中国系の人たちだけが住み、中国系の人たち相手の商店が並んでいたチャイナタウンにくい込んでいるのはアート・ギャラリーだけではない。 アパレルを個人売買するアプリのDepopがそのショップをチャイナタウンのモット・ストリートにオープンしたのはちょうど一年ほど前のこと。この場所には旬のアパレルが入るのが決まりとでもいうわけか、Depopの前には人気のセレクト・ショップがあった。セレクト・ショップの後にDepopとは、ひとつの場所にアパレル周りのビジネス・モデルの変遷をみることさえできる。Depopの後にはどんな業態のアパレルがこの場所を引き継ぐことになるのだろう。 そのセレクト・ショップがモットにオープンしたのは7-8年前のこと (それ以前はマルベリー・ストリートにあった)。チャイナタウンに出店した最初のアパレルだったが、その後そのすぐ隣にカフェがオープンし、周囲でレストランなどのオープンが続いた。いまではその界隈は観光客が集まるレストランやバーが多い。中国系の金物屋がアパレルの店に変わるだけでずいぶん世界が変わるものだ。もちろんどのアパレルでもそうなるわけではないのだが。退屈なブランドの店がソーホーや五番街に漫然とあるのにはウンザリする。 非中国系のビジネスが増える一方で、チャイナタウンでは中国系の住民が減っている。少し前にはチャイナタウンからイースト・ハーレムへと中国系の人たちが流れていると聞いていた。家賃相場もあるのだろうが、地下鉄の6番線一本でチャイナタウンへと通うことができるところがいいらしい。経路依存は意外なところにも働いているものだ。 そうそう、それをいえば、いまやニューヨーク市内最大のチャイナタウンのサンセット・パークにマンハッタンのチャイナタウンから1990年代に人が流れ始めた頃には、地下鉄のN線がマンハッタンのチャイナタウンへと通じていることが、マンハッタンのチャイナタウンに通うのに便利でサンセット・パークに人が集まることになったという。中国では8が縁起のいい数字らしいが、サンセット・パークで所狭しと商店がひしめくのはもちろん八番街だ。さらには地下鉄の駅の八番街はマンハッタンからブルックリンに向かうN線の地下鉄が地上に出て最初の駅であることから、英語が全くわからなくても降りる駅を間違うことはないことが助けになったといわれる。 そろそろチャイナタウンからイースト・ブロードウェイの方へと歩いてみよう。 目指しているところがわからないレコード屋やヴィンテージというよりはたんに古いラジカセを集めている電気屋をひやかしたあとに、映画館のメトログラフの二階のレストラン、コミッショナリーで休憩しよう。天窓からの自然光のニュートラルな明るさもいいけれど、なによりここは音楽がかかっていない。なぜレストランはそうしなければいけないかのように音楽を、しかもどうでもいい音楽ばかりかけるのか。コミッショナリーで聞こえるのは人の話し声と食器の音だけ。打ち合わせにもちょうどいい。一番いいのは平日午前11時のオープン直後から昼過ぎにかけての客が少ない時間帯だ。客層が面白いのもこの時間帯で、緑色の髪が流行っているらしいことなど、ここの客からいろいろなことを仕入れることができる。 ニューヨークは変化の早いところだ。昔からある馴染みの店が閉じてゆく。まだ夜が明けていない時間に朝食を求めてやってくる建設作業員たちにまぎれて時差ぼけのコーヒーを飲むことができたカナル・ストリートの名物、カップ・アンド・ソーサーは2017年に閉店してしまった。最後のオーナーの下で30年間、同じ店名としては75年続いた店だった。 昔からある場所がなくなってしまうのは残念なことにちがいない。そうはいっても新しい場所も次々とオープンする。昔からあるところが全てよくて、新しいところが全てダメではないのだ。 カナル・ストリートと並行するディヴィジョン・ストリートにはユダヤのベーカリー、ミカエリズが先日オープンした。イスラエルのモダンをとり入れたスイーツらしいが、その筋に詳しいわけでもない者にはわかりづらい。オーナーのミカエリがいたら説明してもらおう。言葉による説明よりもずっと説得力のある彼のスマイルでつい思っていた以上に買ってしまう。顔で売るとはこういうことなのか。 いまから一世紀前にはこのディヴィジョンの界隈にはユダヤのカフェが多かったという。ウィーンのカフェはシュテファン・ツヴァイクを生み出したかもしれないが、ロウワー・イースト・サイドのカフェも多くの文化を生み出したのだ。その後この近辺は中国系の商店が並ぶようになったが、またユダヤのカフェがオープンしたところをみると、場所には記憶があるのかと思いたくもなる。 ロウワー・イースト・サイドといってもそのネイバーフッドはかなり大きい。そういえば、最近の新しいビジネスはデランシー・ストリートよりもずっと南に集中し、その重心が南へとシフトしている。独立系のスモール・ビジネスが多くオープンする場所に悪いところはまずない。 イスラエルのスイーツでブーストしたあとイースト・ブロードウェイの方に向かって歩くと、ディヴィジョンがカナルとぶつかる小さなスクエアでは多くのスケーターがたむろする。このあたりにスケーターが多いのはスケート・ショップのレイバーがあるのはもちろんだが、自動車が少ないこともあるはずだ。車線の一部が歩行者向けやベンチに変わっている。人影がなく自動車が我が物顔で行き来するネイバーフッドぐらい惨めなものはない。多くの人が外にいるのが都市の条件といってもいいぐらいだ。 おそらく店とは全く関係のない中国系の老紳士が毎日店の前のベンチに腰掛けて店番しているカフェの前を通り過ぎるとイースト・ブロードウェイの駅に出る。イースト・ブロードウェイの名物ダイヴ・バー、169バーの前にたむろしている酔っ払い客をよけながらヘンリー・ストリートに曲がると、やはり小さなカフェやレストランとともに車道に張り出したストリート・シートが並んでいる。夏の間は歩道が車道にまで一時的に拡張し、ベンチが置かれている。このあたりで今日の午後の散歩を終えることにしよう。 毎日のように歩く歩道でビジネスや人が次々と変わってゆくのに気づかないわけにはいかない。自分が住むネイバーフッドやその近くなら尚更のこと。住んでいるところの近くでなくても、ニューヨークには面白いネイバーフッドがまだたくさんある。クイーンズのジャマイカやジャクソン・ハイツ、マンハッタンのワシントン・ハイツは相変わらず面白い。チャイナタウンのアパートに描かれたグラフィティや地上の球技場を眼下に見下ろしながらマンハッタン橋を歩いて渡ってもいいし、ブルックリンのイースト・ニューヨークに近いブロードウェイ・ジャンクションは頭上に展開する地下鉄の複雑な高架を観察することができる。グランド・セントラルから48丁目へと抜ける地下の長い歩道は心地よい場所ではないが面白い場所だ。 ニューヨークで一番楽しいことは歩くこと。歩くだけで面白い。歩いてみていい、面白いと思えないところはダメなのだ。そして、歩いた結果、自分が住むところを人にも好きになってくれるとしたら、そこはやはりいい場所であり、いいネイバーフッドなのだとあらためて自分でも確認することができる。 Advertisements

FAFSPさん


同じカテゴリの記事
同じキーワードの記事
YOOX.COM(ユークス)