ACROSS Street Fashion Marketing

コンテンツメニュー
ピープル
ゲスト
林央子
林央子
『here and there』発行人/ジャーナリスト

1966年生まれ。血液型B型。国際基督教大学卒業後、1988年(株)資生堂入社、『花椿』の編集に携わる。2001年、退社してフリーランスに。『SPUR』『Esquire』などの雑誌にファッションやアート、本について執筆中。現在、月刊誌『TOKION』で「here and there in Tokyo〜林央子のハンドメイド交遊緑」を連載中。著書に『パリ・コレクション・インディヴィジュアルズ』(リトル・モア)など。
2002年3月に、自費出版の『here and there』のプロジェクトをスタート。2006年春発行のvol.6より、スイスのNIEVES出版より発行に。
『here and there』HP
http://www.nakakobooks.com
『here and there』ブログ
http://nakakobooks.seesaa.net/

portrait photo/michiko hayashi

林央子の記事
林央子氏のブログ
2015-10-16

here and there vol.12 がまもなく発売

3年振りとなるhere and there vol.12 がまもなく発売になります。写真上は、色校正を本紙サイズにカットしたもの。まさに今制作真っ最中です。テーマはZOKU KAKUCHO、「続拡張」。どうぞお楽しみに!

2015-06-12

志村信裕さんとの対話型連載第二回「湯桶と暮らし」

Inventing Handy ConstellationsNobuhiro Shimura and Nakako HayashiPhoto and Drawing by Nobuhiro ShimuraText by Nakako HayashiTranslation by Kei BengerNakako Hayashi (以下NH) 「山々が萌葱色に染まる新緑の季節となりました。遡って4月1日、毎月初日に志村さんが恒例とされている山口の市へは参加されましたか?」Nobu..

2015-04-24

エレンのパープルに、志村信裕さんと隔月連載スタート

パープルのエレンのブログ「Les Chroniques Purple」で、アーティスト志村信裕さんと林央子の対話にもとづく連載シリーズ「Inventing Handy Constellations」がはじまりました。Inventing Handy ConstellationsNobuhiro Shimura and Nakako HayashiPhoto by Nobuhiro ShimuraText by Nakako HayashiNakako Hayashi(以下NH)..

2014-04-24

和製ライオットガール集会

4月5日よく晴れた土曜日。世間ではさまざまな学校で入学式が行われていましたが水戸芸術館では、卒業式が行われていました。担任が、浅田政志さん。校長が、神田恵介さん。なんて豪華な卒業式なんでしょう!これは、神田さんと浅田さんが3年かけて女の子たちと築き上げてきたふたつのプロジェクト「卒業写真の宿題」「卒業写真の自由研究」の、記念すべき写真集(赤々舎刊)発売日に芸術館のATMホール(300人収容)で行われたイベントでした。神田さんのお洋服のファンの集いのようでもあり、全国から公募さ..

2014-04-24

すべての人は創造的である

「すべての人は創造的である」私たちに新しい思考の扉を開けてくれるパスカル・ガテン。水戸芸術館で制服ワークショップの際に来日した彼女は、いくつもの示唆を与えてくれました。その一つが「すべての人は創造的である」ということです。彼女が帰国して一ヶ月以上たちますが、水戸芸術館でも、また拡張するファッション展が巡回する丸亀市猪熊弦一郎現代美術館でも、監視員さんたちはどんどん自分が着る新たな制服を制作していて、彼女の言葉を裏付けています。その魅力の源であった彼女のワークショップの模様を、..

林央子氏のブログは"こちら"で読むことができます!