ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
沖野修也
沖野修也
DJ/クラブ「room」オーナー

PROFILE:1967年2月21日京都府宇治市生まれ。血液型B型。 高校の頃より京都のクラブ「コンテナ」でDJとして活躍し、卒業後にDJ兼店長に就任。93年に、Mondo Grossoのデビューを機に、メンバーと共に上京。同年、渋谷・桜ヶ丘にクラブ「THE ROOM」をオープン。翌94年、アルバム「Kyoto Jazz Massive」を発表。その後、別ユニットとして「COSMIC VILLAGE」も結成。多数のアルバムをリリースする。 2000年、独のCOMPOST RECORDSからリリースしたオリジナル楽曲「Eclipse」が、トーキング・ラウド・レーベルのジャイルス・ピーターソンがDJを務める英国BBC RADIO club chartで3週連続1位を獲得。同年、ヨーロッパ20カ国30カ所でDJツアーを成功させる。 さらに、MONDAY満ちる、MONDO GROSSO、SLEEP WALKERといったアーティストのプロデュース/マネージメントや、JAZZNOVA、ANANDA PROJECT、 FAUNA FLASH等でのリミックスなどでも活躍。 また、WOWWOWの番組「パリ・ミラノコレクション」の選曲の他、サザビーとのコラボレーションによるバッグの制作など、音楽だけでなく、ファッション分野でも活躍している。 01年秋より、フューチャー・ジャズ専門のフリーペーパー『QUALITY!』を創刊。02年1月より、自らがプロデュースするクラブ「THE ROOM」にて、最終水曜日の夜8時から“フューチャー・ジャズ喫茶「SOFA」”をスタート。同年6月、資生堂が主催のカルチャープログラム「WORD」において、『bounce』の編集長西尾大作氏との対談に参加。テーマは「So coolなDJとは?」。

沖野修也の記事
沖野修也氏のブログ
2019-03-15

Midnight Magicその1〜7(まとめ)

海外アーティストのオープニング・アクトとしてDJプレイする時のプレッシャー。それはただでさえ重く痺れるものなのに、僕の前日が今や海外にも招聘され一躍世界からも注目される存在となったDJ KOCO aka Shimokitaだというではないか・・・。3年振りのロイ・エアーズBlue Note公演は、3夜連続で異なるDJがブッキングされることとなった。僕の翌日はJAZZY SPORT所属、こちらも世界ランカーのDJ MITSU THE BEATS。プレ・イベントとして行われたブルックリン・パーラーで

2019-03-14

Midnight Magic〜その7

まな板の上の鯉。そう喩えるしかなかった。僕の仕事はロイさんと共演することではない。オープニング・アクトとして、そして、終演後も時間までDJをするのが契約だ。余韻を楽しむお客さんの為に僕はロイさんの楽曲をかけつづけた。ライブで演奏しなかった名曲の数々を、僕は持ち込んだ二箱分のレコードの中から選び続けていた。 僕が仕事を終えるまでユージさんがロイさんを引き止められなかったらそれまでだ。ロイさんだって僕のレコーディングの為に来日した訳じゃない。僕は、選曲を彼が言ってくれたように”完璧”に仕上げること

2019-03-13

ゲスト・リスト問題

決して押し付けではないです。皆さんそれぞれのスタイルがあるでしょうから。 ゲスト・リストに名前が入ってなかったら、怒らないで黙って帰ります。誘っといて何なん?と思うけどw、ま、そういう事もあるかと。でも、どうしても観たいライブや聴きたいDJならお金を払って入ります。そして、呼んでくれた人に払った事をいちいち言いません。 招待されなかった時も名前がないかおとぼけで訊いてみたり、入れろとゴネたりしません。ましてや、俺を誰だと思ってるんだと恫喝したりもしません。 大体にして、友達の洋服屋やレストランに

沖野修也氏のブログは"こちら"で読むことができます!