沖野修也

沖野修也

DJ/クラブ「room」オーナー

PROFILE:1967年2月21日京都府宇治市生まれ。血液型B型。 高校の頃より京都のクラブ「コンテナ」でDJとして活躍し、卒業後にDJ兼店長に就任。93年に、Mondo Grossoのデビューを機に、メンバーと共に上京。同年、渋谷・桜ヶ丘にクラブ「THE ROOM」をオープン。翌94年、アルバム「Kyoto Jazz Massive」を発表。その後、別ユニットとして「COSMIC VILLAGE」も結成。多数のアルバムをリリースする。 2000年、独のCOMPOST RECORDSからリリースしたオリジナル楽曲「Eclipse」が、トーキング・ラウド・レーベルのジャイルス・ピーターソンがDJを務める英国BBC RADIO club chartで3週連続1位を獲得。同年、ヨーロッパ20カ国30カ所でDJツアーを成功させる。 さらに、MONDAY満ちる、MONDO GROSSO、SLEEP WALKERといったアーティストのプロデュース/マネージメントや、JAZZNOVA、ANANDA PROJECT、 FAUNA FLASH等でのリミックスなどでも活躍。 また、WOWWOWの番組「パリ・ミラノコレクション」の選曲の他、サザビーとのコラボレーションによるバッグの制作など、音楽だけでなく、ファッション分野でも活躍している。 01年秋より、フューチャー・ジャズ専門のフリーペーパー『QUALITY!』を創刊。02年1月より、自らがプロデュースするクラブ「THE ROOM」にて、最終水曜日の夜8時から“フューチャー・ジャズ喫茶「SOFA」”をスタート。同年6月、資生堂が主催のカルチャープログラム「WORD」において、『bounce』の編集長西尾大作氏との対談に参加。テーマは「So coolなDJとは?」。

沖野修也の記事

沖野修也氏のブログ
2020-07-04

53歳、クワガタムシを飼う〜その1

不思議なことってあるもんですね・・・。 それは渋谷The Roomが三ヶ月の休業を終え、再始動することとなった7月1日の夕方のこと。 家に戻ると玄関に置いてあったビーチでゴミ拾いに使っているトングに赤黒い物体が付着していることに気付いたんです。 近寄ってみると、それは子供の頃によく捕まえたノコギリクワガタでした。 僕が住んでいた地域ではツノサガリと呼んでいたカブトムシの好敵手。 僕の家は山の麓にあり雑木林というか森から程遠くない場所にあるのでクワガタムシを見る可能性は十分に考えられます。 でも、

2020-07-04

Honey Drippin'の切り込み隊長

2020年早くも半分が過ぎ去ってしまいました・・・。 2月に母が亡くなり、3月にラジオ番組が終了し、4月からThe Roomは、休業に・・・。 7月1日から再開したものの・・・。 もとい!4月からThe Roomと入れ替わるように音楽を発信して来たThe Room Radioも4ヶ月目に突入!! 7月1週目の放送は、何と、この僕がThe Roomで一番足を運んでいるイベント!Honey Drippin'からDJ D.A.I.さんが登場!! このHoney Drippin'って架空のフライト??

2020-06-28

踊るミラーボール

遂にThe Roomが7月1日より営業を再開します! 4月から3ヶ月の休業を経て、ようやく・・・。 当面は入場規制があったりソーシャル・ディスタンスを保った営業になりますがそこは何卒ご理解下さい。 再開決定の朗報後、6月28日にThe Room Radioに登場してくれるのは! 新進気鋭の女性DJ、discoSARA!! The Roomではまさに新世代に属するお方ですね。その名の通りディスコを得意とするDJなんですが、ベースラインがソウルフルだったり、弦の入ったクラシカルなものというよりも、

沖野修也氏のブログは"こちら"で読むことができます!
「2020SS」 510~
YOOX.COM(ユークス)