ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
沖野修也
沖野修也
DJ/クラブ「room」オーナー

PROFILE:1967年2月21日京都府宇治市生まれ。血液型B型。 高校の頃より京都のクラブ「コンテナ」でDJとして活躍し、卒業後にDJ兼店長に就任。93年に、Mondo Grossoのデビューを機に、メンバーと共に上京。同年、渋谷・桜ヶ丘にクラブ「THE ROOM」をオープン。翌94年、アルバム「Kyoto Jazz Massive」を発表。その後、別ユニットとして「COSMIC VILLAGE」も結成。多数のアルバムをリリースする。 2000年、独のCOMPOST RECORDSからリリースしたオリジナル楽曲「Eclipse」が、トーキング・ラウド・レーベルのジャイルス・ピーターソンがDJを務める英国BBC RADIO club chartで3週連続1位を獲得。同年、ヨーロッパ20カ国30カ所でDJツアーを成功させる。 さらに、MONDAY満ちる、MONDO GROSSO、SLEEP WALKERといったアーティストのプロデュース/マネージメントや、JAZZNOVA、ANANDA PROJECT、 FAUNA FLASH等でのリミックスなどでも活躍。 また、WOWWOWの番組「パリ・ミラノコレクション」の選曲の他、サザビーとのコラボレーションによるバッグの制作など、音楽だけでなく、ファッション分野でも活躍している。 01年秋より、フューチャー・ジャズ専門のフリーペーパー『QUALITY!』を創刊。02年1月より、自らがプロデュースするクラブ「THE ROOM」にて、最終水曜日の夜8時から“フューチャー・ジャズ喫茶「SOFA」”をスタート。同年6月、資生堂が主催のカルチャープログラム「WORD」において、『bounce』の編集長西尾大作氏との対談に参加。テーマは「So coolなDJとは?」。

沖野修也の記事
沖野修也氏のブログ
2017-08-04

SOUL GODDESS

KYOTO JAZZ SEXTETのビルボード東京公演まで5日を切りました。 今回はレコーディング・メンバーが勢揃いする貴重な機会です。 オリジナル・メンバーの平戸祐介、栗原健、小泉"P"克人、天倉正敬は勿論のこと フジロックでゲスト参加してくれたタブ ゾンビ(Soil&"Pimp"Sessions)、Tomoki Sandersに加え、 フジロックには来なかった類家心平、Navasha Dayaが全員集合。 去年から今年にかけてビルボード・ライブでは、Mondo Grosso Tribute、

2017-07-25

EXTRAな自由

セルフ・ライナーノーツ的な楽曲解説の最終回。アルバムの最後の曲、「Extra Freedom」について書きたいと思います。 この曲のタイトルは、僕の会社名です。 自分の会社の名前を、曲のつけるアーティストってそんなにいないと思います。 社歌!? なんて冷やかされたりもしてますがw、このExtra Freedomは、社名である以前に、僕の座右の名というか行動の指針なんですよね。更に大きな自由、本当の意味での自由を追求したい、探求したいという想いがあるんです。 自由は状態のことだと思われがちですが

2017-07-22

コルトレーン没後50年

1967年。僕が生まれた年にコルトレーンは亡くなった。 そのコルトレーンの後継者、ファラオ・サンダースは、僕がプロデュースした日本のバンド、SLEEP WLKERと共演した。 そして、ファラオと共に来日していた、コルトレーンの息子、ラヴィ・コルトレーンがThe Roomに遊びに来て、SLEEP WALKERとセッションしたことがあった。 今、僕はファラオ・サンダースの息子、トモキ・サンダースをKYOTO JAZZ SEXTETのゲストとして迎え入れている。 コルトレーンのDNAは継承されている

沖野修也氏のブログは"こちら"で読むことができます!