ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
沖野修也
沖野修也
DJ/クラブ「room」オーナー

PROFILE:1967年2月21日京都府宇治市生まれ。血液型B型。 高校の頃より京都のクラブ「コンテナ」でDJとして活躍し、卒業後にDJ兼店長に就任。93年に、Mondo Grossoのデビューを機に、メンバーと共に上京。同年、渋谷・桜ヶ丘にクラブ「THE ROOM」をオープン。翌94年、アルバム「Kyoto Jazz Massive」を発表。その後、別ユニットとして「COSMIC VILLAGE」も結成。多数のアルバムをリリースする。 2000年、独のCOMPOST RECORDSからリリースしたオリジナル楽曲「Eclipse」が、トーキング・ラウド・レーベルのジャイルス・ピーターソンがDJを務める英国BBC RADIO club chartで3週連続1位を獲得。同年、ヨーロッパ20カ国30カ所でDJツアーを成功させる。 さらに、MONDAY満ちる、MONDO GROSSO、SLEEP WALKERといったアーティストのプロデュース/マネージメントや、JAZZNOVA、ANANDA PROJECT、 FAUNA FLASH等でのリミックスなどでも活躍。 また、WOWWOWの番組「パリ・ミラノコレクション」の選曲の他、サザビーとのコラボレーションによるバッグの制作など、音楽だけでなく、ファッション分野でも活躍している。 01年秋より、フューチャー・ジャズ専門のフリーペーパー『QUALITY!』を創刊。02年1月より、自らがプロデュースするクラブ「THE ROOM」にて、最終水曜日の夜8時から“フューチャー・ジャズ喫茶「SOFA」”をスタート。同年6月、資生堂が主催のカルチャープログラム「WORD」において、『bounce』の編集長西尾大作氏との対談に参加。テーマは「So coolなDJとは?」。

沖野修也の記事
沖野修也氏のブログ
2019-01-15

口を開けば悪口を言う人

世の中には口を開けば他人の悪口を言う人が存在する。 アイツは大したことないとかアイツは間違ってるとかアイツは何もわかってないとかアイツはセンスがないとか。 で、その対象は大概、活躍してる人だったり挑戦してる人だったり儲けてる人だったり賞賛されている人だったるする。 はい、お察しの通り・・・(苦笑)。 確かに悪口は面白いし(毒)、その指摘はあながち間違ってないこともないんだけれど、もし、そんな人と仲良かったり、気が合うなら自分を心配した方がいい。 え、自分が悪口を言ってるんじゃない?でも聞いて気持

2019-01-08

日本人ってバカなの?

それは今から10年程前に初めて行ったドバイで僕を招聘してくれたプロモーターに言われた言葉だ。 批判ではなく、素朴な疑問。 第二次世界大戦後、驚くべき復興と発展を遂げ世界第2位の経済大国となり(ま、どの時点で区切るかにもよりますが)、80年代には?テクノロジーで全人類を牽引した(それは大袈裟かなー)!日本。 プロモーターは、僕との会話で仰天していた。 え、教育費無料じゃないの?え、医療費無料じゃないの?え、税金払ってるの? 彼は、日本人の頭脳があれば、無料に無税なんか簡単にできるでしょ!と主張し

2019-01-01

見慣れない顔でも

見慣れない顔でも、一度会った人とはお互いに何か感じるものがあるんじゃないだろうか?相手を発見した驚きと自分の勘違いを疑う二つの感情が、それぞれの心の中で葛藤を起こす。 僕たちはほんの一瞬だけれど、鏡に映った自分を見るかのような会釈を、交わした。そして僕は確信した。彼女には会ったことがあると。 バー・カウンターで僕は彼女に思い切って話しかけることにした。おそらく、部下たちは彼女に話しかけていない。直近のミーティングで、オーナーの僕は、彼らに”お客さんともっとコミュニケーションを取るように”という指

沖野修也氏のブログは"こちら"で読むことができます!