ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
沖野修也
沖野修也
DJ/クラブ「room」オーナー

PROFILE:1967年2月21日京都府宇治市生まれ。血液型B型。 高校の頃より京都のクラブ「コンテナ」でDJとして活躍し、卒業後にDJ兼店長に就任。93年に、Mondo Grossoのデビューを機に、メンバーと共に上京。同年、渋谷・桜ヶ丘にクラブ「THE ROOM」をオープン。翌94年、アルバム「Kyoto Jazz Massive」を発表。その後、別ユニットとして「COSMIC VILLAGE」も結成。多数のアルバムをリリースする。 2000年、独のCOMPOST RECORDSからリリースしたオリジナル楽曲「Eclipse」が、トーキング・ラウド・レーベルのジャイルス・ピーターソンがDJを務める英国BBC RADIO club chartで3週連続1位を獲得。同年、ヨーロッパ20カ国30カ所でDJツアーを成功させる。 さらに、MONDAY満ちる、MONDO GROSSO、SLEEP WALKERといったアーティストのプロデュース/マネージメントや、JAZZNOVA、ANANDA PROJECT、 FAUNA FLASH等でのリミックスなどでも活躍。 また、WOWWOWの番組「パリ・ミラノコレクション」の選曲の他、サザビーとのコラボレーションによるバッグの制作など、音楽だけでなく、ファッション分野でも活躍している。 01年秋より、フューチャー・ジャズ専門のフリーペーパー『QUALITY!』を創刊。02年1月より、自らがプロデュースするクラブ「THE ROOM」にて、最終水曜日の夜8時から“フューチャー・ジャズ喫茶「SOFA」”をスタート。同年6月、資生堂が主催のカルチャープログラム「WORD」において、『bounce』の編集長西尾大作氏との対談に参加。テーマは「So coolなDJとは?」。

沖野修也の記事
沖野修也氏のブログ
2017-02-21

50歳

今日、父が死んだ歳を迎えた。 若かりし頃、自分の寿命を50歳と仮定し、それまでに自分の限界に挑戦して偉業を成し遂げそれ以降は余生と考えリタイアするつもりでいた。 いつ終るかわかない人生ではなく自分で期限を決め完全燃焼したいと本気で思っていたのだ。 しかし、今正に50歳に到達し、膨大なやり残しがあり(今も構想中のプロジェクトが山ほどある)、リタイヤなど夢のまた夢、この先も働き続けなければ僕のミッションを完遂するができないという現実を目の当たりにしている。大体にして偉業なんて何も成し遂げていないし・

2017-02-16

Dommune緊急出演!

来る2/23(木)、Dommuneに緊急出演決定です。 Extra Freedom Presents Shuya Okino 50th Birthday & Jazzanova 20th Anniversary Pre-Party @ Dommune第1部(トーク):黄金の三人新春ジャズ放談19:00~21:00出演:沖野修也、須永辰緒、松浦俊夫ライブ・ゲスト:Speak No Evil第2部(DJ):日独呉DJバトル三国21:00~24:00出演:Alex Barck(JAZZANOVA/ドイ

2017-02-07

価値

付き合いや人間関係も大事だけど嫌なことをはっきり断らないと価値が毀損する。 お金をもらって(ギャラじゃなくて、リクエストに対して)曲かけたらDJとして終るでしょ。 聴衆を裏切ることになるし。 断る時は、僕の価値がダメージ受けたら、利用して頂く旨味なくなりますよと言うようにしている。

沖野修也氏のブログは"こちら"で読むことができます!