ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
沖野修也
沖野修也
DJ/クラブ「room」オーナー

PROFILE:1967年2月21日京都府宇治市生まれ。血液型B型。 高校の頃より京都のクラブ「コンテナ」でDJとして活躍し、卒業後にDJ兼店長に就任。93年に、Mondo Grossoのデビューを機に、メンバーと共に上京。同年、渋谷・桜ヶ丘にクラブ「THE ROOM」をオープン。翌94年、アルバム「Kyoto Jazz Massive」を発表。その後、別ユニットとして「COSMIC VILLAGE」も結成。多数のアルバムをリリースする。 2000年、独のCOMPOST RECORDSからリリースしたオリジナル楽曲「Eclipse」が、トーキング・ラウド・レーベルのジャイルス・ピーターソンがDJを務める英国BBC RADIO club chartで3週連続1位を獲得。同年、ヨーロッパ20カ国30カ所でDJツアーを成功させる。 さらに、MONDAY満ちる、MONDO GROSSO、SLEEP WALKERといったアーティストのプロデュース/マネージメントや、JAZZNOVA、ANANDA PROJECT、 FAUNA FLASH等でのリミックスなどでも活躍。 また、WOWWOWの番組「パリ・ミラノコレクション」の選曲の他、サザビーとのコラボレーションによるバッグの制作など、音楽だけでなく、ファッション分野でも活躍している。 01年秋より、フューチャー・ジャズ専門のフリーペーパー『QUALITY!』を創刊。02年1月より、自らがプロデュースするクラブ「THE ROOM」にて、最終水曜日の夜8時から“フューチャー・ジャズ喫茶「SOFA」”をスタート。同年6月、資生堂が主催のカルチャープログラム「WORD」において、『bounce』の編集長西尾大作氏との対談に参加。テーマは「So coolなDJとは?」。

沖野修也の記事
沖野修也氏のブログ
2018-11-13

ショウビタキ

本日、休暇を頂きまして(毎週火水が定休日なんです)、滋賀県のマキノという所へ妻と車で出かけました。 メタセコイヤが並木になっている直線道路がありまして、滋賀県でも人気の紅葉スポットとして知られているんです。 この時期、京都はどこも混み合っているので、敢えて穴場を狙った訳なんですが(滋賀県で人気と言っても京都とは比べ物になりませんからね)、全く紅葉の気配がなく・・・。 マキノは京都よりかなり北部なので、今が見頃?と勝手に推測したものの、まだまだ緑で、観光客もまばらでした(苦笑)。 人混みを避けた

2018-11-02

遂に作詞家デビューか!?

選曲家、音楽プロデューサー、作曲家、ラジオDJ、飲食店オーナー、マネージメント・オフォス代表、執筆家、ブロガー、と様々な職業を掛け持つ僕に(スラッシャーって言うんでしたっけ?)新たな肩書きが加わります。 それは、作詞家・・・。 11/3のレコードの日に発売されるDJ KAWASAKIプロデュース&作曲の新人、NAYUTAHの楽曲の歌詞を書いたからです。 しかし!厳密にはデビューではないんです・・・(謝)。 実は、初期Mondo Grossoの「Vibe.P.M,」や「Invisible Man

2018-09-25

温故知新とは

Mother Of The Futureという名曲があります。カルロス・ガーネットというレジェンド・サックス奏者が作った曲で、ノーマン・コナーズというこれまたレジェンド・ドラマーがカバーしたことでも知られています。カルロス・ガーネットの方はディー・ディー・ブリッジウォーターというレジェンド・ジャズ・ボーカリストが歌い、ノーマン・コナーズの方はジーン・カーンというこれまたレジェンド・ジャズ・ボーカリストが歌っています。 カルロスの原曲はと言いますと、ジャズ、ソウル、アフロ、ブラジル、ゴスペルを混

沖野修也氏のブログは"こちら"で読むことができます!